【お知らせ】「ゾラサーチ」は、2020年4月1日より「ブンゴウサーチ」に名称変更いたしました!

作者不詳の全作品

青空文庫で公開されている作者不詳の全作品6篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜6件 / 全6件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
アイヌ神謡集 作者不詳
1時間〜
  84,504 文字
その昔この広い北海道は,私たちの先祖の自由の天地でありました.天真爛漫な稚児の様に,美しい大自...
アイヌ神謡集 作者不詳
1時間〜
その昔この広い北海道は,私たちの先祖の自由の天地でありました.天真爛漫な稚児の様に,美しい大自然に抱擁されてのんびりと楽しく生活していた彼等は,真に自然の寵児,なんという幸福な人だちであったでしょう.冬の陸には林野をおおう深雪を蹴って,天地を凍らす寒気を物ともせず山又山をふみ越えて熊を狩り,夏の海には涼風泳ぐみどりの波,白い鴎の歌を友に木の葉の様な小舟を浮べてひねもす魚を漁り,花咲く春は軟らかな陽の光を浴びて,永久に囀(さえ)ずる小鳥と共に...
まざあ・ぐうす 作者不詳
1時間〜
  33,565 文字
[#ページの左右中央]日本の子供たちに[#改ページ]はしがきお母さんがちょうのマザア・グウスは...
まざあ・ぐうす 作者不詳
1時間〜
[#ページの左右中央]日本の子供たちに[#改ページ]はしがきお母さんがちょうのマザア・グウスはきれいな青い空の上に住んでいて、大きな美しいがちょうの背中にのってその空を翔(か)けったり、月の世界の人たちのつい近くをひょうひょうと雪のようにあかるくとんでいるのだそうです。
「平家物語」ぬきほ(言文一致訳) 作者不詳
1時間〜
  25,506 文字
葵の前(高倉)其の頃何より優美でやさしいことの例に云い出されて居たのは中宮の御所に仕えて居る局...
「平家物語」ぬきほ(言文一致訳) 作者不詳
1時間〜
葵の前(高倉)其の頃何より優美でやさしいことの例に云い出されて居たのは中宮の御所に仕えて居る局の女房達がめしつかわれて居た上童の中に葵の前と云って陛下の御側近う仕る事がある上童が居た。
法句経 作者不詳
1時間〜
  30,498 文字
法句の語は大別して二種の義に解釋せらる、一は法は教の義にして法句とは釋尊の教の文句なり、又他の...
法句経 作者不詳
1時間〜
法句の語は大別して二種の義に解釋せらる、一は法は教の義にして法句とは釋尊の教の文句なり、又他の一は法は本體を詮し、一切萬象の終極の體即ち涅槃の義、而して句の原語は元來足跡の義にして、轉じて道或は句の義となりしものなれば、その原の意味にて道の義と解すれば法句は涅槃への道とも譯せらる、涅槃への道は換言せば覺らす教の意味なり、今は何れにても可なれども、古來漢譯されて人口に膾炙せるまゝ法句と稱へたり。
大岡政談 作者不詳
1時間〜
  699,795 文字
解題法學博士尾佐竹猛古來名判官といへば大岡越前守にとゞめをさすが、その事蹟といへば講談物や芝居...
大岡政談 作者不詳
1時間〜
解題法學博士尾佐竹猛古來名判官といへば大岡越前守にとゞめをさすが、その事蹟といへば講談物や芝居で喧傳せられて居るのに過ぎないので、眞の事蹟としては反つて傳はつて居るものは少いのである。
えぞおばけ列伝 作者不詳
1時間〜
  34,875 文字
えぞおばけ列伝[#改ページ]1.へっぴりおばけ屋内に独りいると突然炉の中でポアと音を発する.す...
えぞおばけ列伝 作者不詳
1時間〜
えぞおばけ列伝[#改ページ]1.へっぴりおばけ屋内に独りいると突然炉の中でポアと音を発する.するとあちらでもポア,こちらでもポアとさいげんがない.臭くてかなわない.そういう際には,こっちでも負けずにポアと放してやれば,恐れ入って退散する.あいにくと臭いのが間に合わぬときは,ポアと口真似するだけでも退散するというから,このおばけ案外に気はやさしいのかもしれぬ.名は「オッケオヤシ(1)」(屁っぴりおばけ),または「オッケルイペ(2)」(屁っこき野郎)という....
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。