🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める榎南謙一の短編作品

青空文庫で公開されている榎南謙一の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編4作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜4件 / 全4件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
天瓜粉
(1934年)
榎南謙一
5分以内
  621 文字
この兄が怖いかおぼつかなげな眼をおずおずさせて母の胸にあとしざりする久しぶりに会う兄は柿いろの...
天瓜粉 榎南謙一
この兄が怖いかおぼつかなげな眼をおずおずさせて母の胸にあとしざりする久しぶりに会う兄は柿いろの獄衣その傍には肉親の談話を書きとめている無表情の立会看守世馴れた大人でさえおびえるこのコンクリトの塀のなかへよくやってきてくれた、妹よ兄はそんなに痩せてはいないだろうここでは鰯が食える豚肉のカレー汁が啜れる痩せているのはお前だこのごろのごはんに眼立つのは黒い麦粒だけだろう...
夜雲の下
(1934年)
榎南謙一
5分以内
  914 文字
自動車が動揺すると細引で縛られたまま私たちの肩と肩とがごつんとあたる争議は敗れた送られる私たち...
夜雲の下 榎南謙一
自動車が動揺すると細引で縛られたまま私たちの肩と肩とがごつんとあたる争議は敗れた送られる私たちは胸の苦汁をどうすることが出来たろう「あちらでは吸えないんだぜ」一本ずつもらった最後の煙草言いようのない感慨とともに蒼いけむりを腹の底までのみでこぼこだらけの道路を揺られて行ったやがて陽は墜ちたのか道路にかぶさる青葉がだんだん翳(かげ)ってくるうなだれている私たちはそのとき道路のただ...
農村から
(1931年)
榎南謙一
5分以内
  1,143 文字
――よう戻って来た娘の手を握りながら両親は娘一人ふえたこれからの生活を考える正月だと言って餅を...
農村から 榎南謙一
――よう戻って来た娘の手を握りながら両親は娘一人ふえたこれからの生活を考える正月だと言って餅を鱈腹食うて寝ては居れなかった地主の塀からきこえる景気のいい餅搗きの音に餓鬼どもは咽喉をグウグウいわせて駄々をこねたお父うが鍬をかついで裏口からコッソリ出かけようとしたときお母あはどう言って泣いたか――三ヵ日にようもまあ、仕事をするだフウが悪うて………米の有り余る豊年に百姓の納屋はがら...
無念女工
(1931年)
榎南謙一
5分以内
  1,176 文字
お早うさん昨夜の夢は?故郷の庭には柘榴(ざくろ)の花が散ってるだろうけさもまたやめて帰ろと思う...
無念女工 榎南謙一
お早うさん昨夜の夢は?故郷の庭には柘榴(ざくろ)の花が散ってるだろうけさもまたやめて帰ろと思うたが帯はあせたし汽車賃なしではどうにもならぬ爪をもがれた蟹のように冷たい石畳みをヨチヨチと私たちは工場へはいる今日もいちんちトタン塀の中で無自由だ!渇いて渇いてやりきれぬトタン塀の外はたんぽぽが咲いて乳をながしたような上天気町の活動小屋がラッパを吹いて廻るし糸をつなぐ手が...
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。