🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

10分以内で読める西田幾多郎の短編作品

青空文庫で公開されている西田幾多郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編4作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜4件 / 全4件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
読書
(1938年)
西田幾多郎
10分以内
  2,770 文字
私は或は人から沢山の書物を読むとでも思われているかも知れない。
読書 西田幾多郎
私は或は人から沢山の書物を読むとでも思われているかも知れない。
フランス哲学についての感想 西田幾多郎
10分以内
  3,029 文字
私はフランス哲学にはドイツ哲学やイギリス哲学と異なった独得な物の見方考え方があると思う。
フランス哲学についての感想 西田幾多郎
私はフランス哲学にはドイツ哲学やイギリス哲学と異なった独得な物の見方考え方があると思う。
或教授の退職の辞
(1929年)
西田幾多郎
10分以内
  2,301 文字
これは楽友館の給仕が話したのを誰かが書いたものらしい、而もそれは大分以前のことであろう。
或教授の退職の辞 西田幾多郎
これは楽友館の給仕が話したのを誰かが書いたものらしい、而もそれは大分以前のことであろう。
明治二十四、五年頃の東京文科大学選科 西田幾多郎
10分以内
  2,628 文字
私共が故郷の金沢から始めて東京に出た頃は、水道橋から砲兵工廠辺はまだ淋しい所であった。
明治二十四、五年頃の東京文科大学選科 西田幾多郎
私共が故郷の金沢から始めて東京に出た頃は、水道橋から砲兵工廠辺はまだ淋しい所であった。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。