🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

支倉事件
甲賀三郎

『支倉事件』は青空文庫で公開されている甲賀三郎の長編作品。229,669文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  229,669 文字
人気   -- PV
書き出し 呪の手紙硝子戸越しにホカ/\する日光を受けた縁側へ、夥(おびたゞ)しい書類をぶち撒(ま)けたように敷散らして其中で、庄司利喜太郎氏は舌打をしながらセカ/\と何か探していた。
初出 1927年   (「読売新聞」1927(昭和2)年1月15日~6月26日)
表記 新字新仮名
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む     Amazonで探す  

甲賀 三郎 の人気作品



長編(1時間〜)の人気作品