人間失格
太宰 治

『人間失格』は太宰治の長編作品。78,216文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  78,216 文字
人気   1,016,712 PV
書き出し はしがき私は、その男の写真を三葉、見たことがある。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む