🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

真珠塔の秘密
甲賀三郎

『真珠塔の秘密』は青空文庫で公開されている甲賀三郎の短編作品。8,284文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  8,284 文字
人気   -- PV
書き出し 長い陰気な梅雨が漸く明けた頃、そこにはもう酷しい暑さが待ち設けて居て、流石都大路も暫くは人通りの杜絶える真昼の静けさから、豆腐屋のラッパを合図に次第に都の騒がしさに帰る夕暮時、夕立の様な喧(やかま)しい蝉の声を浴びながら上野の森を越えて、私は久し振りに桜木町の住居に友人の橋本敏を訪ねた。
初出 1923年   (「新趣味」1923(大正12)年8月号)
表記 新字新仮名
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む     Amazonで探す  

甲賀 三郎 の人気作品



短編(30分以内)の人気作品