小浅間
寺田 寅彦

『小浅間』は寺田寅彦の短編作品。5,198文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  5,198 文字
人気   358 PV
書き出し 峰の茶屋から第一の鳥居をくぐってしばらくこんもりした落葉樹林のトンネルを登って行くと、やがて急に樹木がなくなって、天地が明るくなる。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

寺田 寅彦 の人気作品



短編(30分以内)の人気作品