初冬の日記から
寺田寅彦

『初冬の日記から』は青空文庫で公開されている寺田寅彦の短編作品。10,337文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  10,337文字
人気-- PV
書き出し一年に二度ずつ自分の関係している某研究所の研究成績発表講演会といったようなものが開かれる。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

寺田寅彦の人気作品



短編(30分以内)の人気作品