🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

自分の変態心理的経験
南部修太郎

『自分の変態心理的経験』は青空文庫で公開されている南部修太郎の短編作品。2,430文字で、おおよそ10分以内で読むことができます。

文字数
10分以内
  2,430 文字
人気   -- PV
書き出し 妖怪と云ふものが昔の妖怪話の妖怪畫などに現はれて[#「現はれて」は底本では「現はて」]ゐるやうな異樣、奇怪、凄慘などの極端に誇張された存在でない事は、少くとも客觀的存在でない事は、今更ら云ふまでもない話であるが、これを精神上の一種の主觀的存在、云ひ換へれば、人間の幻覺或は錯覺としてみる時は確にあり得るもののやうに思はれる。
初出 1926年   (「文藝市場 特集「妖怪研究」」文藝市場社、1926(大正15)年3月号)
表記 旧字旧仮名
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む     Amazonで探す  

南部 修太郎 の人気作品



短編(10分以内)の人気作品