鰊漁場
島木 健作

『鰊漁場』は島木健作の長編作品。26,527文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  26,527 文字
人気   -- PV
書き出し 赤い脚絆がずり下り、右足の雪靴の紐が切れかかっているのをなおそうともしないで、源吉はのろのろとあるいて行った。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

島木 健作 の人気作品



長編(1時間〜)の人気作品