『春と修羅』
宮沢 賢治

『『春と修羅』』は宮沢賢治の長編作品。59,100文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  59,100 文字
人気   333,689 PV
書き出し [#ページの左右中央]心象スケツチ春と修羅大正十一、二年[#改丁]わたくしといふ現象は仮定された有機交流電燈のひとつの青い照明です(あらゆる透明な幽霊の複合体)風景やみんなといつしよにせはしくせはしく明滅しながらいかにもたしかにともりつづける因果交流電燈のひとつの青い照明です(ひかりはたもちそ...
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む