二重心臓
夢野 久作

『二重心臓』は夢野久作の長編作品。69,570文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  69,570 文字
人気   627 PV
書き出し 不明の兇漢に探偵劇王刺殺さる孤児となった女優天川呉羽哭いて復讐を誓う秘密を孕む怪悲劇市内大森区山王×××番地轟九蔵氏(四四)は帝都呉服橋電車通、目貫の十字路に聳立する分離派式五層モダン建築、呉服橋劇場の所有主、兼、日本最初の探偵恐怖劇興行者、兼、現代稀有の邪妖劇名女優、天川呉羽嬢の保護者として有名であったが、昨三日(昭和×年八月)諾威公使館に於ける同国皇帝誕辰の祝賀莚に個人の資格を以て列席後、大森山王×××...
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

夢野 久作 の人気作品



長編(1時間〜)の人気作品