母を尋ねて三千里
アミーチス エドモンド・デ

『母を尋ねて三千里』はアミーチスエドモンド・デの中編作品。16,012文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。

文字数
60分以内
  16,012 文字
人気   23,630 PV
書き出し もう何年か前、ジェノアの少年で十三になる男の子が、ジェノアからアメリカまでただ一人で母をたずねて行きました。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む