60分以内で読める木下杢太郎の中編作品

青空文庫で公開されている木下杢太郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編作品4篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全4件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
少年の死木下杢太郎
60分以内
  23,437文字
八月の曇つた日である。
少年の死木下杢太郎
60分以内
海郷風物記木下杢太郎
60分以内
  17,331文字
夕暮れがた汽船が小さな港に着く。
海郷風物記木下杢太郎
60分以内
京阪聞見録木下杢太郎
60分以内
  14,899文字
予も亦明晩立たうと思ふ。
京阪聞見録木下杢太郎
60分以内
南蛮寺門前木下杢太郎
60分以内
  18,462文字
永禄末年のこと。
南蛮寺門前木下杢太郎
60分以内