流刑地で
カフカ フランツ

『流刑地で』はカフカフランツの長編作品。33,133文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  33,133 文字
人気   1,088 PV
書き出し 「奇妙な装置なのです」と、将校は調査旅行者に向っていって、いくらか驚嘆しているようなまなざしで、自分ではよく知っているはずの装置をながめた。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

カフカ フランツ の人気作品



長編(1時間〜)の人気作品