🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

1時間〜で読める片岡義男の長編作品

青空文庫で公開されている片岡義男の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編12作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜12件 / 全12件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
彼のオートバイ、彼女の島 片岡義男
1時間〜
  147,692 文字
ほんとにきみが欲しいんだ、ほんとにきみが必要だ、ベイビー、神にきいてくれてもいいきみなしではリ...
彼のオートバイ、彼女の島 片岡義男
ほんとにきみが欲しいんだ、ほんとにきみが必要だ、ベイビー、神にきいてくれてもいいきみなしではリアルになれないああ、どうしたらいいだろうきみのおかげでリアルになれるきみのおかげで恋人のような気持ちになれるまちがったみじめな気持ちもきみのおかげで捨て去ることができる恋人よ、きみはぼくをフリーにしてくれるきみのおかげでリアルになれるそんな力を持っているのはきみだけだからぼくはきみの海のなかにすべりこみたい...
エルヴィスから始まった
(1971年)
片岡義男
1時間〜
  200,715 文字
ミシシッピー州東テュペロその双子の兄弟の名は韻を踏んでいた。
エルヴィスから始まった 片岡義男
ミシシッピー州東テュペロその双子の兄弟の名は韻を踏んでいた。
夏と少年の短篇
(1992年)
片岡義男
1時間〜
  99,338 文字
[#ページの左右中央]私とキャッチ・ボールをしてください[#改ページ]金曜日の午後、高等学校か...
夏と少年の短篇 片岡義男
[#ページの左右中央]私とキャッチ・ボールをしてください[#改ページ]金曜日の午後、高等学校からの帰り道、いつも乗る私鉄の十二両連結の電車のなかほどの車両から、三年生の伊藤洋介はプラットフォームに降りた。
波乗りの島 片岡義男
1時間〜
  175,484 文字
[#ページの左右中央]白い波の荒野へ[#改ページ]かつては洗濯部屋だったところが、スライドや1...
波乗りの島 片岡義男
[#ページの左右中央]白い波の荒野へ[#改ページ]かつては洗濯部屋だったところが、スライドや16ミリ・フィルムの映写室になっていて、いま僕たち四人はその部屋のなかにいる。
東京青年 片岡義男
1時間〜
  164,107 文字
[#ページの左右中央]名前は仮にスーザン[#改ページ]ヨシオは私立の高校に通う三年生だ。
東京青年 片岡義男
[#ページの左右中央]名前は仮にスーザン[#改ページ]ヨシオは私立の高校に通う三年生だ。
少女時代 片岡義男
1時間〜
  96,000 文字
[#ページの左右中央]たしかに一度だけ咲いた[#改ページ]「アイロンをかけてたとき、思いついたの。
少女時代 片岡義男
[#ページの左右中央]たしかに一度だけ咲いた[#改ページ]「アイロンをかけてたとき、思いついたの。
道順は彼女に訊く 片岡義男
1時間〜
  201,733 文字
第一章五年前のこと三日前に引っ越しは完了した。
道順は彼女に訊く 片岡義男
第一章五年前のこと三日前に引っ越しは完了した。
時差のないふたつの島 片岡義男
1時間〜
  82,062 文字
眠りから覚めて目を開くまでの時間は、ごく短い。
時差のないふたつの島 片岡義男
眠りから覚めて目を開くまでの時間は、ごく短い。
頬よせてホノルル 片岡義男
1時間〜
  95,159 文字
[#ページの左右中央]ラハイナの赤い薔薇[#改ページ]三十分ほどまえに、ぼくは目を覚ましベッド...
頬よせてホノルル 片岡義男
[#ページの左右中央]ラハイナの赤い薔薇[#改ページ]三十分ほどまえに、ぼくは目を覚ましベッドを出た。
七月の水玉 片岡義男
1時間〜
  124,897 文字
[#ページの左右中央]彼女が謎だった夏[#改ページ]教授の研究室のドアは開いていた。
七月の水玉 片岡義男
[#ページの左右中央]彼女が謎だった夏[#改ページ]教授の研究室のドアは開いていた。
物のかたちのバラッド 片岡義男
1時間〜
  130,091 文字
[#ページの左右中央]バスを待つうしろ姿[#改ページ]昼食には洋食の店でコロッケを食べた。
物のかたちのバラッド 片岡義男
[#ページの左右中央]バスを待つうしろ姿[#改ページ]昼食には洋食の店でコロッケを食べた。
ラハイナまで来た理由 片岡義男
1時間〜
  136,942 文字
ラハイナまで来た理由カアナパリまでの飛行機はどれも満席だった。
ラハイナまで来た理由 片岡義男
ラハイナまで来た理由カアナパリまでの飛行機はどれも満席だった。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。