🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

大倉燁子の全作品

青空文庫で公開されている大倉燁子の全作品26篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜26件 / 全26件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
魔性の女
(1949年)
大倉燁子
30分以内
  10,879 文字
会社を退出した時には桃子にも連れがあったので、本庄とは別々の電車に乗ったが、S駅を降りると、彼...
魔性の女 大倉燁子
会社を退出した時には桃子にも連れがあったので、本庄とは別々の電車に乗ったが、S駅を降りると、彼はもう先に着いて待っていた。
鉄の処女
(1935年)
大倉燁子
60分以内
  22,292 文字
寒い日の午後だった。
鉄の処女 大倉燁子
寒い日の午後だった。
妖影
(1934年)
大倉燁子
30分以内
  11,493 文字
一、暗号応接室に入った時、入れ違いに出て行った一人の紳士があった。
妖影 大倉燁子
一、暗号応接室に入った時、入れ違いに出て行った一人の紳士があった。
恐怖の幻兵団員
(1950年)
大倉燁子
60分以内
  14,722 文字
私立探偵社の客遠くの方でベルが鳴ったと思っていると、忽ち寝室のドアがはげしく叩かれ、「先生、先...
恐怖の幻兵団員 大倉燁子
私立探偵社の客遠くの方でベルが鳴ったと思っていると、忽ち寝室のドアがはげしく叩かれ、「先生、先生お客様ですよ」せっかちの家政婦に起された。
深夜の客
(1938年)
大倉燁子
60分以内
  14,976 文字
声女流探偵桜井洋子のところへ、沼津の別荘に病気静養中の富豪有松武雄から、至急報の電話がかかり、...
深夜の客 大倉燁子
声女流探偵桜井洋子のところへ、沼津の別荘に病気静養中の富豪有松武雄から、至急報の電話がかかり、御依頼したい件が出来た、至急にお出でを願いたい、と云ってきた。
青い風呂敷包
(1937年)
大倉燁子
60分以内
  14,848 文字
ゴリラ江川初子がカフェー・ドラゴンからアパートへ帰ったのはかれこれ朝の五時頃であった。
青い風呂敷包 大倉燁子
ゴリラ江川初子がカフェー・ドラゴンからアパートへ帰ったのはかれこれ朝の五時頃であった。
蘭郁二郎氏の処女作
(1936年)
大倉燁子
5分以内
  456 文字
「探偵文学」誌上で発表された時、非常な好評を博した蘭郁二郎氏の「夢鬼」がこの度上梓された。
蘭郁二郎氏の処女作 大倉燁子
「探偵文学」誌上で発表された時、非常な好評を博した蘭郁二郎氏の「夢鬼」がこの度上梓された。
アンケート
(1935年)
大倉燁子
5分以内
  652 文字
ハガキ回答※☆読者、作家志望者に読ませたき本、一、二冊を御挙げ下さい。
アンケート 大倉燁子
ハガキ回答※☆読者、作家志望者に読ませたき本、一、二冊を御挙げ下さい。
今年の抱負
(1950年)
大倉燁子
5分以内
  1,357 文字
元旦の朝はその一年というものが非常に長いように思われる。
今年の抱負 大倉燁子
元旦の朝はその一年というものが非常に長いように思われる。
最初の印象
(1954年)
大倉燁子
5分以内
  1,592 文字
江戸川先生に始めてお目にかかったのはもう二十年近くも前のことです。
最初の印象 大倉燁子
江戸川先生に始めてお目にかかったのはもう二十年近くも前のことです。
素晴しい記念品
(1936年)
大倉燁子
5分以内
  1,686 文字
フランスの片田舎に一人の科学者があった、年はもう五十に近いが独身で、兄弟もなく、友達もなく、淋...
素晴しい記念品 大倉燁子
フランスの片田舎に一人の科学者があった、年はもう五十に近いが独身で、兄弟もなく、友達もなく、淋しい孤独生活であった。
心霊の抱く金塊
(1935年)
大倉燁子
10分以内
  2,467 文字
(上)ツイ二三日前のこと、私達は赤い丸卓子を囲んで昂奮に汗ばんだ顔を並べ、心霊学者深井博士の話...
心霊の抱く金塊 大倉燁子
(上)ツイ二三日前のこと、私達は赤い丸卓子を囲んで昂奮に汗ばんだ顔を並べ、心霊学者深井博士の話を、熱心に聞いていた。
和製椿姫
(1948年)
大倉燁子
30分以内
  9,873 文字
私が玄関の格子を開けると、母が馳け出して来て、「御殿山の東山さんからお使いが見えたよ、今朝っか...
和製椿姫 大倉燁子
私が玄関の格子を開けると、母が馳け出して来て、「御殿山の東山さんからお使いが見えたよ、今朝っから、三度も」と急きこむように云った。
魂の喘ぎ
(1947年)
大倉燁子
30分以内
  10,603 文字
××新聞社の編集局長A氏は旧侯爵藤原公正から招待状を貰った。
魂の喘ぎ 大倉燁子
××新聞社の編集局長A氏は旧侯爵藤原公正から招待状を貰った。
鷺娘
(1946年)
大倉燁子
30分以内
  11,421 文字
「まゆみちゃん、何のお話かと思って飛んで来たら、いやあよ、またあの縁談なの?私はやっぱり一生独...
鷺娘 大倉燁子
「まゆみちゃん、何のお話かと思って飛んで来たら、いやあよ、またあの縁談なの?私はやっぱり一生独身で、芸術に精進する積りなんだから、お断りしますよ」百合子はさっぱりと云った。
あの顔
(1948年)
大倉燁子
30分以内
  11,702 文字
刑事弁護士の尾形博士は法廷から戻ると、久しぶりにゆっくりとした気分になって晩酌の膳にむかった。
あの顔 大倉燁子
刑事弁護士の尾形博士は法廷から戻ると、久しぶりにゆっくりとした気分になって晩酌の膳にむかった。
むかでの跫音
(1935年)
大倉燁子
60分以内
  12,328 文字
福知山から三田行に乗り換えた時には、もう汽車の中にまで夕闇が迫っていた。
むかでの跫音 大倉燁子
福知山から三田行に乗り換えた時には、もう汽車の中にまで夕闇が迫っていた。
梟の眼
(1937年)
大倉燁子
60分以内
  12,476 文字
ポケットのダイヤ陽子は珍らしく早起きして、朝のお化粧もすませ、ヴェランダの籐椅子にながながと両...
梟の眼 大倉燁子
ポケットのダイヤ陽子は珍らしく早起きして、朝のお化粧もすませ、ヴェランダの籐椅子にながながと両足を延ばし、ココアを飲みながら、頻りに腕時計を眺めていた。
美人鷹匠
(1937年)
大倉燁子
60分以内
  13,950 文字
九年前の出来事小夜子は夫松波博士の出勤を見送って茶の間に戻ると、一通の封書を受取った。
美人鷹匠 大倉燁子
九年前の出来事小夜子は夫松波博士の出勤を見送って茶の間に戻ると、一通の封書を受取った。
耳香水
(1935年)
大倉燁子
60分以内
  15,262 文字
五六人の有閑夫人からなりたった『猟奇と戦慄を求むるの会』にS夫人が招かれた。
耳香水 大倉燁子
五六人の有閑夫人からなりたった『猟奇と戦慄を求むるの会』にS夫人が招かれた。
黒猫十三
(1936年)
大倉燁子
60分以内
  15,889 文字
本庄恒夫と辰馬久は篠突く雨の中を夢中で逃げた。
黒猫十三 大倉燁子
本庄恒夫と辰馬久は篠突く雨の中を夢中で逃げた。
鳩つかひ
(1936年)
大倉燁子
60分以内
  16,183 文字
悪魔の使者「くそッ!また鳩だ。
鳩つかひ 大倉燁子
悪魔の使者「くそッ!また鳩だ。
消えた霊媒女
(1934年)
大倉燁子
60分以内
  16,692 文字
「あなたは美人で有名だった小宮山麗子という霊媒女がある大家へ招ばれて行って、その帰りに煙のよう...
消えた霊媒女 大倉燁子
「あなたは美人で有名だった小宮山麗子という霊媒女がある大家へ招ばれて行って、その帰りに煙のように消えてしまった不思議な事件を覚えていらっしゃいましょう?」「はあ覚えております。
情鬼
(1935年)
大倉燁子
60分以内
  18,752 文字
「小田切大使が自殺しましたよ」夕刊をひろげると殆ど同時にS夫人が云った。
情鬼 大倉燁子
「小田切大使が自殺しましたよ」夕刊をひろげると殆ど同時にS夫人が云った。
機密の魅惑
(1935年)
大倉燁子
60分以内
  19,659 文字
「ある夫人――それは私の旧友なのですが――からこうした手紙を度々受取らなかったら、恐らくこの事...
機密の魅惑 大倉燁子
「ある夫人――それは私の旧友なのですが――からこうした手紙を度々受取らなかったら、恐らくこの事件には携らなかったろうと思います」S夫人は一束の手紙の中から一つを抜き出して渡してくれた。
蛇性の執念
(1935年)
大倉燁子
60分以内
  20,664 文字
一つの事件の解決がつくと、S夫人はまるで人間が変ったように朗かになる。
蛇性の執念 大倉燁子
一つの事件の解決がつくと、S夫人はまるで人間が変ったように朗かになる。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。