🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める平林初之輔の短編作品

青空文庫で公開されている平林初之輔の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編20作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜20件 / 全20件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
江戸川乱歩
(1930年)
平林初之輔
5分以内
  1,538 文字
御大典の当時、全国の警察が警戒網を布いて、怪しい挙動風体の者はいちいち検挙拘引していた頃のこと...
江戸川乱歩 平林初之輔
御大典の当時、全国の警察が警戒網を布いて、怪しい挙動風体の者はいちいち検挙拘引していた頃のこと、伊勢の方面へ旅行中であった、江戸川乱歩が突如その筋の取り調べを受けたということである。
クローズアップ
(1927年)
平林初之輔
5分以内
  111 文字
一、僕がルパンであったら……二、僕がホームズであったら……僕がルパンであってもホームズであって...
クローズアップ 平林初之輔
一、僕がルパンであったら……二、僕がホームズであったら……僕がルパンであってもホームズであっても、どうもあれ以上には生き方がありません。
今年印象に残れる作品
(1926年)
平林初之輔
5分以内
  141 文字
〈大正一五年度探偵小説壇の総決算〉本年度に於て発表された、創作並びに翻訳探偵小説中、貴下の印象...
今年印象に残れる作品 平林初之輔
〈大正一五年度探偵小説壇の総決算〉本年度に於て発表された、創作並びに翻訳探偵小説中、貴下の印象に残っている作品今年印象に残れる作品小酒井不木「恋愛曲線」羽志主水「監獄部屋」(『新青年』第七巻第一四号、一九二六年一二月)。
角田喜久雄「肉」
(1929年)
平林初之輔
5分以内
  194 文字
角田喜久雄の「肉」は高山で霧にとじこめられて飢餓のため、人間しかも友人の肉を食う話。
角田喜久雄「肉」 平林初之輔
角田喜久雄の「肉」は高山で霧にとじこめられて飢餓のため、人間しかも友人の肉を食う話。
新人の諸作一括
(1929年)
平林初之輔
5分以内
  386 文字
大下宇陀兒氏の「蛞蝓(なめくじ)奇談」(『新青年』増刊)これはショート・ストーリーである。
新人の諸作一括 平林初之輔
大下宇陀兒氏の「蛞蝓(なめくじ)奇談」(『新青年』増刊)これはショート・ストーリーである。
四月号の創作三つ
(1926年)
平林初之輔
5分以内
  482 文字
「火星の運河」――江戸川乱歩作。
四月号の創作三つ 平林初之輔
「火星の運河」――江戸川乱歩作。
「華やかな罪過」作者として
(1929年)
平林初之輔
5分以内
  649 文字
短い作品で一つの問題を提出するといふやうなことは難しいことだ。
「華やかな罪過」作者として 平林初之輔
短い作品で一つの問題を提出するといふやうなことは難しいことだ。
ブリユンチエールの言葉について
(1925年)
平林初之輔
5分以内
  729 文字
探偵小説を広義に解するならば、実社会において比較的稀にしか起こらぬ出来事を取り扱った小説である...
ブリユンチエールの言葉について 平林初之輔
探偵小説を広義に解するならば、実社会において比較的稀にしか起こらぬ出来事を取り扱った小説であると言えましょう。
ルヴエルの『夜鳥』
(1928年)
平林初之輔
5分以内
  779 文字
日本には厳密な意味でのコントの作家がない。
ルヴエルの『夜鳥』 平林初之輔
日本には厳密な意味でのコントの作家がない。
伊豆の国にて
(1926年)
平林初之輔
5分以内
  996 文字
□文壇の人にあうと探偵小説をすいている者が多いようである。
伊豆の国にて 平林初之輔
□文壇の人にあうと探偵小説をすいている者が多いようである。
ウイツテ伯回想記その他
(1930年)
平林初之輔
5分以内
  1,042 文字
近頃読んだもので、面白かった点からいうと、大竹博吉君の監修で『日露戦争と露西亜革命』という題で...
ウイツテ伯回想記その他 平林初之輔
近頃読んだもので、面白かった点からいうと、大竹博吉君の監修で『日露戦争と露西亜革命』という題で上巻と中巻とが出たウイッテ伯の回想記である。
甲賀三郎『琥珀のパイプ』序
(1926年)
平林初之輔
5分以内
  1,157 文字
いわゆる文壇の小説家という人たちは、たいてい似たり寄ったりの生活をしている。
甲賀三郎『琥珀のパイプ』序 平林初之輔
いわゆる文壇の小説家という人たちは、たいてい似たり寄ったりの生活をしている。
乱歩氏の諸作
(1929年)
平林初之輔
5分以内
  1,183 文字
江戸川乱歩氏の作を『新青年』所載「悪夢」と「孤島の鬼」と二つ読んだ。
乱歩氏の諸作 平林初之輔
江戸川乱歩氏の作を『新青年』所載「悪夢」と「孤島の鬼」と二つ読んだ。
ポウの本質
(1929年)
平林初之輔
5分以内
  1,394 文字
ポーは、アメリカの詩人にして最もアメリカ人らしくない詩人だと考えられている。
ポウの本質 平林初之輔
ポーは、アメリカの詩人にして最もアメリカ人らしくない詩人だと考えられている。
当選作所感
(1926年)
平林初之輔
5分以内
  1,398 文字
「あやかしの皷(つづみ)」はじめの方は、私にはそうとう読みづらかったが三分の一くらいまでくると...
当選作所感 平林初之輔
「あやかしの皷(つづみ)」はじめの方は、私にはそうとう読みづらかったが三分の一くらいまでくるとだんだん面白くなって、ついひきずられて読んでしまった。
雑文一束
(1926年)
平林初之輔
5分以内
  1,405 文字
郵便をポストへ入れると、すぐにはたして郵便がポストの中へうまく落ちたかどうかが気になる。
雑文一束 平林初之輔
郵便をポストへ入れると、すぐにはたして郵便がポストの中へうまく落ちたかどうかが気になる。
探偵小説の世界的流行
(1929年)
平林初之輔
5分以内
  1,462 文字
名前は忘れたが、どこかの国の総理大臣で、毎日一時間ずつ探偵小説を読むことを習慣にしていた人があ...
探偵小説の世界的流行 平林初之輔
名前は忘れたが、どこかの国の総理大臣で、毎日一時間ずつ探偵小説を読むことを習慣にしていた人があるそうだ。
小酒井不木氏
(1929年)
平林初之輔
5分以内
  1,542 文字
小酒井不木氏が死んだ。
小酒井不木氏 平林初之輔
小酒井不木氏が死んだ。
二つの文学論
(1929年)
平林初之輔
5分以内
  1,738 文字
ごく最近に私は二つの文学論を読んだ。
二つの文学論 平林初之輔
ごく最近に私は二つの文学論を読んだ。
頭と足
(1926年)
平林初之輔
5分以内
  1,911 文字
船が港へ近づくにつれて、船の中で起った先刻の悲劇よりも何よりも、新聞記者である里村の心を支配し...
頭と足 平林初之輔
船が港へ近づくにつれて、船の中で起った先刻の悲劇よりも何よりも、新聞記者である里村の心を支配したのは、如何にしてこの事件をいち早く本社に報道するかという職業意識であった。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。