皮膚と心
太宰 治

『皮膚と心』は太宰治の中編作品。16,709文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。

文字数
60分以内
  16,709 文字
人気   9,556 PV
書き出し ぷつッと、ひとつ小豆粒に似た吹出物が、左の乳房の下に見つかり、よく見ると、その吹出物のまわりにも、ぱらぱら小さい赤い吹出物が霧を噴きかけられたように一面に散点していて、けれども、そのときは、痒くもなんともありませんでした。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

太宰 治 の人気作品



中編(60分以内)の人気作品