🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

10分以内で読める上村松園の短編作品

青空文庫で公開されている上村松園の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編29作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜29件 / 全29件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
花筐と岩倉村 上村松園
10分以内
  3,430 文字
「花がたみ」は第九回文展出品作で、大正四年の制作である。
花筐と岩倉村 上村松園
「花がたみ」は第九回文展出品作で、大正四年の制作である。
最初の出品画 上村松園
10分以内
  3,049 文字
今でこそ洋画にしろ日本画にしろ、モデルというものが大きな問題となっているが、今から四、五十年も...
最初の出品画 上村松園
今でこそ洋画にしろ日本画にしろ、モデルというものが大きな問題となっているが、今から四、五十年も前の我が画壇をふり返ってみると、そんなものはまるでなかった。
上村松園
10分以内
  3,976 文字
ちいさい頃から、いろいろの髷を考案して近所の幼友達にそれを結ってあげ、ともにたのしんだのがこう...
上村松園
ちいさい頃から、いろいろの髷を考案して近所の幼友達にそれを結ってあげ、ともにたのしんだのがこうじて、年がつもるにしたがって女の髷というものに興味を深くもつようになった。
浮世絵画家の肉筆
(1932年)
上村松園
10分以内
  2,012 文字
浮世絵画家の肉筆というものは、錦絵とはちがった別の味わいがあるものですが、こんど蒐集陳列された...
浮世絵画家の肉筆 上村松園
浮世絵画家の肉筆というものは、錦絵とはちがった別の味わいがあるものですが、こんど蒐集陳列されたものは、屏風、掛物、巻、画帖など種々な形のものがあって、しかも何しろ二百点ばかりもあったろうと思いますから、こういう展覧会としても、なかなか見ごたえのあるものでした。
靄の彼方
(1932年)
上村松園
10分以内
  2,091 文字
心忙しい気もちから脱れて、ゆっくり制作もし、また研究もしたいと年中そればかりを考えていながら、...
靄の彼方 上村松園
心忙しい気もちから脱れて、ゆっくり制作もし、また研究もしたいと年中そればかりを考えていながら、やはり心忙しく過ごしています。
孟母断機 上村松園
10分以内
  2,116 文字
「その父賢にして、その子の愚なるものは稀(めずら)しからず。
孟母断機 上村松園
「その父賢にして、その子の愚なるものは稀(めずら)しからず。
謡曲仕舞など
(1936年)
上村松園
10分以内
  2,142 文字
○伊勢の白子浜に鼓が浦という漁村があって、去年からそこに一軒の家を借りまして、夏じゅうだけ避暑...
謡曲仕舞など 上村松園
○伊勢の白子浜に鼓が浦という漁村があって、去年からそこに一軒の家を借りまして、夏じゅうだけ避暑といってもよし、海気に親しむといってもよし、家族づれで出かけていって、新鮮な空気と、清涼な海水に触れてくることにしています。
今日になるまで
(1940年)
上村松園
10分以内
  2,165 文字
私は明治八年四月二十三日四条通り御幸町西へ行った所に生まれました。
今日になるまで 上村松園
私は明治八年四月二十三日四条通り御幸町西へ行った所に生まれました。
迷彩
(1939年)
上村松園
10分以内
  2,297 文字
○この間私はある方面から質のいい古い唐紙を手に入れましたので、戯れに興味描きを試みまして、知合...
迷彩 上村松園
○この間私はある方面から質のいい古い唐紙を手に入れましたので、戯れに興味描きを試みまして、知合いの人にも贈ったりしました。
明治懐顧
(1943年)
上村松園
10分以内
  2,322 文字
私が絵を習い始めた頃を想い出すと、まことに伸々として懐かしいものが、数々あります。
明治懐顧 上村松園
私が絵を習い始めた頃を想い出すと、まことに伸々として懐かしいものが、数々あります。
写生帖の思ひ出
(1932年)
上村松園
10分以内
  2,332 文字
いつからとなく描きためかきためした写生帖が、今は何百冊と云ふ数に上つてゐる。
写生帖の思ひ出 上村松園
いつからとなく描きためかきためした写生帖が、今は何百冊と云ふ数に上つてゐる。
無題抄 上村松園
10分以内
  2,345 文字
私には、どうも絵以外のことですと、どうせ余技にすぎないからという気がして、打ち込んで熱中する気...
無題抄 上村松園
私には、どうも絵以外のことですと、どうせ余技にすぎないからという気がして、打ち込んで熱中する気になれない性分があるようです。
母への追慕 上村松園
10分以内
  2,409 文字
父の顔を知らない私には、母は「母と父をかねた両親」であった。
母への追慕 上村松園
父の顔を知らない私には、母は「母と父をかねた両親」であった。
楠公夫人 上村松園
10分以内
  2,516 文字
自分の思う絵を、私は機運がくると、たちまちそれの鬼となって、火の如き熱情を注いで――これまでに...
楠公夫人 上村松園
自分の思う絵を、私は機運がくると、たちまちそれの鬼となって、火の如き熱情を注いで――これまでにずいぶんと数多くの制作をして来た。
京の夏景色
(1939年)
上村松園
10分以内
  2,539 文字
京都の街も古都というのはもう名ばかりで私の幼な頃と今とではまるで他処の国のように変ってしまってます。
京の夏景色 上村松園
京都の街も古都というのはもう名ばかりで私の幼な頃と今とではまるで他処の国のように変ってしまってます。
車中有感 上村松園
10分以内
  2,566 文字
汽車の旅をして、いちばん愉しいことは、窓にもたれて、ぼんやりと流れてゆく風景を眺めていることである。
車中有感 上村松園
汽車の旅をして、いちばん愉しいことは、窓にもたれて、ぼんやりと流れてゆく風景を眺めていることである。
虹と感興
(1932年)
上村松園
10分以内
  2,634 文字
私は今婦女風俗の屏風一双を描いておりますが、これは徳川末期の風俗によったもので、もうそろそろ仕...
虹と感興 上村松園
私は今婦女風俗の屏風一双を描いておりますが、これは徳川末期の風俗によったもので、もうそろそろ仕上りに近づいております。
眉の記 上村松園
10分以内
  2,700 文字
眉目秀麗にしてとか、眉ひいでたる若うどとか、怒りの柳眉を逆だててとか、三日月のような愁いの眉を...
眉の記 上村松園
眉目秀麗にしてとか、眉ひいでたる若うどとか、怒りの柳眉を逆だててとか、三日月のような愁いの眉をひそめてとか、ほっと愁眉をひらいてとか……古人は目を心の窓と言ったと同時に眉を感情の警報旗にたとえて、眉についていろいろの言いかたをして来たものである。
画学校時代 上村松園
10分以内
  2,763 文字
十三年の年に小学校を卒業し、翌年十四歳の春、京都府立画学校へ入学しました。
画学校時代 上村松園
十三年の年に小学校を卒業し、翌年十四歳の春、京都府立画学校へ入学しました。
昔尊く
(1940年)
上村松園
10分以内
  2,816 文字
もう丁度、五十年の昔になりましょうかしら、たしか、私の十九歳の頃のことでした。
昔尊く 上村松園
もう丁度、五十年の昔になりましょうかしら、たしか、私の十九歳の頃のことでした。
画室談義 上村松園
10分以内
  2,823 文字
いつだったか、ある東京の婦人雑誌の記者が数人見えて、私のいろいろな生活を写真に撮られたり記事に...
画室談義 上村松園
いつだったか、ある東京の婦人雑誌の記者が数人見えて、私のいろいろな生活を写真に撮られたり記事にして行かれたことがあった。
女の話・花の話
(1934年)
上村松園
10分以内
  2,877 文字
○責任のある画債を少しずつ果していっておりますが、なかなか埓(らち)があきません。
女の話・花の話 上村松園
○責任のある画債を少しずつ果していっておりますが、なかなか埓(らち)があきません。
謡曲と画題 上村松園
10分以内
  3,349 文字
下手の横好きと言いますか、私は趣味のうちでは謡曲を第一としています。
謡曲と画題 上村松園
下手の横好きと言いますか、私は趣味のうちでは謡曲を第一としています。
絹と紙の話と師弟の間柄の話
(1933年)
上村松園
10分以内
  3,407 文字
二、三年前竹杖会の研究会で年に二点は大小に拘わらず是非出品しなければいけないという規則が出来ま...
絹と紙の話と師弟の間柄の話 上村松園
二、三年前竹杖会の研究会で年に二点は大小に拘わらず是非出品しなければいけないという規則が出来ましたので、いつぞや小品を一点持出したことがあります。
座右第一品
(1931年)
上村松園
10分以内
  3,429 文字
縮図の帳面もう大分と前の話ですが、裏ン町で火事があって火の子がパッパッと飛んで来て、どうにも手...
座右第一品 上村松園
縮図の帳面もう大分と前の話ですが、裏ン町で火事があって火の子がパッパッと飛んで来て、どうにも手のつけようがないと思ったことがありました。
昔のことなど
(1942年)
上村松園
10分以内
  3,508 文字
最近年の栖鳳先生はずっと湯河原にお出でになられたものですから滅多にお会いする機会もなくなり、何...
昔のことなど 上村松園
最近年の栖鳳先生はずっと湯河原にお出でになられたものですから滅多にお会いする機会もなくなり、何彼と先生のことを思い出そうとしますとどうしてもずっと古いことがあれこれと思い浮かばせられます。
想い出
(1941年)
上村松園
10分以内
  3,519 文字
土田麦僊さんが御在世の折、よく私の筆胼胝(だこ)が笑い話になりましたものです。
想い出 上村松園
土田麦僊さんが御在世の折、よく私の筆胼胝(だこ)が笑い話になりましたものです。
京のその頃
(1935年)
上村松園
10分以内
  3,713 文字
私は京の四条通りの、今、万養軒という洋食屋になってるところにあった家で生まれた。
京のその頃 上村松園
私は京の四条通りの、今、万養軒という洋食屋になってるところにあった家で生まれた。
好きな髷のことなど
(1930年)
上村松園
10分以内
  3,732 文字
茶の袴私が画学校に行っていた時、学校の古顔に前田玉英さんがいました。
好きな髷のことなど 上村松園
茶の袴私が画学校に行っていた時、学校の古顔に前田玉英さんがいました。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。