流言蜚語
寺田寅彦

『流言蜚語』は青空文庫で公開されている寺田寅彦の短編作品。2,410文字で、おおよそ10分以内で読むことができます。

文字数
10分以内
  2,410文字
人気   6,058PV
書き出し長い管の中へ、水素と酸素とを適当な割合に混合したものを入れておく、そうしてその管の一端に近いところで、小さな電気の火花を瓦斯(ガス)の中で飛ばせる、するとその火花のところで始まった燃焼が、次へ次へと伝播(でんぱ)して行く、伝播の速度が急激に増加し、遂にいわゆる爆発の波となって、驚くべき速度で進行して
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

寺田寅彦の人気作品



短編(10分以内)の人気作品