城崎を憶ふ
泉 鏡花

『城崎を憶ふ』は泉鏡花の短編作品。6,820文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  6,820 文字
人気   -- PV
書き出し 雨が、さつと降出した、停車場へ着いた時で――天象は卯の花くだしである。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

泉 鏡花 の人気作品



短編(30分以内)の人気作品