番茶話
泉鏡太郎

『番茶話』は青空文庫で公開されている泉鏡太郎の短編作品。18,292文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  18,292文字
人気-- PV
書き出し小石川(こいしかは)傳通院(でんづうゐん)には、(鳴(な)かぬ蛙(かへる))の傳説(でんせつ)がある。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

泉鏡太郎の人気作品



中編(60分以内)の人気作品