金色夜叉
尾崎 紅葉

『金色夜叉』は尾崎紅葉の長編作品。274,312文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  274,312 文字
人気   74,768 PV
書き出し 前編第一章未だ宵ながら松立てる門は一様に鎖籠めて、真直に長く東より西に横はれる大道は掃きたるやうに物の影を留めず、いと寂くも往来の絶えたるに、例ならず繁き車輪の輾は、或は忙かりし、或は飲過ぎし年賀の帰来なるべく、疎に寄する獅子太鼓の遠響は、はや今日に尽きぬる三箇日を惜むが如く、その哀切に小き膓は断れぬべし。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

尾崎 紅葉 の人気作品



長編(1時間〜)の人気作品