🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める鈴木三重吉の中編作品

青空文庫で公開されている鈴木三重吉の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編6作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜6件 / 全6件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
星の女
(1917年)
鈴木三重吉
60分以内
  12,166 文字
姉妹三人の星の女が、毎晩、美しい下界を見るたびに、あすこへ下りて見たいと言ひ/\してゐました。
星の女 鈴木三重吉
姉妹三人の星の女が、毎晩、美しい下界を見るたびに、あすこへ下りて見たいと言ひ/\してゐました。
湖水の鐘
(1918年)
鈴木三重吉
60分以内
  12,782 文字
或(ある)山の村に、きれいな、青い湖水がありました。
湖水の鐘 鈴木三重吉
或(ある)山の村に、きれいな、青い湖水がありました。
ぶくぶく長々火の目小僧 鈴木三重吉
60分以内
  12,922 文字
これは昔も昔も大昔のお話です。
ぶくぶく長々火の目小僧 鈴木三重吉
これは昔も昔も大昔のお話です。
黄金鳥
(1917年)
鈴木三重吉
60分以内
  14,258 文字
貧乏な百姓の夫婦がいました。
黄金鳥 鈴木三重吉
貧乏な百姓の夫婦がいました。
勇士ウ※[#小書き片仮名ヲ]ルター(実話)
(1927年)
鈴木三重吉
60分以内
  15,407 文字
これは、こしらへた冒険談ではなく、全くほんたうの事実話ですから、そのつもりでお聞き下さい。
勇士ウ※[#小書き片仮名ヲ]ルター(実話) 鈴木三重吉
これは、こしらへた冒険談ではなく、全くほんたうの事実話ですから、そのつもりでお聞き下さい。
千鳥 鈴木三重吉
60分以内
  22,705 文字
千鳥の話は馬喰の娘のお長で始まる。
千鳥 鈴木三重吉
千鳥の話は馬喰の娘のお長で始まる。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。