60分以内で読める鈴木三重吉の中編作品

青空文庫で公開されている鈴木三重吉の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編作品6篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全6件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
黄金鳥鈴木三重吉
60分以内
  13,840文字
貧乏な百姓(ひゃくしょう)の夫婦がいました。
黄金鳥鈴木三重吉
60分以内
千鳥鈴木三重吉
60分以内
  21,735文字
千鳥の話は馬喰(ばくろう)の娘のお長で始まる。
千鳥鈴木三重吉
60分以内
大震火災記鈴木三重吉
60分以内
  12,424文字
大正十二年のおそろしい関東大地震の震源地は相模(さがみ)なだ…
大震火災記鈴木三重吉
60分以内
湖水の鐘鈴木三重吉
60分以内
  12,510文字
或(ある)山の村に、きれいな、青い湖水がありました。
湖水の鐘鈴木三重吉
60分以内
勇士ウ※[#小書き片仮名ヲ]ルター(実話)鈴木三重吉
60分以内
  14,834文字
これは、こしらへた冒険談ではなく、全くほんたうの事実話ですか…
勇士ウ※[#小書き片仮名ヲ]ルター(実話)鈴木三重吉
60分以内
ぶくぶく長々火の目小僧鈴木三重吉
60分以内
  12,291文字
これは昔も昔も大昔のお話です。
ぶくぶく長々火の目小僧鈴木三重吉
60分以内