🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

鈴木三重吉の全作品

青空文庫で公開されている鈴木三重吉の全作品27篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜27件 / 全27件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
古事記物語 鈴木三重吉
1時間〜
  106,678 文字
女神の死世界ができたそもそものはじめ。
古事記物語 鈴木三重吉
女神の死世界ができたそもそものはじめ。
デイモンとピシアス
(1920年)
鈴木三重吉
30分以内
  5,105 文字
これは、二千年も、もっとまえに、希臘が地中海ですっかり幅を利かせていた時代のお話です。
デイモンとピシアス 鈴木三重吉
これは、二千年も、もっとまえに、希臘が地中海ですっかり幅を利かせていた時代のお話です。
赤い鳥 鈴木三重吉
1時間〜
  38,259 文字
冷吉は自分には考へる女がなかつたものだから、讀んだ物の中の、赤い鳥を遁がして出て行く女を、自分...
赤い鳥 鈴木三重吉
冷吉は自分には考へる女がなかつたものだから、讀んだ物の中の、赤い鳥を遁がして出て行く女を、自分の女にして考へてゐた。
岡の家
(1921年)
鈴木三重吉
10分以内
  3,054 文字
岡の上に百姓のお家がありました。
岡の家 鈴木三重吉
岡の上に百姓のお家がありました。
女の子 鈴木三重吉
10分以内
  3,241 文字
自分が毎日物を書く一と間の前には、老い耄(ほう)けたやうな、がた/″\の黒板塀が限られてゐる。
女の子 鈴木三重吉
自分が毎日物を書く一と間の前には、老い耄(ほう)けたやうな、がた/″\の黒板塀が限られてゐる。
かたつむり
(1929年)
鈴木三重吉
30分以内
  4,043 文字
トゥロットのお母ちやまは、朝、いろんな人たちと一しよに、馬車でそとへお出かけになりました。
かたつむり 鈴木三重吉
トゥロットのお母ちやまは、朝、いろんな人たちと一しよに、馬車でそとへお出かけになりました。
胡瓜の種 鈴木三重吉
30分以内
  4,222 文字
小さいときから自分を育てゝ來たお千は、下女と祖母とを伴れて、車に乘つて一足先に移つて出た。
胡瓜の種 鈴木三重吉
小さいときから自分を育てゝ來たお千は、下女と祖母とを伴れて、車に乘つて一足先に移つて出た。
金魚 鈴木三重吉
30分以内
  4,293 文字
町に金魚を賣る五月の、かうした青い長雨の頃になると、しみ/″\おふさのことが思ひ出される。
金魚 鈴木三重吉
町に金魚を賣る五月の、かうした青い長雨の頃になると、しみ/″\おふさのことが思ひ出される。
蛇つかひ
(1923年)
鈴木三重吉
30分以内
  4,436 文字
インドだのエジプトだのといふやうな熱帯地方へいきますと、蛇使と言つて蛇にいろ/\のことをさせて...
蛇つかひ 鈴木三重吉
インドだのエジプトだのといふやうな熱帯地方へいきますと、蛇使と言つて蛇にいろ/\のことをさせて見せる、わたり歩きの見世物師がゐます。
パナマ運河を開いた話
(1928年)
鈴木三重吉
30分以内
  4,501 文字
パナマの運河といへば、だれにもおわかりのとほり、南北アメリカのまん中の、一とうせまい、約五十マ...
パナマ運河を開いた話 鈴木三重吉
パナマの運河といへば、だれにもおわかりのとほり、南北アメリカのまん中の、一とうせまい、約五十マイルの地峡をきりひらいて、どんな大きな軍艦でもとほれるやうにこしらへたほりわりです。
一本足の兵隊
(1919年)
鈴木三重吉
30分以内
  5,992 文字
或(ある)小さなお坊ちやんが、お誕生日のお祝ひに、箱入りのおもちやをもらひました。
一本足の兵隊 鈴木三重吉
或(ある)小さなお坊ちやんが、お誕生日のお祝ひに、箱入りのおもちやをもらひました。
湖水の女
(1916年)
鈴木三重吉
30分以内
  6,011 文字
むかしむかし、或(ある)山の上にさびしい湖水がありました。
湖水の女 鈴木三重吉
むかしむかし、或(ある)山の上にさびしい湖水がありました。
ぽつぽのお手帳
(1918年)
鈴木三重吉
30分以内
  6,099 文字
すゞ子のぽつぽは、二人とも小さな/\赤いお手帳をもつてゐます。
ぽつぽのお手帳 鈴木三重吉
すゞ子のぽつぽは、二人とも小さな/\赤いお手帳をもつてゐます。
ダマスカスの賢者
(1927年)
鈴木三重吉
30分以内
  6,559 文字
むかし、ダマスカスといふ町に、イドリスといふなまけものがゐました。
ダマスカスの賢者 鈴木三重吉
むかし、ダマスカスといふ町に、イドリスといふなまけものがゐました。
小犬
(1926年)
鈴木三重吉
30分以内
  6,575 文字
村のとほりにそうた、青い窓とびらのついた小さな家に、気どりやの、そのくせ、お金にかけては、をか...
小犬 鈴木三重吉
村のとほりにそうた、青い窓とびらのついた小さな家に、気どりやの、そのくせ、お金にかけては、をかしなほどこまかな、おばあさんが、女中と二人で、ひつそりとくらしてゐました。
青い顔かけの勇士
(1929年)
鈴木三重吉
30分以内
  7,315 文字
トゥロットのお家は貴族で、お父さまは海軍の士官ですが、今は遠方へ航海中で、トゥロットはお母ちや...
青い顔かけの勇士 鈴木三重吉
トゥロットのお家は貴族で、お父さまは海軍の士官ですが、今は遠方へ航海中で、トゥロットはお母ちやまや女中のジャンヌたちと一しよに、海岸の別荘でくらしてゐます。
乞食の子
(1929年)
鈴木三重吉
30分以内
  7,658 文字
トゥロットの別荘のうしろは、きれいな小さな砂浜になつてゐました。
乞食の子 鈴木三重吉
トゥロットの別荘のうしろは、きれいな小さな砂浜になつてゐました。
やどなし犬
(1924年)
鈴木三重吉
30分以内
  10,125 文字
むかし、アメリカの或(ある)小さな町に、人のいい、はたらきものの肉屋がいました。
やどなし犬 鈴木三重吉
むかし、アメリカの或(ある)小さな町に、人のいい、はたらきものの肉屋がいました。
ざんげ
(1924年)
鈴木三重吉
30分以内
  10,524 文字
ロシアのウラディミイルといふ町に、イワン・アシオノフといふ商人がゐました。
ざんげ 鈴木三重吉
ロシアのウラディミイルといふ町に、イワン・アシオノフといふ商人がゐました。
大震火災記
(1923年)
鈴木三重吉
30分以内
  11,756 文字
大正十二年のおそろしい関東大地震の震源地は相模なだの大島の北上の海底で、そこのところが横巾最長...
大震火災記 鈴木三重吉
大正十二年のおそろしい関東大地震の震源地は相模なだの大島の北上の海底で、そこのところが横巾最長三海里、たて十五海里の間、深さ二十ひろから百ひろまで、どかりと落ちこんだのがもとでした。
星の女
(1917年)
鈴木三重吉
60分以内
  12,166 文字
姉妹三人の星の女が、毎晩、美しい下界を見るたびに、あすこへ下りて見たいと言ひ/\してゐました。
星の女 鈴木三重吉
姉妹三人の星の女が、毎晩、美しい下界を見るたびに、あすこへ下りて見たいと言ひ/\してゐました。
湖水の鐘
(1918年)
鈴木三重吉
60分以内
  12,782 文字
或(ある)山の村に、きれいな、青い湖水がありました。
湖水の鐘 鈴木三重吉
或(ある)山の村に、きれいな、青い湖水がありました。
ぶくぶく長々火の目小僧 鈴木三重吉
60分以内
  12,922 文字
これは昔も昔も大昔のお話です。
ぶくぶく長々火の目小僧 鈴木三重吉
これは昔も昔も大昔のお話です。
黄金鳥
(1917年)
鈴木三重吉
60分以内
  14,258 文字
貧乏な百姓の夫婦がいました。
黄金鳥 鈴木三重吉
貧乏な百姓の夫婦がいました。
勇士ウ※[#小書き片仮名ヲ]ルター(実話)
(1927年)
鈴木三重吉
60分以内
  15,407 文字
これは、こしらへた冒険談ではなく、全くほんたうの事実話ですから、そのつもりでお聞き下さい。
勇士ウ※[#小書き片仮名ヲ]ルター(実話) 鈴木三重吉
これは、こしらへた冒険談ではなく、全くほんたうの事実話ですから、そのつもりでお聞き下さい。
千鳥 鈴木三重吉
60分以内
  22,705 文字
千鳥の話は馬喰の娘のお長で始まる。
千鳥 鈴木三重吉
千鳥の話は馬喰の娘のお長で始まる。
桑の実
(1913年)
鈴木三重吉
1時間〜
  95,044 文字
おくみが厄介になつてゐるカッフェーは、おかみさんが素人の女手でやつてゐられる小さい店だけれど、...
桑の実 鈴木三重吉
おくみが厄介になつてゐるカッフェーは、おかみさんが素人の女手でやつてゐられる小さい店だけれど、あたりにかういふものがないので、ちよい/\出前もあるし、お客さまもぼつ/\来て下さるので、人目にはかなりにやつて行けるらしく見えたが、中へ這入つて見ればいろ/\あれがあつて、おかみさんは、月末になると、よく浮かない顔をして、ペンと帳面を手に持つたまゝ、茫(ぼん)やりと一つところを見つめてゐられるやうなことがあつた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。