30分以内で読める小泉八雲の短編作品

青空文庫で公開されている小泉八雲の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編作品6篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全6件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
耳無芳一の話小泉八雲
30分以内
  8,097文字
  七百年以上も昔の事、下ノ関海峡の壇ノ浦で、平家すなわち平族と…
耳無芳一の話小泉八雲
30分以内
ろくろ首小泉八雲
30分以内
  6,986文字
  五百年ほど前に、九州菊池の侍臣に磯貝平太左衞門武連(たけつら…
ろくろ首小泉八雲
30分以内
男子の本懐小泉八雲
30分以内
  11,694文字
 市街地の通りには白い軍服姿とラッパの響き、それに野戦砲の重々…
男子の本懐小泉八雲
30分以内
勇子小泉八雲
30分以内
  5,419文字
「天子様 御心配」天子様が畏れ多くも悲しんでおられる。
勇子小泉八雲
30分以内
博多にて小泉八雲
30分以内
  6,947文字
人力車で旅行していて、できるのはあたりを眺めることと夢見るこ…
博多にて小泉八雲
30分以内
手紙小泉八雲
30分以内
  5,475文字
先に長崎からお手紙を差し上げると申しておりましたが、それはか…
手紙小泉八雲
30分以内