【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

1時間〜で読める島木健作の長編作品

青空文庫で公開されている島木健作の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編9作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜9件 / 全9件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
一過程
(1935年)
島木健作
1時間〜
  28,122 文字
夕やけが丘の上の空を彩りはじめた。
一過程 島木健作
1時間〜
夕やけが丘の上の空を彩りはじめた。
鰊漁場 島木健作
1時間〜
  26,542 文字
赤い脚絆がずり下り、右足の雪靴の紐が切れかかっているのをなおそうともしないで、源吉はのろのろと...
鰊漁場 島木健作
1時間〜
赤い脚絆がずり下り、右足の雪靴の紐が切れかかっているのをなおそうともしないで、源吉はのろのろとあるいて行った。
盲目
(1934年)
島木健作
1時間〜
  30,344 文字
その日の午後も古賀はきちんと膝を重ねたまゝそこの壁を脊にして坐つてゐた。
盲目 島木健作
1時間〜
その日の午後も古賀はきちんと膝を重ねたまゝそこの壁を脊にして坐つてゐた。
黎明
(1935年)
島木健作
1時間〜
  31,978 文字
若い地區委員會の書記の太田健造は、脚の折れ曲つたテーブルの上に心持ち前かゞみになり、速力をもつ...
黎明 島木健作
1時間〜
若い地區委員會の書記の太田健造は、脚の折れ曲つたテーブルの上に心持ち前かゞみになり、速力をもつて書類に何か書き込んでゐた。
島木健作
1時間〜
  39,312 文字
新しく連れて來られたこの町の丘の上の刑務所に、太田は服役後はじめての眞夏を迎へたのであつた。
島木健作
1時間〜
新しく連れて來られたこの町の丘の上の刑務所に、太田は服役後はじめての眞夏を迎へたのであつた。
島木健作
1時間〜
  40,001 文字
新しく連れて来られたこの町の丘の上の刑務所に、太田は服役後はじめての真夏を迎えたのであった。
島木健作
1時間〜
新しく連れて来られたこの町の丘の上の刑務所に、太田は服役後はじめての真夏を迎えたのであった。
第一義の道 島木健作
1時間〜
  40,467 文字
「もう何時かしら」と眼ざめた瞬間におちかは思つた。
第一義の道 島木健作
1時間〜
「もう何時かしら」と眼ざめた瞬間におちかは思つた。
生活の探求
(1937年)
島木健作
1時間〜
  175,644 文字
今年は春から雨の降ることが少なかつた。
生活の探求 島木健作
1時間〜
今年は春から雨の降ることが少なかつた。
続生活の探求
(1938年)
島木健作
1時間〜
  294,359 文字
つねの年にも増して寒さもきびしく、風も吹き荒れることの多いその年の暮れであつた。
続生活の探求 島木健作
1時間〜
つねの年にも増して寒さもきびしく、風も吹き荒れることの多いその年の暮れであつた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。