1時間〜で読める島木健作の長編作品

青空文庫で公開されている島木健作の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編作品9篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,000文字〜の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全9件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
生活の探求島木健作
1時間〜
  164,924文字
今年は春から雨の降ることが少なかつた。
生活の探求島木健作
1時間〜
一過程島木健作
1時間〜
  26,613文字
夕やけが丘の上の空を彩りはじめた。
一過程島木健作
1時間〜
鰊漁場島木健作
1時間〜
  24,915文字
赤い脚絆がずり下り、右足の雪靴(つまご)の紐が切れかかってい…
鰊漁場島木健作
1時間〜
第一義の道島木健作
1時間〜
  38,312文字
「もう何時かしら」と眼ざめた瞬間におちかは思つた。
第一義の道島木健作
1時間〜
盲目島木健作
1時間〜
  28,983文字
その日の午後も古賀はきちんと膝を重ねたまゝそこの壁を脊にして…
盲目島木健作
1時間〜
島木健作
1時間〜
  37,693文字
新しく連れて來られたこの町の丘の上の刑務所に、太田は服役後は…
島木健作
1時間〜
黎明島木健作
1時間〜
  30,281文字
若い地區委員會の書記の太田健造は、脚の折れ曲つたテーブルの上…
黎明島木健作
1時間〜
続生活の探求島木健作
1時間〜
  276,718文字
つねの年にも増して寒さもきびしく、風も吹き荒れることの多いそ…
続生活の探求島木健作
1時間〜
島木健作
1時間〜
  39,524文字
新しく連れて来られたこの町の丘の上の刑務所に、太田は服役後は…
島木健作
1時間〜