🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める北原白秋の短編作品

青空文庫で公開されている北原白秋の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編17作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜17件 / 全17件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
北原白秋
5分以内
  48 文字
近景ニ一本ノ葦、遠景ニ不二ノ山、不二ヨリモサラニ高ク、新鮮ニ葦ハ戦ゲリ。
北原白秋
近景ニ一本ノ葦、遠景ニ不二ノ山、不二ヨリモサラニ高ク、新鮮ニ葦ハ戦ゲリ。
浅草哀歌 北原白秋
5分以内
  1,205 文字
われは思ふ、浅草の青き夜景を、仲見世の裏に洩るる短夜の葱のむせびを、公園の便所の瓦斯を、はた、...
浅草哀歌 北原白秋
われは思ふ、浅草の青き夜景を、仲見世の裏に洩るる短夜の葱のむせびを、公園の便所の瓦斯を、はた、澄めるアルボースの香を。
北原白秋
5分以内
  38 文字
山嶽ノ上ヲユク雲ノ軽サ、水ニウツル山嶽ノカゲノ重サ。
北原白秋
山嶽ノ上ヲユク雲ノ軽サ、水ニウツル山嶽ノカゲノ重サ。
「雪と花火」献辞 北原白秋
5分以内
  48 文字
わかき日の饗宴を忍びてこの怪しき黄と緑との詩集を“PAN”とわが「屋上庭園」の友にささぐ。
「雪と花火」献辞 北原白秋
わかき日の饗宴を忍びてこの怪しき黄と緑との詩集を“PAN”とわが「屋上庭園」の友にささぐ。
疲レ 北原白秋
5分以内
  61 文字
微風ハ純金ノ足ノウラヨリコソバユクモ笑フカナ。
疲レ 北原白秋
微風ハ純金ノ足ノウラヨリコソバユクモ笑フカナ。
風見 北原白秋
5分以内
  98 文字
ほのぼのと軋(きし)むは屋根の風見か、矢ぐるま、まんじりともせぬわがこころ、わかれた夜から、夜...
風見 北原白秋
ほのぼのと軋(きし)むは屋根の風見か、矢ぐるま、まんじりともせぬわがこころ、わかれた夜から、夜もすがら、まだ、あかつきの空かけて、きりやきり、きりやほろろ。
光ノミ 北原白秋
5分以内
  112 文字
日ハ光レリ、鏡ノ中ニ、光ノミ照リカガヤケリ、ソハアマリニ眩(マブ)シ。
光ノミ 北原白秋
日ハ光レリ、鏡ノ中ニ、光ノミ照リカガヤケリ、ソハアマリニ眩(マブ)シ。
真実 北原白秋
5分以内
  137 文字
自ラノ真実ヲ真実トスルコト、金ヲ金トシ悲シムコト、吹ク風ノオノレソヨギ、薔薇ト野菜ノムキムキニ...
真実 北原白秋
自ラノ真実ヲ真実トスルコト、金ヲ金トシ悲シムコト、吹ク風ノオノレソヨギ、薔薇ト野菜ノムキムキニ咲キ、鳥ノ飛ビ、魚ノオヨギ、虫ノ匍フコト、男ヲンナノツツマシク連レ添フコト、ミナアハレナリ、シンジツニ。
北原白秋
5分以内
  208 文字
夏の昼間のひきがへる、そなたは、なんでさびしいぞ。
北原白秋
夏の昼間のひきがへる、そなたは、なんでさびしいぞ。
文庫版「芸術の円光」覚書
(1938年)
北原白秋
5分以内
  329 文字
「芸術の円光」は昭和二年三月、アルスより刊行された。
文庫版「芸術の円光」覚書 北原白秋
「芸術の円光」は昭和二年三月、アルスより刊行された。
庭園の雨 北原白秋
5分以内
  393 文字
松の葉の青きにしとしとと雨はふる。
庭園の雨 北原白秋
松の葉の青きにしとしとと雨はふる。
「わすれなぐさ」はしがき 北原白秋
5分以内
  450 文字
少年老い易し、麗人は刻を千金の春夜に惜む。
「わすれなぐさ」はしがき 北原白秋
少年老い易し、麗人は刻を千金の春夜に惜む。
「白秋詩集」第二巻解題
(1921年)
北原白秋
5分以内
  1,023 文字
一、本巻には処女詩集「邪宗門」、抒情小曲集「思ひ出」、及び少年期の長篇数種を収めた「朱泥の馬」...
「白秋詩集」第二巻解題 北原白秋
一、本巻には処女詩集「邪宗門」、抒情小曲集「思ひ出」、及び少年期の長篇数種を収めた「朱泥の馬」、それに補遺の数篇とを輯める事にした。
「白秋詩集」第一巻解題
(1920年)
北原白秋
5分以内
  1,056 文字
一、本巻には東京景物詩「雪と花火」以後の所作を輯める事にした。
「白秋詩集」第一巻解題 北原白秋
一、本巻には東京景物詩「雪と花火」以後の所作を輯める事にした。
孟宗と七面鳥 北原白秋
5分以内
  1,157 文字
閑雅な孟宗の枯れ色は私にとつて何より親しく感じられる。
孟宗と七面鳥 北原白秋
閑雅な孟宗の枯れ色は私にとつて何より親しく感じられる。
書斎と星 北原白秋
5分以内
  1,190 文字
『東京にはお星さんがないよ。
書斎と星 北原白秋
『東京にはお星さんがないよ。
第二真珠抄
(1915年)
北原白秋
5分以内
  1,973 文字
ほのかなるものゆめはうつつにあらざりき、うつつはゆめよりなほいとし、まぼろしよりも甲斐なきはなし。
第二真珠抄 北原白秋
ほのかなるものゆめはうつつにあらざりき、うつつはゆめよりなほいとし、まぼろしよりも甲斐なきはなし。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。