白痴
坂口 安吾

『白痴』は坂口安吾の長編作品。24,183文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  24,183 文字
人気   68,116 PV
書き出し その家には人間と豚と犬と鶏と家鴨が住んでいたが、まったく、住む建物も各々の食物も殆ど変っていやしない。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む