🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める田山花袋の短編作品

青空文庫で公開されている田山花袋の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編39作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜39件 / 全39件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
アカシヤの花
(1924年)
田山花袋
30分以内
  5,082 文字
たしか長春ホテルであつたと思ふ。
アカシヤの花 田山花袋
たしか長春ホテルであつたと思ふ。
くづれた土手
(1925年)
田山花袋
30分以内
  5,164 文字
一夜すさまじく荒れた颱風の朝、Kはいつもよりも少し遅れて家を出た。
くづれた土手 田山花袋
一夜すさまじく荒れた颱風の朝、Kはいつもよりも少し遅れて家を出た。
赤い鳥居
(1925年)
田山花袋
30分以内
  5,253 文字
静夫はその高台のどんな細い道をもよく知つてゐた。
赤い鳥居 田山花袋
静夫はその高台のどんな細い道をもよく知つてゐた。
一少女
(1926年)
田山花袋
30分以内
  5,267 文字
私達が北満洲に行つた時の話ですが、あのセミヨノフ将軍の没落した後のロシアの避難民のさまは悲惨を...
一少女 田山花袋
私達が北満洲に行つた時の話ですが、あのセミヨノフ将軍の没落した後のロシアの避難民のさまは悲惨を極めたものだつたさうです。
ひとつのパラソル
(1925年)
田山花袋
30分以内
  5,120 文字
大学生のKが春の休みに帰つてからもう三日になつた。
ひとつのパラソル 田山花袋
大学生のKが春の休みに帰つてからもう三日になつた。
不思議な鳥
(1920年)
田山花袋
30分以内
  4,240 文字
芸術と実行実行と芸術との問題は、今でも新しい問題であらねばならぬ。
不思議な鳥 田山花袋
芸術と実行実行と芸術との問題は、今でも新しい問題であらねばならぬ。
父の墓
(1909年)
田山花袋
30分以内
  6,707 文字
停車場から町の入口まで半里位ある。
父の墓 田山花袋
停車場から町の入口まで半里位ある。
脱却の工夫
(1917年)
田山花袋
30分以内
  4,570 文字
O事件に対するB同人の批評は多くは普通道徳を照尺にしたやうなものであつたが、中でK・Y女史の談...
脱却の工夫 田山花袋
O事件に対するB同人の批評は多くは普通道徳を照尺にしたやうなものであつたが、中でK・Y女史の談話は、自己の実際を背景にしたものだけに一番面白いと思つた。
生滅の心理
(1917年)
田山花袋
30分以内
  4,690 文字
生と滅との相聯関してゐる形は到る処にそれを発見することが出来る。
生滅の心理 田山花袋
生と滅との相聯関してゐる形は到る処にそれを発見することが出来る。
心理の縦断と横断
(1918年)
田山花袋
30分以内
  4,694 文字
箇々の対立までは、誰でも行けるが、それから箇々の融合まで行く路が容易でない。
心理の縦断と横断 田山花袋
箇々の対立までは、誰でも行けるが、それから箇々の融合まで行く路が容易でない。
解脱非解脱
(1918年)
田山花袋
30分以内
  4,714 文字
解脱の度数解脱にも非常に度数があると共に、真剣とか、一心とか言ふことにも矢張度数がある。
解脱非解脱 田山花袋
解脱の度数解脱にも非常に度数があると共に、真剣とか、一心とか言ふことにも矢張度数がある。
草道 田山花袋
30分以内
  4,719 文字
「とてもあんなところには泊れやしないね、あんなところに泊らうもんなら何をされるかわかりやしない...
草道 田山花袋
「とてもあんなところには泊れやしないね、あんなところに泊らうもんなら何をされるかわかりやしない」かうBが言つたのは、その深い草道を半里ほどこつちに来てからであつた。
或新年の小説評
(1916年)
田山花袋
30分以内
  4,758 文字
○おくればせに新年と二月の小説を飛び/\に読んで見た。
或新年の小説評 田山花袋
○おくればせに新年と二月の小説を飛び/\に読んで見た。
初冬の記事
(1916年)
田山花袋
30分以内
  4,770 文字
また好きな初冬が来た。
初冬の記事 田山花袋
また好きな初冬が来た。
磯清水
(1925年)
田山花袋
30分以内
  4,951 文字
二人はよく裏の松林の中を散歩した。
磯清水 田山花袋
二人はよく裏の松林の中を散歩した。
島からの帰途
(1922年)
田山花袋
30分以内
  4,968 文字
KとBとは並んで歩きながら、『向うから見たのとは、感じがまた丸で違ふね?』『本当だね……』『第...
島からの帰途 田山花袋
KとBとは並んで歩きながら、『向うから見たのとは、感じがまた丸で違ふね?』『本当だね……』『第一、こんな大きな、いろいろなもののあるところとは思はなかつた。
花束
(1926年)
田山花袋
30分以内
  5,130 文字
順吉は今でもはつきりとその時のさまを思ひ出すことが出来た。
花束 田山花袋
順吉は今でもはつきりとその時のさまを思ひ出すことが出来た。
百合子
(1925年)
田山花袋
30分以内
  5,169 文字
百合子は雪解のあとのわるい路を拾ひながら、徐かに墓地から寺の門の方へと出て来た。
百合子 田山花袋
百合子は雪解のあとのわるい路を拾ひながら、徐かに墓地から寺の門の方へと出て来た。
あさぢ沼
(1926年)
田山花袋
30分以内
  5,186 文字
私は知つてゐる人に逢はないやうに沼の向う側を通つて行つた。
あさぢ沼 田山花袋
私は知つてゐる人に逢はないやうに沼の向う側を通つて行つた。
路傍の小草
(1926年)
田山花袋
30分以内
  5,193 文字
春の休みに故郷に帰つて来てゐる大学生のNのゐる室は、母屋からはずつと離れたところにあつた。
路傍の小草 田山花袋
春の休みに故郷に帰つて来てゐる大学生のNのゐる室は、母屋からはずつと離れたところにあつた。
草みち
(1925年)
田山花袋
30分以内
  5,260 文字
『此方の方に来たことはあつて?』『いゝえ』『でも、小さい時には遊びに来たことはあるでせう?そら...
草みち 田山花袋
『此方の方に来たことはあつて?』『いゝえ』『でも、小さい時には遊びに来たことはあるでせう?そら上水の岸で、つばなや何か取つたことがあるぢやないの?』『さうだつたかしら?』妹の種子は考へるやうにして言つた。
『田舎教師』について 田山花袋
30分以内
  5,285 文字
私は戦場から帰って、まもなくO君を田舎の町の寺に訪ねた。
『田舎教師』について 田山花袋
私は戦場から帰って、まもなくO君を田舎の町の寺に訪ねた。
父親
(1925年)
田山花袋
30分以内
  5,304 文字
多喜子は六歳の時に此処に来たことがあるさうであるけれども、さうした覚えは少しもなかつた。
父親 田山花袋
多喜子は六歳の時に此処に来たことがあるさうであるけれども、さうした覚えは少しもなかつた。
私の考へてゐる事
(1926年)
田山花袋
30分以内
  5,443 文字
若い人達のためには、私は第一に勉強することを勧める。
私の考へてゐる事 田山花袋
若い人達のためには、私は第一に勉強することを勧める。
耶馬渓の一夜 田山花袋
30分以内
  5,679 文字
町のお祭か何かで、中津の停車場はひどく雑沓した。
耶馬渓の一夜 田山花袋
町のお祭か何かで、中津の停車場はひどく雑沓した。
J. K. Huys Mans の小説
(1913年)
田山花袋
30分以内
  5,897 文字
J. K. Huys Mans あたりで、フランスの新らしい文章は一変したと言はれてゐる。
J. K. Huys Mans の小説 田山花袋
J. K. Huys Mans あたりで、フランスの新らしい文章は一変したと言はれてゐる。
ネギ一束 田山花袋
30分以内
  5,924 文字
ネギ一束田山花袋お作が故郷を出てこの地に来てから、もう一年になる。
ネギ一束 田山花袋
ネギ一束田山花袋お作が故郷を出てこの地に来てから、もう一年になる。
波の音
(1923年)
田山花袋
30分以内
  6,005 文字
『何うもあれは変だね?』かう大学生の小畠はそこに入つて来た旅舎の中年の女中に言つた。
波の音 田山花袋
『何うもあれは変だね?』かう大学生の小畠はそこに入つて来た旅舎の中年の女中に言つた。
日光 田山花袋
30分以内
  6,590 文字
野州はすぐれた山水の美を鍾(あつ)めてゐるので聞えてゐる。
日光 田山花袋
野州はすぐれた山水の美を鍾(あつ)めてゐるので聞えてゐる。
アンナ、パブロオナ
(1925年)
田山花袋
30分以内
  6,804 文字
「そんなにして遊んでゐて好いのかね?」「大丈夫よ」Bは笑つて、「旦那に見られては困るんぢやない...
アンナ、パブロオナ 田山花袋
「そんなにして遊んでゐて好いのかね?」「大丈夫よ」Bは笑つて、「旦那に見られては困るんぢやないか?」「そんなこと心配ないの……見つかつて、いやだつて言つたら、よして了ふばかりですもの」飽きも飽かれもせずに別れた時子とハルピンのホテルでさうした一夜を送らうとはBは思ひもかけなかつた。
スケツチ
(1916年)
田山花袋
30分以内
  7,098 文字
何うも大袈裟の議論が多い。
スケツチ 田山花袋
何うも大袈裟の議論が多い。
紅葉山人訪問記
(1912年)
田山花袋
30分以内
  7,439 文字
随分もう昔だ。
紅葉山人訪問記 田山花袋
随分もう昔だ。
時子
(1925年)
田山花袋
30分以内
  7,489 文字
Bはやつとひとりになつた。
時子 田山花袋
Bはやつとひとりになつた。
社会劇と印象派
(1914年)
田山花袋
30分以内
  7,684 文字
社会劇と印象派といふ題を設けたけれど、別に深く研究した訳ではない、唯、此頃さういふことを考へた...
社会劇と印象派 田山花袋
社会劇と印象派といふ題を設けたけれど、別に深く研究した訳ではない、唯、此頃さういふことを考へたことがあつたから、此処では自分の貧しい経験といふやうなことを中心として少し述べて見たいと思ふ。
尾崎紅葉とその作品
(1912年)
田山花袋
30分以内
  8,412 文字
『色懺悔』『夏痩』あたりから、私は紅葉の作物を手にした。
尾崎紅葉とその作品 田山花袋
『色懺悔』『夏痩』あたりから、私は紅葉の作物を手にした。

(1924年)
田山花袋
30分以内
  8,428 文字
「馬鹿に鳴くね。
田山花袋
「馬鹿に鳴くね。
ある日
(1920年)
田山花袋
30分以内
  10,455 文字
その時丁度午飯のあと片附をすませた妻は、私達の傍を通つて、そのまゝ居間の方へと行つた。
ある日 田山花袋
その時丁度午飯のあと片附をすませた妻は、私達の傍を通つて、そのまゝ居間の方へと行つた。
田山花袋
30分以内
  11,474 文字
家の中二階は川に臨んで居た。
田山花袋
家の中二階は川に臨んで居た。
船路
(1922年)
田山花袋
30分以内
  11,930 文字
大華表の下には既に舟の支度で出来て、真中の四布蒲団の上に、芝居で使ふやうな小さな角な火鉢が置か...
船路 田山花袋
大華表の下には既に舟の支度で出来て、真中の四布蒲団の上に、芝居で使ふやうな小さな角な火鉢が置かれてあるのをかれは目にした。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。