🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

内藤湖南の全作品

青空文庫で公開されている内藤湖南の全作品36篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜36件 / 全36件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
聖徳太子 内藤湖南
30分以内
  7,886 文字
聖徳太子に關して徳川時代の儒者で之を作者の聖と稱せし人があつたが、之は最も善く當つて居つて、殆...
聖徳太子 内藤湖南
聖徳太子に關して徳川時代の儒者で之を作者の聖と稱せし人があつたが、之は最も善く當つて居つて、殆んど其の人格の全體を悉して居ると思ふ。
応仁の乱に就て
(1921年)
内藤湖南
60分以内
  17,075 文字
私は應仁の亂に就て申上げることになつて居りますが、私がこんな事をお話するのは一體他流試合と申す...
応仁の乱に就て 内藤湖南
私は應仁の亂に就て申上げることになつて居りますが、私がこんな事をお話するのは一體他流試合と申すもので、一寸も私の專門に關係のないことであります、が大分若い時に本を何といふことなしに無暗に讀んだ時分に、いろいろ此時代のものを讀んだ事がありますので、それを思ひ出して少しばかり申上げることに致しました。
支那史学史概要 内藤湖南
60分以内
  17,321 文字
史記が出來てから、その次の代に、史記の後を繼いで出來たものは漢書であるが、この兩者の間に出來た...
支那史学史概要 内藤湖南
史記が出來てから、その次の代に、史記の後を繼いで出來たものは漢書であるが、この兩者の間に出來た差異の一つは、史記が通史であるのに對して漢書が斷代史であるといふことである。
卑弥呼考 内藤湖南
1時間〜
  31,701 文字
後漢書、三國志、晉書、北史等に出でたる倭國女王卑彌呼の事に關しては從來史家の考證甚だ繁く、或は...
卑弥呼考 内藤湖南
後漢書、三國志、晉書、北史等に出でたる倭國女王卑彌呼の事に關しては從來史家の考證甚だ繁く、或は之を以て我神功皇后とし、或は以て筑紫の一女酋とし、紛々として歸一する所なきが如くなるも、近時に於ては大抵後説を取る者多きに似たり。
文溯閣の四庫全書
(1912年)
内藤湖南
10分以内
  2,205 文字
凡そ書籍の事に注意する人にして、乾隆の四庫全書の名を知らざる者は少からん。
文溯閣の四庫全書 内藤湖南
凡そ書籍の事に注意する人にして、乾隆の四庫全書の名を知らざる者は少からん。
蔵書家の話
(1927年)
内藤湖南
10分以内
  3,088 文字
清朝はその初頃から有名な藏書家が多く、錢謙益及その族孫錢曾、又は季振宜などは、順治より康煕の初...
蔵書家の話 内藤湖南
清朝はその初頃から有名な藏書家が多く、錢謙益及その族孫錢曾、又は季振宜などは、順治より康煕の初年に有名であるが、併し藏書家の最盛期は乾隆の中頃以後にあるので、乾隆の末から嘉慶を經て、道光の初頃まで居つた蘇州の黄丕烈は最も有名で、殆ど清朝を通じて第一の藏書家と言つてよいのである。
敬首和尚の典籍概見
(1926年)
内藤湖南
10分以内
  3,640 文字
日本に目録學なし。
敬首和尚の典籍概見 内藤湖南
日本に目録學なし。
学変臆説
(1897年)
内藤湖南
10分以内
  3,922 文字
天運は循環するか、意ふに其の循る所の環は、完全なる圓環にあらずして、寧ろ無窮なる螺旋形を爲す者...
学変臆説 内藤湖南
天運は循環するか、意ふに其の循る所の環は、完全なる圓環にあらずして、寧ろ無窮なる螺旋形を爲す者たらんか、何となれば一個の中心點より開展して三のダイメンシヨンある空間を填充すべき一條線は、須らく無限に支派して螺形に纏繞する所の者たらざるべからざれば也。
女真種族の同源伝説
(1921年)
内藤湖南
10分以内
  3,947 文字
滿洲の各種族の中で、古くは金國を形作り、後には清朝を出した所の女眞族は、或説には既に唐の初頃か...
女真種族の同源伝説 内藤湖南
滿洲の各種族の中で、古くは金國を形作り、後には清朝を出した所の女眞族は、或説には既に唐の初頃から現れて居ると云ひ、或説には五代に始めて知れたとも云はれてゐる。
支那古典学の研究法に就きて
(1917年)
内藤湖南
30分以内
  4,348 文字
支那を解釋するには、支那人が是迄積み上げた事業と云ふ者を十分に研究して見なければならぬ。
支那古典学の研究法に就きて 内藤湖南
支那を解釋するには、支那人が是迄積み上げた事業と云ふ者を十分に研究して見なければならぬ。
寧楽
(1893年)
内藤湖南
30分以内
  4,425 文字
寧樂浪華三十日の旅寢、このたびは二度目の觀風なれば、さまでに目新らしくも思へず、東とはかはれる...
寧楽 内藤湖南
寧樂浪華三十日の旅寢、このたびは二度目の觀風なれば、さまでに目新らしくも思へず、東とはかはれる風俗など前よりは委しく知れる節もあれど、六十年の前に人の物せる「浪華の風」といふ一書、温知叢書の中に收められしといたく異なれりと見えざるは、世の移りかはり、疾しといへば、疾きが若きものから、又遲しといへば遲くもあるかな、面白かりしは此の間兩度の寧樂行なり。
維新史の資料に就て
(1922年)
内藤湖南
30分以内
  4,670 文字
いづれの世でも革命の際は必ず陰謀がこれに伴ふ。
維新史の資料に就て 内藤湖南
いづれの世でも革命の際は必ず陰謀がこれに伴ふ。
日本文化とは何ぞや(其二)
(1921年)
内藤湖南
30分以内
  4,924 文字
もう時間がありませぬので、私が御話申したいと考へました事の眞の骨組だけを、二十分ばかりにザツと...
日本文化とは何ぞや(其二) 内藤湖南
もう時間がありませぬので、私が御話申したいと考へました事の眞の骨組だけを、二十分ばかりにザツと御話してしまひたいと思ひます。
禹貢製作の時代
(1922年)
内藤湖南
30分以内
  5,969 文字
支那古代の經濟事情を研究するに就いて、尚書の禹貢が重要なる史料であることは勿論のことである。
禹貢製作の時代 内藤湖南
支那古代の經濟事情を研究するに就いて、尚書の禹貢が重要なる史料であることは勿論のことである。
日本上古の状態
(1919年)
内藤湖南
30分以内
  6,139 文字
從來日本史の研究は、何れの時代を問はず、本國の側から觀察するが常であつた。
日本上古の状態 内藤湖南
從來日本史の研究は、何れの時代を問はず、本國の側から觀察するが常であつた。
日本文化とは何ぞや(其一)
(1922年)
内藤湖南
30分以内
  6,363 文字
文化と云ふ語は、近頃流行し、何ものにでも此の二字が附せられると景氣好く見えるかのやうであるが、...
日本文化とは何ぞや(其一) 内藤湖南
文化と云ふ語は、近頃流行し、何ものにでも此の二字が附せられると景氣好く見えるかのやうであるが、しかし、一般世人が文化其の物をどれだけ理解して居るか。
染織に関する文献の研究
(1925年)
内藤湖南
30分以内
  6,550 文字
織物の發達は、世界の古い國々に於ても、支那は其の最も勝れた國であつて、殊に蠶絲の發達が古代から...
染織に関する文献の研究 内藤湖南
織物の發達は、世界の古い國々に於ても、支那は其の最も勝れた國であつて、殊に蠶絲の發達が古代からあつて、之を西洋の方にも輸出したのは前漢頃からでもあらうかと思はれ、日本に輸出されたのは後漢頃からではあるまいかと思はれる。
北派の書論
(1911年)
内藤湖南
30分以内
  7,263 文字
清朝の近代即ち道光頃からして、書に南北兩派と云ふことが唱へられて、殊に北派の書が漸々流行し掛け...
北派の書論 内藤湖南
清朝の近代即ち道光頃からして、書に南北兩派と云ふことが唱へられて、殊に北派の書が漸々流行し掛けて來た。
平安朝時代の漢文学
(1920年)
内藤湖南
30分以内
  7,818 文字
平安朝の前半期には專ら漢文學が行はれ、後半期には國文學が興つたが、此の國文學が興つたのは漢文學...
平安朝時代の漢文学 内藤湖南
平安朝の前半期には專ら漢文學が行はれ、後半期には國文學が興つたが、此の國文學が興つたのは漢文學の刺激に依るのである。
概括的唐宋時代観
(1922年)
内藤湖南
30分以内
  7,822 文字
唐宋時代といふことは普通に用ふる語なるが、歴史特に文化史的に考察すると、實は意味をなさぬ語である。
概括的唐宋時代観 内藤湖南
唐宋時代といふことは普通に用ふる語なるが、歴史特に文化史的に考察すると、實は意味をなさぬ語である。
大阪の町人と学問
(1922年)
内藤湖南
30分以内
  7,914 文字
大阪の町人の學問については、豫て私の友人幸田成友君などが隨分精細な調べをされて、大阪市史にも載...
大阪の町人と学問 内藤湖南
大阪の町人の學問については、豫て私の友人幸田成友君などが隨分精細な調べをされて、大阪市史にも載せられて居るから、私が茲に語らんとする所は、大阪の町人と學問との關係について、私一個の考察を申述べるに過ぎない。
易疑
(1923年)
内藤湖南
30分以内
  8,788 文字
易に關する疑問は古くは宋の歐陽修に易童子問の著あり、我邦に於ても伊藤東涯などからして新らしく研...
易疑 内藤湖南
易に關する疑問は古くは宋の歐陽修に易童子問の著あり、我邦に於ても伊藤東涯などからして新らしく研究する學者があつて、最近には我が本田成之君が、本誌上に於て作易年代考を發表せられた。
日本の肖像画と鎌倉時代
(1920年)
内藤湖南
30分以内
  9,566 文字
我國の繪畫が主として支那に起原せる事は勿論にして、支那の繪畫が時代によりて變遷ある毎に我國にも...
日本の肖像画と鎌倉時代 内藤湖南
我國の繪畫が主として支那に起原せる事は勿論にして、支那の繪畫が時代によりて變遷ある毎に我國にも影響せし事は疑なし。
章学誠の史学
(1928年)
内藤湖南
30分以内
  10,964 文字
清朝の乾隆嘉慶の時代は考據の學が全盛を極めた時であつて、經學は勿論史學に於ても考據の大家たる錢...
章学誠の史学 内藤湖南
清朝の乾隆嘉慶の時代は考據の學が全盛を極めた時であつて、經學は勿論史學に於ても考據の大家たる錢大※・王鳴盛などといふ人が出て、史學の風潮を全く考據に傾けたのであつた。
爾雅の新研究
(1921年)
内藤湖南
60分以内
  12,920 文字
爾雅の研究に就いては余は嘗て之を二つの方面から考へたことがある。
爾雅の新研究 内藤湖南
爾雅の研究に就いては余は嘗て之を二つの方面から考へたことがある。
日本国民の文化的素質
(1929年)
内藤湖南
60分以内
  13,101 文字
今日申します演題は「日本國民の文化的素質」斯う云ふ風な事を申上げることに致しましたのですが、私...
日本国民の文化的素質 内藤湖南
今日申します演題は「日本國民の文化的素質」斯う云ふ風な事を申上げることに致しましたのですが、私は此の問題は前から種々考へて居りますけれども、もう少し悠り考へを纏めようと思ひまして、今日迄何處でも之に就いて講演したこともありません。
尚書稽疑
(1921年)
内藤湖南
60分以内
  13,228 文字
所謂先秦の古書は其の最初編成されてより以後、或は増竄を生じ、或は錯脱を生じ、今日現存せる篇帙が...
尚書稽疑 内藤湖南
所謂先秦の古書は其の最初編成されてより以後、或は増竄を生じ、或は錯脱を生じ、今日現存せる篇帙が最初のものと異つて來てゐることは、何れの書にも通有の事實であつて、幾んど原形のまゝの者はないと謂ふも過言ではあるまいと思ふ。
支那に於ける史の起源
(1915年)
内藤湖南
60分以内
  13,482 文字
支那に於ける史の起源内藤湖南支那に於ける史の起源に就て述べようと思ふのですが、此の史といふ字に...
支那に於ける史の起源 内藤湖南
支那に於ける史の起源内藤湖南支那に於ける史の起源に就て述べようと思ふのですが、此の史といふ字には支那では二樣の意義を持つ事になります、一は歴史の書籍の方の意義で、一は歴史を掌る官吏、即ち史官の事になります、其の史籍の方の起源になりますと種々込入つて居りますので、今日は單に史官の起原の事に就てお話を致さうと思ひます。
支那歴史的思想の起源
(1933年)
内藤湖南
60分以内
  16,442 文字
近頃は私は田舍にばかり引つ込んで居りまして皆さんにお目に掛る機會が少いのでありますが、今度何か...
支那歴史的思想の起源 内藤湖南
近頃は私は田舍にばかり引つ込んで居りまして皆さんにお目に掛る機會が少いのでありますが、今度何か支那學會の大會でお話をしろといふことでございますので、段々老衰を致しまして、新しく何物かを調べてお話をするといふやうな大儀なことは叶ひませんから、何ぞ何も新しく調べんでもよいものが思ひ出せたらお引受けしませうと言つて居りました。
支那の書目に就いて
(1913年)
内藤湖南
60分以内
  17,397 文字
今日は支那の書目に就いて申上げるのでありますが、第一に申上げたいのは、支那の書目の分類の仕方の...
支那の書目に就いて 内藤湖南
今日は支那の書目に就いて申上げるのでありますが、第一に申上げたいのは、支那の書目の分類の仕方の變遷でございます。
近代支那の文化生活
(1928年)
内藤湖南
60分以内
  17,918 文字
問題は如何にもハイカラに聞こえる問題でありまして、近頃の考へに向きさうでありますけれども、材料...
近代支那の文化生活 内藤湖南
問題は如何にもハイカラに聞こえる問題でありまして、近頃の考へに向きさうでありますけれども、材料は私が考へて居る材料でありますから、至つて古臭いので、一向内容にハイカラな所はありませぬ。
日本文化の独立
(1922年)
内藤湖南
60分以内
  18,359 文字
私はお話致します前に、お斷はり致して置きたいのは、一體私は日本歴史の專攻者でありませんので、今...
日本文化の独立 内藤湖南
私はお話致します前に、お斷はり致して置きたいのは、一體私は日本歴史の專攻者でありませんので、今までお話になつた三人の方のやうに、皆日本のことを專門に研究して居られるのとは一寸別だといふことであります。
近畿地方に於ける神社
(1919年)
内藤湖南
60分以内
  19,729 文字
私のお話致しますのは、「近畿地方に於ける神社」と申します。
近畿地方に於ける神社 内藤湖南
私のお話致しますのは、「近畿地方に於ける神社」と申します。
大阪の町人学者富永仲基
(1925年)
内藤湖南
60分以内
  20,643 文字
大阪毎日新聞が、一萬五千號のお祝で講演會を催されるといふことで、私にも出るやうにとのお話で出て...
大阪の町人学者富永仲基 内藤湖南
大阪毎日新聞が、一萬五千號のお祝で講演會を催されるといふことで、私にも出るやうにとのお話で出て參りました。
弘法大師の文芸
(1912年)
内藤湖南
1時間〜
  26,310 文字
弘法大師の事に就きましては、年々こちらで講演がありまして、殊に今日見えて居ります谷本博士の講演...
弘法大師の文芸 内藤湖南
弘法大師の事に就きましては、年々こちらで講演がありまして、殊に今日見えて居ります谷本博士の講演は、私も拜聽も致し、又其の後小册子として印刷せられましたものも拜見いたしました。
支那目録学 内藤湖南
1時間〜
  55,106 文字
目録學は支那には古くからあるが、日本には今もつて無い。
支那目録学 内藤湖南
目録學は支那には古くからあるが、日本には今もつて無い。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。