🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める蘭郁二郎の短編作品

青空文庫で公開されている蘭郁二郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編5作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜5件 / 全5件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
舌打する
(1932年)
蘭郁二郎
5分以内
  646 文字
チェッ、と野村は舌打をすることがよくあった。
舌打する 蘭郁二郎
チェッ、と野村は舌打をすることがよくあった。
古傷
(1932年)
蘭郁二郎
5分以内
  666 文字
――私は自分の弱い心を誤魔化す為に、先刻から飲めもしない酒を飲み続けていた。
古傷 蘭郁二郎
――私は自分の弱い心を誤魔化す為に、先刻から飲めもしない酒を飲み続けていた。
休刊的終刊
(1938年)
蘭郁二郎
5分以内
  1,155 文字
「シュピオ」は本号で第四巻第三号を数えた。
休刊的終刊 蘭郁二郎
「シュピオ」は本号で第四巻第三号を数えた。
幻聴
(1934年)
蘭郁二郎
5分以内
  1,484 文字
ああ皆様、なんという私は、この呪われた運命の下に生れなければならなかったのでございましょう。
幻聴 蘭郁二郎
ああ皆様、なんという私は、この呪われた運命の下に生れなければならなかったのでございましょう。
孤独
(1932年)
蘭郁二郎
5分以内
  2,000 文字
洋次郎は、銀座の裏通りにある“ツリカゴ”という、小さい喫茶店が気に入って、何時からとはなく、そ...
孤独 蘭郁二郎
洋次郎は、銀座の裏通りにある“ツリカゴ”という、小さい喫茶店が気に入って、何時からとはなく、そこの常連みたいになっていた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。