🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める蘭郁二郎の中編作品

青空文庫で公開されている蘭郁二郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編7作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜7件 / 全7件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
脳波操縦士
(1938年)
蘭郁二郎
60分以内
  16,777 文字
森源の温室奥伊豆――と呼ばれているこのあたりは、東京からいって、地理的にはほんの僅かな距離にあ...
脳波操縦士 蘭郁二郎
森源の温室奥伊豆――と呼ばれているこのあたりは、東京からいって、地理的にはほんの僅かな距離にあるのに、まるで別天地といってもよいほど、南国のような、澄み切った紺碧の空と、そして暖かい光線に充ち満ちていた。
白金神経の少女
(1939年)
蘭郁二郎
60分以内
  12,195 文字
バー・オパール日が暮れて、まだ間もない時分だった。
白金神経の少女 蘭郁二郎
バー・オパール日が暮れて、まだ間もない時分だった。
植物人間
(1940年)
蘭郁二郎
60分以内
  13,850 文字
鬱蒼と膨れあがって見える雑木の森が、左右から迫っている崖に地肌も見えぬばかり覆いかぶさっていた。
植物人間 蘭郁二郎
鬱蒼と膨れあがって見える雑木の森が、左右から迫っている崖に地肌も見えぬばかり覆いかぶさっていた。
地図にない島
(1939年)
蘭郁二郎
60分以内
  14,268 文字
痛いばかりに澄み切った青空に、赤蜻蛉(とんぼ)がすーい、すーいと飛んでいた。
地図にない島 蘭郁二郎
痛いばかりに澄み切った青空に、赤蜻蛉(とんぼ)がすーい、すーいと飛んでいた。
蝱の囁き
(1936年)
蘭郁二郎
60分以内
  14,502 文字
一、暁方は森の匂いがする六月の爽やかな暁風が、私の微動もしない頬を撫(なで)た。
蝱の囁き 蘭郁二郎
一、暁方は森の匂いがする六月の爽やかな暁風が、私の微動もしない頬を撫(なで)た。
腐った蜉蝣
(1937年)
蘭郁二郎
60分以内
  18,244 文字
黄昏――その、ほのぼのとした夕靄が、地肌からわき騰って来る時間になると、私は何かしら凝乎として...
腐った蜉蝣 蘭郁二郎
黄昏――その、ほのぼのとした夕靄が、地肌からわき騰って来る時間になると、私は何かしら凝乎としてはいられなくなるのであった。
宇宙爆撃 蘭郁二郎
60分以内
  19,777 文字
所長の発表が終ると、文字通り急霰のような拍手がまき起った。
宇宙爆撃 蘭郁二郎
所長の発表が終ると、文字通り急霰のような拍手がまき起った。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。