🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

10分以内で読める北村透谷の短編作品

青空文庫で公開されている北村透谷の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編18作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜18件 / 全18件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
「桂川」(吊歌)を評して情死に及ぶ
(1893年)
北村透谷
10分以内
  2,871 文字
まづ祝すべきは市谷の詩人が俗嘲を顧みずして、この新らしき題目を歌ひたることなり。
「桂川」(吊歌)を評して情死に及ぶ 北村透谷
まづ祝すべきは市谷の詩人が俗嘲を顧みずして、この新らしき題目を歌ひたることなり。
罪と罰(内田不知庵訳)
(1892年)
北村透谷
10分以内
  2,537 文字
沈痛、悲慘、幽悽なる心理的小説「罪と罰」は彼の奇怪なる一大巨人(露西亞)の暗黒なる社界の側面を...
罪と罰(内田不知庵訳) 北村透谷
沈痛、悲慘、幽悽なる心理的小説「罪と罰」は彼の奇怪なる一大巨人(露西亞)の暗黒なる社界の側面を暴露して餘(あま)すところなしと言ふべし。
哀詞序
(1893年)
北村透谷
10分以内
  2,153 文字
歓楽は長く留り難く、悲音は尽くる時を知らず。
哀詞序 北村透谷
歓楽は長く留り難く、悲音は尽くる時を知らず。
秋窓雑記
(1892年)
北村透谷
10分以内
  2,381 文字
第かなしきものは秋なれど、また心地好きものも秋なるべし。
秋窓雑記 北村透谷
第かなしきものは秋なれど、また心地好きものも秋なるべし。
熱意
(1893年)
北村透谷
10分以内
  2,432 文字
真贄の隣に熱意なる者あり。
熱意 北村透谷
真贄の隣に熱意なる者あり。
富嶽の詩神を思ふ
(1893年)
北村透谷
10分以内
  2,560 文字
空を望んで駿駆する日陽、虚に循つて警立する候節、天地の運流、いつを以て極みとはするならん。
富嶽の詩神を思ふ 北村透谷
空を望んで駿駆する日陽、虚に循つて警立する候節、天地の運流、いつを以て極みとはするならん。
最後の勝利者は誰ぞ
(1892年)
北村透谷
10分以内
  2,648 文字
人生は戦争の歴史なり。
最後の勝利者は誰ぞ 北村透谷
人生は戦争の歴史なり。
頑執妄排の弊
(1893年)
北村透谷
10分以内
  2,907 文字
宇宙を観察するの途二あり、一は宇宙を「死躰」として観るにあり、他は宇宙を「生躰」として観るにあ...
頑執妄排の弊 北村透谷
宇宙を観察するの途二あり、一は宇宙を「死躰」として観るにあり、他は宇宙を「生躰」として観るにあり、人生を観察するの途二あり、一は人生を今世に限られたるものとして観るにあり、他は人生を未来に亘るものとして観るにあり。
復讐・戦争・自殺 北村透谷
10分以内
  3,041 文字
復讐人間の心界に、頭は神にして脚は鬼なる怪物棲(す)めり。
復讐・戦争・自殺 北村透谷
復讐人間の心界に、頭は神にして脚は鬼なる怪物棲(す)めり。
客居偶録
(1893年)
北村透谷
10分以内
  3,185 文字
其旅心暫らく都門熱閙の地を離れて、身を閑寂たる漁村に投ず。
客居偶録 北村透谷
其旅心暫らく都門熱閙の地を離れて、身を閑寂たる漁村に投ず。
「罪と罰」の殺人罪
(1893年)
北村透谷
10分以内
  3,277 文字
不知庵主人の譯(やく)に成りし罪と罰に對(たい)する批評仲々に盛なりとは聞けるが、病氣其他の事...
「罪と罰」の殺人罪 北村透谷
不知庵主人の譯(やく)に成りし罪と罰に對(たい)する批評仲々に盛なりとは聞けるが、病氣其他の事ありて余が今日までに見たるは僅に四五種のみ、而(しか)して其中にも學海先生が國民の友に掲げられし評文は特に見目立ちて見えぬ。
情熱
(1893年)
北村透谷
10分以内
  3,324 文字
ミルトンは情熱を以て大詩人の一要素としたり。
情熱 北村透谷
ミルトンは情熱を以て大詩人の一要素としたり。
人生の意義
(1893年)
北村透谷
10分以内
  3,361 文字
人間の外に人間を研究すべき者なし、ライフある者の外にライフを研究すべき者なし。
人生の意義 北村透谷
人間の外に人間を研究すべき者なし、ライフある者の外にライフを研究すべき者なし。
鬼心非鬼心
(1892年)
北村透谷
10分以内
  3,418 文字
悲しき事の、さても世には多きものかな、われは今読者と共に、しばらく空想と虚栄の幻影を離れて、ま...
鬼心非鬼心 北村透谷
悲しき事の、さても世には多きものかな、われは今読者と共に、しばらく空想と虚栄の幻影を離れて、まことにありし一悲劇を語るを聞かむ。
トルストイ伯
(1892年)
北村透谷
10分以内
  3,497 文字
「聖くまことなる心、無極の意と相繋がる意、世の雑染を離れて神に達するの眼、是等の三要素を兼有す...
トルストイ伯 北村透谷
「聖くまことなる心、無極の意と相繋がる意、世の雑染を離れて神に達するの眼、是等の三要素を兼有する詩人文客の詞句を聴くは楽しむ可きかな。
一種の攘夷思想
(1892年)
北村透谷
10分以内
  3,579 文字
三千年を流るゝ長江漫※(も)[#「さんずい+(くさかんむり/奔)」、83-上-3]たり、其始め...
一種の攘夷思想 北村透谷
三千年を流るゝ長江漫※(も)[#「さんずい+(くさかんむり/奔)」、83-上-3]たり、其始めは神委にして、極めて自然なる悖生にゆだねたり、仲頃、唐宋の学芸を誘引し、印度の幽玄なる哲学的宗教に化育せられたりと雖(いへども)、凡ての羣流、凡ての涓※(も)(けんくわい)[#「さんずい+會」、83-上-5]を合せて、長江は依然として長江なり。
松島に於て芭蕉翁を読む
(1892年)
北村透谷
10分以内
  3,752 文字
余が松島に入りたるは、四月十日の夜なりき。
松島に於て芭蕉翁を読む 北村透谷
余が松島に入りたるは、四月十日の夜なりき。
粋を論じて「伽羅枕」に及ぶ
(1902年)
北村透谷
10分以内
  3,941 文字
心して我文学史を読む者、必らず徳川氏文学中に粋なる者の勢力おろそかならざりしを見む。
粋を論じて「伽羅枕」に及ぶ 北村透谷
心して我文学史を読む者、必らず徳川氏文学中に粋なる者の勢力おろそかならざりしを見む。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。