🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める甲賀三郎の中編作品

青空文庫で公開されている甲賀三郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編7作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜7件 / 全7件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
急行十三時間
(1926年)
甲賀三郎
60分以内
  13,369 文字
箱根山にかかると、車内も大分落着いて来た。
急行十三時間 甲賀三郎
箱根山にかかると、車内も大分落着いて来た。
蜘蛛
(1930年)
甲賀三郎
60分以内
  12,161 文字
辻川博士の奇怪な研究室は葉の落ちた欅(けやき)の大木にかこまれて、それらの木と高さを争うように...
蜘蛛 甲賀三郎
辻川博士の奇怪な研究室は葉の落ちた欅(けやき)の大木にかこまれて、それらの木と高さを争うように、亭々として地上三十尺あまりにそびえている支柱の上に乗っていた。
愛の為めに
(1926年)
甲賀三郎
60分以内
  13,084 文字
夫の手記私はさっきから自動車を待つ人混みの中で、一人の婦人に眼を惹かれていた。
愛の為めに 甲賀三郎
夫の手記私はさっきから自動車を待つ人混みの中で、一人の婦人に眼を惹かれていた。
五階の窓
(1926年)
甲賀三郎
60分以内
  13,819 文字
15西村電機商会主西村陽吉が変死を遂げてから二日目の朝、暁方からどんよりと曇っていた空は十時ご...
五階の窓 甲賀三郎
15西村電機商会主西村陽吉が変死を遂げてから二日目の朝、暁方からどんよりと曇っていた空は十時ごろになると粉雪をちらちら降らしはじめた。
青服の男
(1939年)
甲賀三郎
60分以内
  15,345 文字
奇怪な死人別荘――といっても、二昔も以前に建てられて、近頃では余り人が住んだらしくない、古めか...
青服の男 甲賀三郎
奇怪な死人別荘――といっても、二昔も以前に建てられて、近頃では余り人が住んだらしくない、古めかしい家の中から、一人の百姓女が毬(まり)のように飛出して来た。
琥珀のパイプ
(1924年)
甲賀三郎
60分以内
  19,703 文字
私は今でもあの夜の光景を思い出すとゾットする。
琥珀のパイプ 甲賀三郎
私は今でもあの夜の光景を思い出すとゾットする。
ニッケルの文鎮 甲賀三郎
60分以内
  20,142 文字
ええ、お話しするわ、あたしどうせお喋りだわ。
ニッケルの文鎮 甲賀三郎
ええ、お話しするわ、あたしどうせお喋りだわ。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。