正岡子規の全作品

青空文庫で公開されている正岡子規の作品68篇を、おすすめ人気順に表示しています。


全68件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
病牀六尺正岡子規
1時間〜
  96,952文字
  ○病床六尺、これが我世界である。
病牀六尺正岡子規
1時間〜
墨汁一滴正岡子規
1時間〜
  89,291文字
  病める枕辺(まくらべ)に巻紙状袋(じょうぶくろ)など入れたる…
墨汁一滴正岡子規
1時間〜
歌よみに与ふる書正岡子規
60分以内
  19,925文字
  仰(おおせ)の如(ごと)く近来和歌は一向に振ひ不申(もうさず…
歌よみに与ふる書正岡子規
60分以内
俳人蕪村正岡子規
1時間〜
  31,916文字
  芭蕉(ばしょう)新たに俳句界を開きしよりここに二百年、その間…
俳人蕪村正岡子規
1時間〜
万葉集を読む正岡子規
30分以内
  5,858文字
 四月十五日草廬に於いて萬葉集輪講會を開く。
万葉集を読む正岡子規
30分以内
ベースボール正岡子規
30分以内
  6,487文字
 ○ベースボール に至りてはこれを行う者極めて少くこれを知る人…
ベースボール正岡子規
30分以内
万葉集巻十六正岡子規
30分以内
  4,133文字
 萬葉集は歌集の王なり。
万葉集巻十六正岡子規
30分以内
俳句の初歩正岡子規
30分以内
  7,303文字
 客あり。
俳句の初歩正岡子規
30分以内
歌よみに与ふる書正岡子規
60分以内
  20,890文字
 仰(おおせ)のごとく近来和歌は一向に振(ふる)い不申(もうさ…
歌よみに与ふる書正岡子規
60分以内
古池の句の弁正岡子規
60分以内
  15,650文字
 客あり。
古池の句の弁正岡子規
60分以内
俳句上の京と江戸正岡子規
30分以内
  8,041文字
 京都から『種ふくべ』という俳諧の雑誌を出すから、私にも何か一…
俳句上の京と江戸正岡子規
30分以内
くだもの正岡子規
30分以内
  8,669文字
 植物学の上より見たるくだものでもなく、産物学の上より見たるく…
くだもの正岡子規
30分以内
あきまろに答ふ正岡子規
5分以内
  1,917文字
 「も」の字につきて質問に御答申候。
あきまろに答ふ正岡子規
5分以内
四百年後の東京正岡子規
10分以内
  2,750文字
 都会の中央、絶壁屏風の如く、緑滴(したた)り水流れ、気清く神…
四百年後の東京正岡子規
10分以内
正岡子規
5分以内
  1,964文字
○昔から名高い恋はいくらもあるがわれは就中(なかんずく)八百…
正岡子規
5分以内
俳諧大要正岡子規
1時間〜
  53,213文字
ここに花山(かざん)といへる盲目の俳士あり。
俳諧大要正岡子規
1時間〜
字余りの和歌俳句正岡子規
5分以内
  1,454文字
短歌三十一文字と定まりたるを三十二文字乃至三十六文字となし俳…
字余りの和歌俳句正岡子規
5分以内
旅の旅の旅正岡子規
30分以内
  5,737文字
汽笛一声京城を後にして五十三亭一日に見尽すとも水村山郭の絶風…
旅の旅の旅正岡子規
30分以内
正岡子規
30分以内
  5,785文字
○斯う生きて居たからとて面白い事も無いから、一寸死んで来られ…
正岡子規
30分以内
従軍紀事正岡子規
60分以内
  12,791文字
国あり新聞なかるべからず。
従軍紀事正岡子規
60分以内
死後正岡子規
30分以内
  6,867文字
人間は皆一度ずつ死ぬるのであるという事は、人間皆知って居るわ…
死後正岡子規
30分以内
歌よみに与ふる書正岡子規
60分以内
  17,262文字
仰(おほせ)の如く近來和歌は一向に振ひ不申(まをさず)候。
歌よみに与ふる書正岡子規
60分以内
正岡子規
5分以内
  1,228文字
長い/\話をつゞめていふと、昔天竺に閼迦衛奴国といふ国があつ…
正岡子規
5分以内
花枕正岡子規
30分以内
  7,109文字
神の工(たくみ)が削りなしけん千仞の絶壁、上(うへ)平(たひ…
花枕正岡子規
30分以内
俳人蕪村正岡子規
1時間〜
  32,306文字
芭蕉新(あらた)に俳句界を開きしよりここに二百年、その間出づ…
俳人蕪村正岡子規
1時間〜
病牀瑣事正岡子規
5分以内
  1,464文字
○我ながらなが/\しき病に飽きはてゝ、つれ/″\のやるかたな…
病牀瑣事正岡子規
5分以内
飯待つ間正岡子規
5分以内
  1,829文字
余は昔から朝飯を喰わぬ事にきめて居る故(ゆえ)病人ながらも腹…
飯待つ間正岡子規
5分以内
病牀苦語正岡子規
30分以内
  11,673文字
○この頃は痛さで身動きも出来ず煩悶の余り精神も常に穏やかなら…
病牀苦語正岡子規
30分以内
ランプの影正岡子規
10分以内
  2,556文字
病(やまい)の牀(とこ)に仰向に寐てつまらなさに天井を睨(に…
ランプの影正岡子規
10分以内
初夢正岡子規
30分以内
  5,149文字
(座敷の真中に高脚の雑煮膳が三つ四つ据えてある。
初夢正岡子規
30分以内
日光の紅葉正岡子規
5分以内
  1,326文字
春の花は見るが野暮なり、秋の紅葉は見ぬが野暮なりと独り諺をこ…
日光の紅葉正岡子規
5分以内
正岡子規
5分以内
  1,736文字
○空はうらゝかに風はあたゝかで、今日は天上に神様だちの舞踏会…
正岡子規
5分以内
正岡子規
30分以内
  6,257文字
○こう生きて居たからとて面白い事もないから、ちょっと死んで来…
正岡子規
30分以内
正岡子規
5分以内
  408文字
○一つ橋外の学校の寄宿舎に居る時に、明日は三角術の試験だとい…
正岡子規
5分以内
人々に答ふ正岡子規
60分以内
  23,948文字
歌の事につきては諸君より種々御注意御忠告を辱(かたじけの)う…
人々に答ふ正岡子規
60分以内
徒歩旅行を読む正岡子規
10分以内
  2,237文字
紀行文をどう書いたら善いかという事は紀行の目的によって違う。
徒歩旅行を読む正岡子規
10分以内
曙覧の歌正岡子規
60分以内
  15,238文字
余の初め歌を論ずる、ある人余に勧めて俊頼(としより)集、文雄…
曙覧の歌正岡子規
60分以内
寒山落木 巻一正岡子規
1時間〜
  44,078文字
寒山落木卷正岡子規寒山落木明治十八年ヨリ同二十五年マデ第一…
寒山落木 巻一正岡子規
1時間〜
九月十四日の朝正岡子規
5分以内
  1,407文字
朝蚊帳の中で目が覺めた。
九月十四日の朝正岡子規
5分以内
読書弁正岡子規
30分以内
  5,008文字
大凡一個の人間の慾には一定の分量ある者と思はる。
読書弁正岡子規
30分以内
夜寒十句正岡子規
5分以内
  898文字
虚子を猿楽町に訪ひて夜に入りて帰途に就く。
夜寒十句正岡子規
5分以内
小園の記正岡子規
10分以内
  2,477文字
我に二十坪の小園あり。
小園の記正岡子規
10分以内
すゞし正岡子規
5分以内
  1,404文字
「すゞし」といふ語は「すが/\し」のつゞまりたるにやと覚ゆれ…
すゞし正岡子規
5分以内
夏の夜の音正岡子規
5分以内
  1,392文字
時は明治卅二年七月十二日夜、処は上根岸の某邸の構内の最も奥の…
夏の夜の音正岡子規
5分以内
ラムプの影正岡子規
10分以内
  2,285文字
病の牀に仰向に寐てつまらなさに天井を睨んで居ると天井板の木目…
ラムプの影正岡子規
10分以内
再び歌よみに与ふる書正岡子規
5分以内
  1,787文字
貫之は下手な歌よみにて古今集はくだらぬ集に有之候。
再び歌よみに与ふる書正岡子規
5分以内
東西南北序正岡子規
5分以内
  464文字
鐵幹、歌を作らず。
東西南北序正岡子規
5分以内
闇汁図解正岡子規
5分以内
  1,364文字
一、時は明治卅二年十月二十一日午後四時過、處は保等登藝須發行…
闇汁図解正岡子規
5分以内
かけはしの記正岡子規
30分以内
  6,235文字
浮世の病ひ頭に上りては哲学の研究も惑病同源の理を示さず。
かけはしの記正岡子規
30分以内
高尾紀行正岡子規
5分以内
  114文字
旅は二日道連は二人旅行道具は足二本ときめて十二月七日朝例の翁…
高尾紀行正岡子規
5分以内