北条民雄の全作品

青空文庫で公開されている北条民雄の作品45篇を、おすすめ人気順に表示しています。


全45件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
いのちの初夜北条民雄
1時間〜
  25,450文字
 駅を出て二十分ほども雑木林の中を歩くともう病院の生垣が見え始…
いのちの初夜北条民雄
1時間〜
童貞記北条民雄
5分以内
  1,391文字
 はかなくうら悲しい日が続く。
童貞記北条民雄
5分以内
重病室日誌北条民雄
30分以内
  6,823文字
 ×月×日。
重病室日誌北条民雄
30分以内
白痴北条民雄
5分以内
  1,621文字
 親父は大酒飲みで、ろくすつぽ仕事もせず毎日酔つぱらつては大道…
白痴北条民雄
5分以内
キリスト者の告白北条民雄
10分以内
  2,669文字
 詩話会は夜の六時から始まることになつてゐた。
キリスト者の告白北条民雄
10分以内
月日北条民雄
10分以内
  3,904文字
 一歩一歩注意深く足を踏みしめて、野村は歩いた。
月日北条民雄
10分以内
北条民雄
5分以内
  474文字
 急に高まつて来た室内のざわめきに、さつきから、睡るでもなく睡…
北条民雄
5分以内
盂蘭盆北条民雄
10分以内
  3,046文字
 一号室ではまた盆踊りの練習が始まつた。
盂蘭盆北条民雄
10分以内
大阪の一夜北条民雄
5分以内
  537文字
十日ほども降り続いた梅雨があけると、おそろしくむし暑い日が続…
大阪の一夜北条民雄
5分以内
人間再建北条民雄
5分以内
  628文字
私は彼の告白記を紹介する前に、一応私と彼との関係や、間柄を記…
人間再建北条民雄
5分以内
間木老人北条民雄
60分以内
  18,694文字
この病院に入院してから三ヶ月程過ぎたある日、宇津は、この病院…
間木老人北条民雄
60分以内
鬼神北条民雄
30分以内
  6,468文字
あれからもう三年経つた。
鬼神北条民雄
30分以内
無題Ⅰ北条民雄
10分以内
  2,049文字
太陽はもう山の向うに落ちてしまつたが、まだあたりは明るかつた…
無題Ⅰ北条民雄
10分以内
邂逅北条民雄
5分以内
  1,095文字
高等科二年の多吉は、ある夕方、校門を出るとただ一人きりで家路…
邂逅北条民雄
5分以内
癩者北条民雄
5分以内
  423文字
それを見たとたん、秋津栄三はがつくりと膝を折つてそのまま地べ…
癩者北条民雄
5分以内
癩を病む青年達北条民雄
60分以内
  15,829文字
他の慢性病もやはりさうであらうが、癩といへども、罹つたが最後…
癩を病む青年達北条民雄
60分以内
青い焔北条民雄
30分以内
  5,141文字
霧の深い夜が毎晩のやうに続いた。
青い焔北条民雄
30分以内
青春の天刑病者達北条民雄
30分以内
  10,196文字
黒ぐろとうちつづいた雑木林の間から流れ出る夜霧が、月光を浴び…
青春の天刑病者達北条民雄
30分以内
道化芝居北条民雄
1時間〜
  46,269文字
どんよりと曇つた夕暮である。
道化芝居北条民雄
1時間〜
戯画北条民雄
30分以内
  4,986文字
彼女は非常に秀れた頭脳を持つてゐたのだと僕は思ふよ、これとい…
戯画北条民雄
30分以内
続重病室日誌北条民雄
30分以内
  6,987文字
九月二十四日。
続重病室日誌北条民雄
30分以内
青年北条民雄
30分以内
  7,101文字
朝のうちに神戸港を出帆した汽船浪花丸がひどくたどたどしい足ど…
青年北条民雄
30分以内
無題Ⅱ北条民雄
5分以内
  1,432文字
この部屋には東と北とに窓がある。
無題Ⅱ北条民雄
5分以内
外に出た友北条民雄
10分以内
  3,121文字
「二三年、娑婆の風にあたつて来るよ。
外に出た友北条民雄
10分以内
眼帯記北条民雄
30分以内
  8,636文字
眼帯記北條民雄ある朝、眼をさましてみると、何が重たいものが…
眼帯記北条民雄
30分以内
可愛いポール北条民雄
10分以内
  2,125文字
ミコちゃんの小犬は、ほんとうに可愛いものです。
可愛いポール北条民雄
10分以内
すみれ北条民雄
10分以内
  2,231文字
昼でも暗いような深い山奥で、音吉じいさんは暮して居りました。
すみれ北条民雄
10分以内
赤い斑紋北条民雄
5分以内
  1,250文字
都美は、このごろ、夕暮になると、その少年に逢ひに行くのが、癖…
赤い斑紋北条民雄
5分以内
井の中の正月の感想北条民雄
5分以内
  1,344文字
諸君は井戸の中の蛙だと、癩者に向つて断定した男が近頃現れた。
井の中の正月の感想北条民雄
5分以内
覚え書北条民雄
5分以内
  1,663文字
癩文学といふものがあるかないか私は知らぬが、しかしよしんば癩…
覚え書北条民雄
5分以内
書けない原稿北条民雄
5分以内
  1,731文字
今日は二月の二十七日だ。
書けない原稿北条民雄
5分以内
孤独のことなど北条民雄
5分以内
  1,492文字
――美しいものは一番危つかしい。
孤独のことなど北条民雄
5分以内
頃日雑記北条民雄
10分以内
  3,301文字
朝、起き上るたびに私は一種不可解な気持をもつてあたりを見廻さ…
頃日雑記北条民雄
10分以内
精神のへど北条民雄
10分以内
  2,742文字
「兄弟よ。
精神のへど北条民雄
10分以内
続癩院記録北条民雄
30分以内
  11,522文字
十個の重病室があり、各室五名づつの附添夫が重病人の世話をして…
続癩院記録北条民雄
30分以内
断想北条民雄
5分以内
  1,539文字
自殺を覚悟するとみな一種の狂人か、放心状態に陥る。
断想北条民雄
5分以内
独語北条民雄
30分以内
  4,756文字
昨日MTLで「療養所文芸の発展策その他」について書いた諸氏の…
独語北条民雄
30分以内
年頭雑感北条民雄
5分以内
  906文字
思へばここ数年来、年あらたまる毎に私の生活は苦痛を増すばかり…
年頭雑感北条民雄
5分以内
発病北条民雄
30分以内
  4,847文字
いつたいに慢性病はどの病気でも春先から梅雨期へかけて最も悪化…
発病北条民雄
30分以内
発病した頃北条民雄
5分以内
  1,211文字
胸までつかる深い湯の中で腕を組んで、私は長い間陶然としてゐた…
発病した頃北条民雄
5分以内
柊の垣のうちから北条民雄
30分以内
  10,559文字
心の中に色々な苦しいことや悩しいことが生じた場合、人は誰でも…
柊の垣のうちから北条民雄
30分以内
牧場の音楽師北条民雄
5分以内
  1,353文字
夕方になると、私はなんとなくじつとしてゐられないので、定つて…
牧場の音楽師北条民雄
5分以内
癩院記録北条民雄
30分以内
  10,610文字
入院すると、子供を除いて他は誰でも一週間乃至二週間ぐらゐを収…
癩院記録北条民雄
30分以内
烙印をおされて北条民雄
5分以内
  1,041文字
右腕の神経痛が始まつたので、私はここ数日床の中で朝夕を送り迎…
烙印をおされて北条民雄
5分以内
一九三六年回顧北条民雄
5分以内
  1,183文字
ここ十日ばかりといふもの、何もせずにぼんやりと机の前に坐つて…
一九三六年回顧北条民雄
5分以内