🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める北条民雄の短編作品

青空文庫で公開されている北条民雄の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編13作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜13件 / 全13件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
月日
(1938年)
北条民雄
30分以内
  4,242 文字
一歩一歩注意深く足を踏みしめて、野村は歩いた。
月日 北条民雄
一歩一歩注意深く足を踏みしめて、野村は歩いた。
重病室日誌
(1937年)
北条民雄
30分以内
  7,405 文字
×月×日。
重病室日誌 北条民雄
×月×日。
独語 北条民雄
30分以内
  5,006 文字
昨日MTLで「療養所文芸の発展策その他」について書いた諸氏のものも拝見し、また原田嘉悦氏の雑記...
独語 北条民雄
昨日MTLで「療養所文芸の発展策その他」について書いた諸氏のものも拝見し、また原田嘉悦氏の雑記をも読んでみた。
発病 北条民雄
30分以内
  5,177 文字
いつたいに慢性病はどの病気でも春先から梅雨期へかけて最も悪化する傾向がある。
発病 北条民雄
いつたいに慢性病はどの病気でも春先から梅雨期へかけて最も悪化する傾向がある。
戯画
(1936年)
北条民雄
30分以内
  5,299 文字
彼女は非常に秀れた頭脳を持つてゐたのだと僕は思ふよ、これといふ理由はないのだけれど。
戯画 北条民雄
彼女は非常に秀れた頭脳を持つてゐたのだと僕は思ふよ、これといふ理由はないのだけれど。
青い焔 北条民雄
30分以内
  5,416 文字
第一章霧の深い夜が毎晩のやうに続いた。
青い焔 北条民雄
第一章霧の深い夜が毎晩のやうに続いた。
鬼神 北条民雄
30分以内
  6,806 文字
水の上あれからもう三年経つた。
鬼神 北条民雄
水の上あれからもう三年経つた。
続重病室日誌
(1937年)
北条民雄
30分以内
  7,560 文字
九月二十四日。
続重病室日誌 北条民雄
九月二十四日。
青年 北条民雄
30分以内
  7,590 文字
第一章朝のうちに神戸港を出帆した汽船浪花丸がひどくたどたどしい足どりで四国のこの小さな港町に着...
青年 北条民雄
第一章朝のうちに神戸港を出帆した汽船浪花丸がひどくたどたどしい足どりで四国のこの小さな港町に着いたのは、もうその日の夕暮であつた。
眼帯記 北条民雄
30分以内
  8,621 文字
眼帯記北條民雄ある朝、眼をさましてみると、何が重たいものが眼玉の上に載せられているような感じが...
眼帯記 北条民雄
眼帯記北條民雄ある朝、眼をさましてみると、何が重たいものが眼玉の上に載せられているような感じがして、球を左右に動かせると、瞼の中でひどい鈍痛がする。
青春の天刑病者達
(1980年)
北条民雄
30分以内
  10,760 文字
霧の夜黒ぐろとうちつづいた雑木林の間から流れ出る夜霧が、月光を浴びて乳色に白みながら見るまに濃...
青春の天刑病者達 北条民雄
霧の夜黒ぐろとうちつづいた雑木林の間から流れ出る夜霧が、月光を浴びて乳色に白みながら見るまに濃度を加へて視野遠く広がつた農園の上を音もなく這ひ寄つて来る。
癩院記録
(1936年)
北条民雄
30分以内
  11,332 文字
入院すると、子供を除いて他は誰でも一週間乃至二週間ぐらゐを収容病室で暮さなければならない。
癩院記録 北条民雄
入院すると、子供を除いて他は誰でも一週間乃至二週間ぐらゐを収容病室で暮さなければならない。
柊の垣のうちから
(1938年)
北条民雄
30分以内
  11,422 文字
心の中に色々な苦しいことや悩しいことが生じた場合、人は誰でもその苦しみや懊悩を他人に打明け、理...
柊の垣のうちから 北条民雄
心の中に色々な苦しいことや悩しいことが生じた場合、人は誰でもその苦しみや懊悩を他人に打明け、理解されたいといふ激しい慾望を覚えるのではないだらうか?そして内心の苦しみが激しければ激しいほど、深ければ深いほど、その慾望はひとしほ熾烈なものとなり、時としてはもはや自分の気持は絶対に他人に伝へることは不可能だと思はれ、そのために苛立ち焦燥し、遂には眼に見える樹木や草花やその他一切のものに向つてどなり泣き喚いてみたくすらなるのではあるまいか?少くとも私の経験ではさうであつた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。