🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める北条民雄の短編作品

青空文庫で公開されている北条民雄の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編19作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜19件 / 全19件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
童貞記
(1934年)
北条民雄
5分以内
  1,543 文字
部屋の中ではかなくうら悲しい日が続く。
童貞記 北条民雄
部屋の中ではかなくうら悲しい日が続く。
癩者 北条民雄
5分以内
  436 文字
それを見たとたん、秋津栄三はがつくりと膝を折つてそのまま地べたへつき坐つてしまひさうになつた。
癩者 北条民雄
それを見たとたん、秋津栄三はがつくりと膝を折つてそのまま地べたへつき坐つてしまひさうになつた。
北条民雄
5分以内
  495 文字
急に高まつて来た室内のざわめきに、さつきから、睡るでもなく睡らぬでもない状態でうつらうつらとし...
北条民雄
急に高まつて来た室内のざわめきに、さつきから、睡るでもなく睡らぬでもない状態でうつらうつらとしてゐた鶏三は、眼を開いた。
大阪の一夜 北条民雄
5分以内
  552 文字
十日ほども降り続いた梅雨があけると、おそろしくむし暑い日が続いて、街は、腐敗したどぶ川の悪臭が...
大阪の一夜 北条民雄
十日ほども降り続いた梅雨があけると、おそろしくむし暑い日が続いて、街は、腐敗したどぶ川の悪臭が染み込んでぶくぶくと泡立つてゐるやうに感ぜられた。
人間再建 北条民雄
5分以内
  666 文字
私は彼の告白記を紹介する前に、一応私と彼との関係や、間柄を記して置きたいと思ふ。
人間再建 北条民雄
私は彼の告白記を紹介する前に、一応私と彼との関係や、間柄を記して置きたいと思ふ。
年頭雑感
(1938年)
北条民雄
5分以内
  972 文字
思へばここ数年来、年あらたまる毎に私の生活は苦痛を増すばかりであつた。
年頭雑感 北条民雄
思へばここ数年来、年あらたまる毎に私の生活は苦痛を増すばかりであつた。
烙印をおされて 北条民雄
5分以内
  1,085 文字
右腕の神経痛が始まつたので、私はここ数日床の中で朝夕を送り迎へてゐる。
烙印をおされて 北条民雄
右腕の神経痛が始まつたので、私はここ数日床の中で朝夕を送り迎へてゐる。
邂逅 北条民雄
5分以内
  1,155 文字
高等科二年の多吉は、ある夕方、校門を出るとただ一人きりで家路に向つた。
邂逅 北条民雄
高等科二年の多吉は、ある夕方、校門を出るとただ一人きりで家路に向つた。
一九三六年回顧 北条民雄
5分以内
  1,272 文字
ここ十日ばかりといふもの、何もせずにぼんやりと机の前に坐つて暮してゐる。
一九三六年回顧 北条民雄
ここ十日ばかりといふもの、何もせずにぼんやりと机の前に坐つて暮してゐる。
発病した頃 北条民雄
5分以内
  1,281 文字
胸までつかる深い湯の中で腕を組んで、私は長い間陶然としてゐた。
発病した頃 北条民雄
胸までつかる深い湯の中で腕を組んで、私は長い間陶然としてゐた。
赤い斑紋 北条民雄
5分以内
  1,376 文字
都美は、このごろ、夕暮になると、その少年に逢ひに行くのが、癖になつて、少年に逢はない日は、ホツ...
赤い斑紋 北条民雄
都美は、このごろ、夕暮になると、その少年に逢ひに行くのが、癖になつて、少年に逢はない日は、ホツケスに逢ふのも、嫌になつてしまつた。
牧場の音楽師 北条民雄
5分以内
  1,455 文字
夕方になると、私はなんとなくじつとしてゐられないので、定つて散歩に出る。
牧場の音楽師 北条民雄
夕方になると、私はなんとなくじつとしてゐられないので、定つて散歩に出る。
井の中の正月の感想 北条民雄
5分以内
  1,484 文字
諸君は井戸の中の蛙だと、癩者に向つて断定した男が近頃現れた。
井の中の正月の感想 北条民雄
諸君は井戸の中の蛙だと、癩者に向つて断定した男が近頃現れた。
無題Ⅱ 北条民雄
5分以内
  1,496 文字
この部屋には東と北とに窓がある。
無題Ⅱ 北条民雄
この部屋には東と北とに窓がある。
孤独のことなど 北条民雄
5分以内
  1,546 文字
――美しいものは一番危つかしい。
孤独のことなど 北条民雄
――美しいものは一番危つかしい。
白痴
(1935年)
北条民雄
5分以内
  1,649 文字
親父は大酒飲みで、ろくすつぽ仕事もせず毎日酔つぱらつては大道に寝転び、村長でも誰でも口から出ま...
白痴 北条民雄
親父は大酒飲みで、ろくすつぽ仕事もせず毎日酔つぱらつては大道に寝転び、村長でも誰でも口から出まかせに悪口雑言を吐き散らすのが無上の趣味で、母親は毎日めそめそ泣いて、困るんでござります困るんでござりますと愚痴つてばかりゐる意気地なしなのである。
断想 北条民雄
5分以内
  1,677 文字
自殺を覚悟するとみな一種の狂人か、放心状態に陥る。
断想 北条民雄
自殺を覚悟するとみな一種の狂人か、放心状態に陥る。
覚え書 北条民雄
5分以内
  1,772 文字
癩文学といふものがあるかないか私は知らぬが、しかしよしんば癩文学といふものがあるものとしても、...
覚え書 北条民雄
癩文学といふものがあるかないか私は知らぬが、しかしよしんば癩文学といふものがあるものとしても、私はそのやうなものは書きたいとは思はない。
書けない原稿 北条民雄
5分以内
  1,820 文字
今日は二月の二十七日だ。
書けない原稿 北条民雄
今日は二月の二十七日だ。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。