🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める海野十三の短編作品

青空文庫で公開されている海野十三の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編42作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜42件 / 全42件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
人体解剖を看るの記
(1937年)
海野十三
30分以内
  9,399 文字
僕は最近、はからずも屍体解剖を看るの機会を持った。
人体解剖を看るの記 海野十三
僕は最近、はからずも屍体解剖を看るの機会を持った。
透明猫
(1948年)
海野十三
30分以内
  11,493 文字
崖下の道いつも通りなれた崖下を歩いていた青二だった。
透明猫 海野十三
崖下の道いつも通りなれた崖下を歩いていた青二だった。
仲々死なぬ彼奴
(1931年)
海野十三
30分以内
  10,014 文字
大熊老人にとって、凡そ不思議な存在は、少年喜助であった。
仲々死なぬ彼奴 海野十三
大熊老人にとって、凡そ不思議な存在は、少年喜助であった。
『火星兵団』の作者の言葉 海野十三
30分以内
  4,136 文字
この書『火星兵団』は、私がこれまでに書いた一等長い小説であります。
『火星兵団』の作者の言葉 海野十三
この書『火星兵団』は、私がこれまでに書いた一等長い小説であります。
のろのろ砲弾の驚異
(1941年)
海野十三
30分以内
  10,127 文字
今私は、一人の客人を伴って、この上海で有名な風変りな学者、金博士の許へ、案内していくところである。
のろのろ砲弾の驚異 海野十三
今私は、一人の客人を伴って、この上海で有名な風変りな学者、金博士の許へ、案内していくところである。
時限爆弾奇譚
(1941年)
海野十三
30分以内
  10,904 文字
なにを感づいたものか、世界の宝といわれる、例の科学発明王金博士が、このほど上海の新聞に、とんで...
時限爆弾奇譚 海野十三
なにを感づいたものか、世界の宝といわれる、例の科学発明王金博士が、このほど上海の新聞に、とんでもない人騒がせの広告を出したものである。
大使館の始末機関
(1941年)
海野十三
30分以内
  11,243 文字
ずいぶんいい気持で、兵器発明王の金博士は、豆戦車の中に睡った。
大使館の始末機関 海野十三
ずいぶんいい気持で、兵器発明王の金博士は、豆戦車の中に睡った。
遊星植民説 海野十三
30分以内
  4,381 文字
「編集長、ではもう外に伺ってゆくことは御座いませんネ」「まアそんなところだね。
遊星植民説 海野十三
「編集長、ではもう外に伺ってゆくことは御座いませんネ」「まアそんなところだね。
千年後の世界 海野十三
30分以内
  8,156 文字
冷凍死若き野心にみちた科学者フルハタは、棺の中に目ざめてから、もう七日になる。
千年後の世界 海野十三
冷凍死若き野心にみちた科学者フルハタは、棺の中に目ざめてから、もう七日になる。
科学者と夜店商人
(1929年)
海野十三
30分以内
  4,210 文字
こう暑くなっては、科学者もしぶしぶと実験室から匍(は)い出さずにはいられない。
科学者と夜店商人 海野十三
こう暑くなっては、科学者もしぶしぶと実験室から匍(は)い出さずにはいられない。
沈没男 海野十三
30分以内
  4,801 文字
(×月×日、スカパフロー発)余は本日正午、無事ロイヤル・オーク号に乗艦せるをもって、御安心あれ。
沈没男 海野十三
(×月×日、スカパフロー発)余は本日正午、無事ロイヤル・オーク号に乗艦せるをもって、御安心あれ。
あの世から便りをする話 海野十三
30分以内
  4,803 文字
僕の友達で人格も高く、学問の上からも尊敬され、友人からも非常に尊敬されていた男があったんです。
あの世から便りをする話 海野十三
僕の友達で人格も高く、学問の上からも尊敬され、友人からも非常に尊敬されていた男があったんです。
科学が臍を曲げた話
(1934年)
海野十三
30分以内
  4,871 文字
みなさん、科学だって、時には気むずかしいことがありますよ。
科学が臍を曲げた話 海野十三
みなさん、科学だって、時には気むずかしいことがありますよ。
街の探偵
(1938年)
海野十三
30分以内
  5,005 文字
キップの装置『さっきから気をつけていると、コトンコトンと、微かなリズミカルな音がしているね』と...
街の探偵 海野十三
キップの装置『さっきから気をつけていると、コトンコトンと、微かなリズミカルな音がしているね』と、彼は指を天井の方に立てて云うのであった。
『地球盗難』の作者の言葉
(1937年)
海野十三
30分以内
  5,571 文字
本書は、僕がこれまでに作った科学小説らしいものを殆んど全部集めたものだ。
『地球盗難』の作者の言葉 海野十三
本書は、僕がこれまでに作った科学小説らしいものを殆んど全部集めたものだ。
空気男
(1937年)
海野十三
30分以内
  5,588 文字
青い器械「これでいい。
空気男 海野十三
青い器械「これでいい。
ある宇宙塵の秘密 海野十三
30分以内
  5,768 文字
その夜、テレビジョン研究室の鍵をかけて外に出たのが、もう十二時近かった。
ある宇宙塵の秘密 海野十三
その夜、テレビジョン研究室の鍵をかけて外に出たのが、もう十二時近かった。
洪水大陸を呑む
(1947年)
海野十三
30分以内
  6,995 文字
ふしぎな器械「ぼく、生きているのがいやになった」三四郎が、おじさんのところへ来て、こんなことを...
洪水大陸を呑む 海野十三
ふしぎな器械「ぼく、生きているのがいやになった」三四郎が、おじさんのところへ来て、こんなことをいいだした。
骸骨館
(1946年)
海野十三
30分以内
  7,852 文字
廃工場の町少年たちは、遊び方に困っていたし、また遊ぶ場所もなかった。
骸骨館 海野十三
廃工場の町少年たちは、遊び方に困っていたし、また遊ぶ場所もなかった。
奇賊は支払う
(1947年)
海野十三
30分以内
  8,042 文字
一代の奇賊烏啼天駆と、頑張り探偵袋猫々との対峙も全く久しいものだ。
奇賊は支払う 海野十三
一代の奇賊烏啼天駆と、頑張り探偵袋猫々との対峙も全く久しいものだ。
宇宙女囚第一号 海野十三
30分以内
  8,056 文字
イー・ペー・エル研究所に絵里子をたずねた僕は、ついに彼女に会うことができず、そのかわり普段はろ...
宇宙女囚第一号 海野十三
イー・ペー・エル研究所に絵里子をたずねた僕は、ついに彼女に会うことができず、そのかわり普段はろくに口をきいたこともない研究所長マカオ博士に手をとられんばかりにして、その室に招じられたものである。
氷河期の怪人 海野十三
30分以内
  8,131 文字
ヒマラヤ越えこのふしぎな物語は旅客機ヤヨイ号が、ヒマラヤ山脈中に不時着した(?)事件から、はし...
氷河期の怪人 海野十三
ヒマラヤ越えこのふしぎな物語は旅客機ヤヨイ号が、ヒマラヤ山脈中に不時着した(?)事件から、はしなくも、くりひろげられる。
心霊研究会の怪
(1949年)
海野十三
30分以内
  8,251 文字
その頃の研究昭和五年から十年頃まで、わが國で、心靈研究がかなり盛んだつたことがある。
心霊研究会の怪 海野十三
その頃の研究昭和五年から十年頃まで、わが國で、心靈研究がかなり盛んだつたことがある。
もくねじ
(1943年)
海野十三
30分以内
  8,547 文字
倉庫ぼくほど不幸なものが、またと世の中にあろうか。
もくねじ 海野十三
倉庫ぼくほど不幸なものが、またと世の中にあろうか。
軍用鮫 海野十三
30分以内
  8,583 文字
北緯百十三度一分、東経二十三度六分の地点において、楊(ヤン)博士はしずかに釣糸を垂れていた。
軍用鮫 海野十三
北緯百十三度一分、東経二十三度六分の地点において、楊(ヤン)博士はしずかに釣糸を垂れていた。
見えざる敵 海野十三
30分以内
  8,806 文字
上海四馬路の夜霧は濃い。
見えざる敵 海野十三
上海四馬路の夜霧は濃い。
放送された遺言 海野十三
30分以内
  9,101 文字
「われらの棲んでいる球形の世界が破壊するのはいつのことなのであろうか?天文学者の説くところによ...
放送された遺言 海野十三
「われらの棲んでいる球形の世界が破壊するのはいつのことなのであろうか?天文学者の説くところによれば、これはわれらの世界が他の遊星と衝突し、われもかれもが煙のごとくに飛散して消滅するときがこの球形体の最後であろうが、それはおそらく今から数百億年後のことであろうという。
人造物語
(1931年)
海野十三
30分以内
  9,384 文字
人造人間――1931年型である。
人造物語 海野十三
人造人間――1931年型である。
人造人間殺害事件
(1931年)
海野十三
30分以内
  9,722 文字
その早暁、まだ明けやらぬ上海の市街は、豆スープのように黄色く濁った濃霧の中に沈澱していた。
人造人間殺害事件 海野十三
その早暁、まだ明けやらぬ上海の市街は、豆スープのように黄色く濁った濃霧の中に沈澱していた。
くろがね天狗
(1936年)
海野十三
30分以内
  9,757 文字
師走三日岡引虎松は、師走の三日をことのほか忌み嫌った。
くろがね天狗 海野十三
師走三日岡引虎松は、師走の三日をことのほか忌み嫌った。
地軸作戦
(1942年)
海野十三
30分以内
  9,851 文字
某大国宰相の特使だと称する人物が、このたび金博士の許にやってきた。
地軸作戦 海野十三
某大国宰相の特使だと称する人物が、このたび金博士の許にやってきた。
第四次元の男
(1940年)
海野十三
30分以内
  10,006 文字
これからわたくしの述べようとする身の上話を、ばかばかしいと思う人は、即座に、後を読むのをやめて...
第四次元の男 海野十三
これからわたくしの述べようとする身の上話を、ばかばかしいと思う人は、即座に、後を読むのをやめてもらいたい。
独本土上陸作戦
(1941年)
海野十三
30分以内
  10,447 文字
およそ新兵器の発明にかけては、今日世界に及ぶものなしと称せられる金博士が、とつぜん謎の失踪をとげた。
独本土上陸作戦 海野十三
およそ新兵器の発明にかけては、今日世界に及ぶものなしと称せられる金博士が、とつぜん謎の失踪をとげた。
奇賊悲願
(1947年)
海野十三
30分以内
  10,486 文字
義弟の出獄烏啼天駆といえば、近頃有名になった奇賊であるが、いつも彼を刑務所へ送り込もうと全身汗...
奇賊悲願 海野十三
義弟の出獄烏啼天駆といえば、近頃有名になった奇賊であるが、いつも彼を刑務所へ送り込もうと全身汗をかいて奔走している名探偵の袋猫々との何時果てるともなき一騎討ちは、今もなお酣(たけなわ)であった。
人造人間戦車の機密
(1941年)
海野十三
30分以内
  10,554 文字
魔都上海に、夏が来た。
人造人間戦車の機密 海野十三
魔都上海に、夏が来た。
毒瓦斯発明官
(1941年)
海野十三
30分以内
  10,573 文字
蒸し暑い或る夜のこと、発明王金博士は、袖のながい白服に、大きなヘルメットをかぶって、飾窓をのぞ...
毒瓦斯発明官 海野十三
蒸し暑い或る夜のこと、発明王金博士は、袖のながい白服に、大きなヘルメットをかぶって、飾窓をのぞきこんでいた。
発明小僧
(1934年)
海野十三
30分以内
  10,767 文字
自動車用ペンキ爆弾これは特種の赤ペンキをタップリ含んでいるピンポン球ぐらいの小球にして、叩きつ...
発明小僧 海野十三
自動車用ペンキ爆弾これは特種の赤ペンキをタップリ含んでいるピンポン球ぐらいの小球にして、叩きつけると、すぐ、壊れるものなり。
新学期行進曲
(1938年)
海野十三
30分以内
  11,239 文字
第一景勉強組合△騒然たる中学校の教室の音響――「やい亀井」「なんだ松岡」「随分黒いぞ」「黒くて...
新学期行進曲 海野十三
第一景勉強組合△騒然たる中学校の教室の音響――「やい亀井」「なんだ松岡」「随分黒いぞ」「黒くておかしいかい。
共軛回転弾
(1944年)
海野十三
30分以内
  11,577 文字
チャーチルが、その特使の出発に際して念を押していった。
共軛回転弾 海野十三
チャーチルが、その特使の出発に際して念を押していった。
心臓盗難
(1947年)
海野十三
30分以内
  11,584 文字
深夜の事件黒眼鏡に、ひどい猫背の男が、虎猫色の長いオーバーを地上にひきずるようにして、深夜の町...
心臓盗難 海野十三
深夜の事件黒眼鏡に、ひどい猫背の男が、虎猫色の長いオーバーを地上にひきずるようにして、深夜の町を歩いていた。
今昔ばなし抱合兵団
(1941年)
海野十三
30分以内
  11,709 文字
なにがさて、例の金博士の存在は、現代に於ける最大奇蹟だ。
今昔ばなし抱合兵団 海野十三
なにがさて、例の金博士の存在は、現代に於ける最大奇蹟だ。
間諜座事件
(1932年)
海野十三
30分以内
  11,830 文字
これは或るスパイ事件だ。
間諜座事件 海野十三
これは或るスパイ事件だ。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。