【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

1時間〜で読める海野十三の長編作品

青空文庫で公開されている海野十三の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編55作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全55件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
大宇宙遠征隊
(1941年)
海野十三
1時間〜
  60,515 文字
噴行艇は征く黒いインキをとかしたようなまっくらがりの宇宙を、今おびただしい噴行艇の群が、とんでいる。
大宇宙遠征隊 海野十三
1時間〜
噴行艇は征く黒いインキをとかしたようなまっくらがりの宇宙を、今おびただしい噴行艇の群が、とんでいる。
十八時の音楽浴 海野十三
1時間〜
  32,485 文字
太陽の下では、地球が黄昏れていた。
十八時の音楽浴 海野十三
1時間〜
太陽の下では、地球が黄昏れていた。
虫喰い算大会
(1946年)
海野十三
1時間〜
  41,513 文字
自本書の中に、「“虫喰い算”大会」の会場が、第一会場から始まって第三十会場まである。
虫喰い算大会 海野十三
1時間〜
自本書の中に、「“虫喰い算”大会」の会場が、第一会場から始まって第三十会場まである。
海野十三敗戦日記 海野十三
1時間〜
  94,482 文字
海野十三敗戦日記海野十三空襲都日記はしがき二週間ほど前より、帝都もかねて覚悟していたとおり「空...
海野十三敗戦日記 海野十三
1時間〜
海野十三敗戦日記海野十三空襲都日記はしがき二週間ほど前より、帝都もかねて覚悟していたとおり「空襲される都」とはなった。
恐竜島
(1948年)
海野十三
1時間〜
  112,653 文字
ふしぎな運命人間は、それぞれに宿命というものをせおっている。
恐竜島 海野十三
1時間〜
ふしぎな運命人間は、それぞれに宿命というものをせおっている。
火星兵団
(1939年)
海野十三
1時間〜
  346,331 文字
奇怪な噂もはや「火星兵団」の噂をお聞きになったであろうか!ふむ、けさ地下鉄電車の中で、乗客が話...
火星兵団 海野十三
1時間〜
奇怪な噂もはや「火星兵団」の噂をお聞きになったであろうか!ふむ、けさ地下鉄電車の中で、乗客が話をしているのを、横からちょっと小耳にはさんだとおっしゃるのか。
海底大陸
(1937年)
海野十三
1時間〜
  100,209 文字
大西洋上のメリー号三千夫少年の乗り組んだ海の女王といわれる巨船クイーン・メリー号は、いま大西洋...
海底大陸 海野十三
1時間〜
大西洋上のメリー号三千夫少年の乗り組んだ海の女王といわれる巨船クイーン・メリー号は、いま大西洋のまっただなかを航行中だった。
幽霊船の秘密 海野十三
1時間〜
  34,850 文字
南方航路そのころ太平洋には、眼に見えない妖しい力がうごいているのが感じられた。
幽霊船の秘密 海野十三
1時間〜
南方航路そのころ太平洋には、眼に見えない妖しい力がうごいているのが感じられた。
深夜の市長
(1936年)
海野十三
1時間〜
  119,944 文字
ナニシロコレハ一篇ノ小説デアル。
深夜の市長 海野十三
1時間〜
ナニシロコレハ一篇ノ小説デアル。
蠅男
(1937年)
海野十三
1時間〜
  132,431 文字
発端問題の「蠅男」と呼ばれる不可思議なる人物は、案外その以前から、われわれとおなじ空気を吸って...
蠅男 海野十三
1時間〜
発端問題の「蠅男」と呼ばれる不可思議なる人物は、案外その以前から、われわれとおなじ空気を吸っていたのだ。
棺桶の花嫁
(1937年)
海野十三
1時間〜
  48,221 文字
春だった。
棺桶の花嫁 海野十三
1時間〜
春だった。
怪塔王
(1938年)
海野十三
1時間〜
  190,189 文字
怪老人怪塔王という不思議な顔をした人が、いつごろから居たのか、それは誰も知りません。
怪塔王 海野十三
1時間〜
怪老人怪塔王という不思議な顔をした人が、いつごろから居たのか、それは誰も知りません。
三人の双生児
(1934年)
海野十三
1時間〜
  47,759 文字
あの一見奇妙に見える新聞広告を出したのは、なにを隠そう、この妾(わたし)なのである。
三人の双生児 海野十三
1時間〜
あの一見奇妙に見える新聞広告を出したのは、なにを隠そう、この妾(わたし)なのである。
地球盗難
(1936年)
海野十三
1時間〜
  93,362 文字
ネス湖の怪物「ほんとうかなア、――」と、河村武夫はつい口に出してしまった。
地球盗難 海野十三
1時間〜
ネス湖の怪物「ほんとうかなア、――」と、河村武夫はつい口に出してしまった。
三十年後の世界
(1948年)
海野十三
1時間〜
  76,075 文字
万年雪とける昭和五十二年の夏は、たいへん暑かった。
三十年後の世界 海野十三
1時間〜
万年雪とける昭和五十二年の夏は、たいへん暑かった。
海底都市 海野十三
1時間〜
  93,712 文字
妙な手紙僕は、まるで催眠術にかかりでもしたような状態で、廃墟の丘をのぼっていった。
海底都市 海野十三
1時間〜
妙な手紙僕は、まるで催眠術にかかりでもしたような状態で、廃墟の丘をのぼっていった。
浮かぶ飛行島
(1938年)
海野十三
1時間〜
  140,156 文字
川上機関大尉の酒壜わが練習艦隊須磨、明石の二艦は、欧州訪問の旅をおえて、いまやその帰航の途にあった。
浮かぶ飛行島 海野十三
1時間〜
川上機関大尉の酒壜わが練習艦隊須磨、明石の二艦は、欧州訪問の旅をおえて、いまやその帰航の途にあった。
省線電車の射撃手
(1931年)
海野十三
1時間〜
  24,694 文字
帝都二百万の市民の心臓を、一瞬にして掴(つか)んでしまったという評判のある、この「射撃手」事件...
省線電車の射撃手 海野十三
1時間〜
帝都二百万の市民の心臓を、一瞬にして掴(つか)んでしまったという評判のある、この「射撃手」事件が、突如として新聞の三面記事の王座にのぼった其の日のこと、東京××新聞の若手記者風間八十児君が、此の事件に関係ありと唯今目をつけている五人の人物を歴訪して巧みに取ってきたメッセージを、その懐中手帳から鳥渡失敬して並べてみる。
ゴールデン・バット事件
(1933年)
海野十三
1時間〜
  25,660 文字
あの夜更、どうしてあの寂しい裏街を歩いていたのかと訊(き)かれると、私はすこし顔が赭(あか)く...
ゴールデン・バット事件 海野十三
1時間〜
あの夜更、どうしてあの寂しい裏街を歩いていたのかと訊(き)かれると、私はすこし顔が赭(あか)くなるのだ。
千早館の迷路
(1947年)
海野十三
1時間〜
  27,536 文字
やがて四月の声を聞こうというのに、寒さはきびしかった。
千早館の迷路 海野十三
1時間〜
やがて四月の声を聞こうというのに、寒さはきびしかった。
地中魔 海野十三
1時間〜
  28,745 文字
少年探偵三浦三吉永く降りつづいた雨がやっとやんで、半月ぶりにカラリと空が晴れわたった。
地中魔 海野十三
1時間〜
少年探偵三浦三吉永く降りつづいた雨がやっとやんで、半月ぶりにカラリと空が晴れわたった。
電気鳩
(1937年)
海野十三
1時間〜
  28,807 文字
あやしい鳩(はと)高一とミドリのきょうだいは、伝書鳩をかっていました。
電気鳩 海野十三
1時間〜
あやしい鳩(はと)高一とミドリのきょうだいは、伝書鳩をかっていました。
一坪館 海野十三
1時間〜
  31,406 文字
銀座の焼跡すばらしき一坪館!一坪館て何だろうか。
一坪館 海野十三
1時間〜
銀座の焼跡すばらしき一坪館!一坪館て何だろうか。
赤耀館事件の真相
(1929年)
海野十三
1時間〜
  31,790 文字
「赤耀館事件」と言えば、昨年起った泰山鳴動して鼠一匹といった風の、一見詰らない事件であった。
赤耀館事件の真相 海野十三
1時間〜
「赤耀館事件」と言えば、昨年起った泰山鳴動して鼠一匹といった風の、一見詰らない事件であった。
大空魔艦 海野十三
1時間〜
  35,684 文字
模型飛行機丁坊という名でよばれている東京ホテルの給仕君ほど、飛行機の好きな少年は珍らしいであろう。
大空魔艦 海野十三
1時間〜
模型飛行機丁坊という名でよばれている東京ホテルの給仕君ほど、飛行機の好きな少年は珍らしいであろう。
二、〇〇〇年戦争 海野十三
1時間〜
  38,379 文字
発端そのころ、広い太青洋を挟んで、二つの国が向きあっていた。
二、〇〇〇年戦争 海野十三
1時間〜
発端そのころ、広い太青洋を挟んで、二つの国が向きあっていた。
崩れる鬼影
(1933年)
海野十三
1時間〜
  39,000 文字
月光下の箱根山それは大変月のいい夜のことでした。
崩れる鬼影 海野十三
1時間〜
月光下の箱根山それは大変月のいい夜のことでした。
流線間諜
(1934年)
海野十三
1時間〜
  39,355 文字
R事件いわゆるR事件と称せられて其(そ)の奇々怪々を極めた事については、空前にして絶後だろうと...
流線間諜 海野十三
1時間〜
R事件いわゆるR事件と称せられて其(そ)の奇々怪々を極めた事については、空前にして絶後だろうと、後になって折紙がつけられたこの怪事件も、その大きな計画に似あわず、随分永い間、我国の誰人にも知られずにいたというのは、不思議といえば不思議なことだった。
宇宙尖兵
(1943年)
海野十三
1時間〜
  40,032 文字
作者より読者へうれしい皇軍の赫々(かっかく)たる大戦果により、なんだかちかごろこの地球というも...
宇宙尖兵 海野十三
1時間〜
作者より読者へうれしい皇軍の赫々(かっかく)たる大戦果により、なんだかちかごろこの地球というものが急に狭くなって、鼻が悶(つか)えるようでいけない。
鞄らしくない鞄 海野十三
1時間〜
  40,594 文字
事件引継簿或る冬の朝のことであった。
鞄らしくない鞄 海野十三
1時間〜
事件引継簿或る冬の朝のことであった。
英本土上陸戦の前夜
(1941年)
海野十三
1時間〜
  40,845 文字
英蘭西岸の名港リバプールの北郊に、ブルートという町がある。
英本土上陸戦の前夜 海野十三
1時間〜
英蘭西岸の名港リバプールの北郊に、ブルートという町がある。
時計屋敷の秘密
(1948年)
海野十三
1時間〜
  41,243 文字
気味のわるい名物「時計屋敷はおっかねえところだから、お前たちいっちゃなんねえぞ」「お父うのいう...
時計屋敷の秘密 海野十三
1時間〜
気味のわるい名物「時計屋敷はおっかねえところだから、お前たちいっちゃなんねえぞ」「お父うのいうとおりだ。
虫喰ひ算大会
(1946年)
海野十三
1時間〜
  42,584 文字
自本書の中に、「“虫喰ひ算”大會」の會場が、第一會場から始まつて第三十會場まである。
虫喰ひ算大会 海野十三
1時間〜
自本書の中に、「“虫喰ひ算”大會」の會場が、第一會場から始まつて第三十會場まである。
赤外線男 海野十三
1時間〜
  43,067 文字
この奇怪極まる探偵事件に、主人公を勤める「赤外線男」なるものは、一体全体何者であるか?それはま...
赤外線男 海野十三
1時間〜
この奇怪極まる探偵事件に、主人公を勤める「赤外線男」なるものは、一体全体何者であるか?それはまたどうした風変りの人間なのであるか?恐らくこの世に於(おい)て、いまだ曾(かつ)て認識されたことのなかった「赤外線男」という不思議な存在――それを説明する前に筆者は是非とも、ついこのあいだ東都に起って、もう既に市民の記憶から消えようとしている一迷宮事件について述べなければならない。
未来の地下戦車長 海野十三
1時間〜
  47,171 文字
かわった手習い岡部一郎という少年があった。
未来の地下戦車長 海野十三
1時間〜
かわった手習い岡部一郎という少年があった。
霊魂第十号の秘密 海野十三
1時間〜
  47,910 文字
電波小屋「波動館」みなさんと同じように、一畑少年も熱心な電波アマチュアだった。
霊魂第十号の秘密 海野十三
1時間〜
電波小屋「波動館」みなさんと同じように、一畑少年も熱心な電波アマチュアだった。
空襲警報
(1936年)
海野十三
1時間〜
  51,445 文字
日本海の夕日大きな夕日は、きょうも日本海の西の空に落ちかかった。
空襲警報 海野十三
1時間〜
日本海の夕日大きな夕日は、きょうも日本海の西の空に落ちかかった。
人造人間エフ氏
(1939年)
海野十三
1時間〜
  59,806 文字
人造人間の家このものがたりは、ソ連の有名な港町ウラジオ市にはじまる。
人造人間エフ氏 海野十三
1時間〜
人造人間の家このものがたりは、ソ連の有名な港町ウラジオ市にはじまる。
地底戦車の怪人
(1940年)
海野十三
1時間〜
  62,299 文字
この物語は、西暦一千九百五十年に、はじまる。
地底戦車の怪人 海野十三
1時間〜
この物語は、西暦一千九百五十年に、はじまる。
ふしぎ国探検
(1947年)
海野十三
1時間〜
  65,454 文字
夏休の宿題やけ野原を、東助とヒトミが、汗をたらしながら、さまよっていた。
ふしぎ国探検 海野十三
1時間〜
夏休の宿題やけ野原を、東助とヒトミが、汗をたらしながら、さまよっていた。
恐怖の口笛
(1934年)
海野十三
1時間〜
  68,232 文字
逢(お)う魔が時刻秋も十一月に入って、お天気はようやく崩れはじめた。
恐怖の口笛 海野十三
1時間〜
逢(お)う魔が時刻秋も十一月に入って、お天気はようやく崩れはじめた。
火薬船 海野十三
1時間〜
  69,404 文字
怪貨物船あらわる!北緯二十度、東経百十五度。
火薬船 海野十三
1時間〜
怪貨物船あらわる!北緯二十度、東経百十五度。
四次元漂流
(1946年)
海野十三
1時間〜
  70,344 文字
はじめにこの「四次元漂流」という妙な題名が、読者諸君を今なやましているだろうことは、作者もよく...
四次元漂流 海野十三
1時間〜
はじめにこの「四次元漂流」という妙な題名が、読者諸君を今なやましているだろうことは、作者もよく知っている。
地球要塞
(1940年)
海野十三
1時間〜
  81,569 文字
怪放送――お化け地球事件とは?西暦一九七〇年の夏――折から私は、助手のオルガ姫をつれて、絶海の...
地球要塞 海野十三
1時間〜
怪放送――お化け地球事件とは?西暦一九七〇年の夏――折から私は、助手のオルガ姫をつれて、絶海の孤島クロクロ島にいた。
地獄の使者
(1947年)
海野十三
1時間〜
  83,343 文字
プロローグその朝、帆村荘六が食事をすませて、廊下づたいに同じ棟にある探偵事務所の居間へ足を踏み...
地獄の使者 海野十三
1時間〜
プロローグその朝、帆村荘六が食事をすませて、廊下づたいに同じ棟にある探偵事務所の居間へ足を踏み入れたとき、彼を待っていたように、机上の電話のベルが鳴った。
宇宙戦隊 海野十三
1時間〜
  85,719 文字
作者より読者の皆さんへこの小説に出てくる物語は、今からだいぶん先のことだと思ってください。
宇宙戦隊 海野十三
1時間〜
作者より読者の皆さんへこの小説に出てくる物語は、今からだいぶん先のことだと思ってください。
火星探険
(1945年)
海野十三
1時間〜
  86,397 文字
すばらしい計画夏休みになる日を、指折りかぞえて待っている山木健と河合二郎だった。
火星探険 海野十三
1時間〜
すばらしい計画夏休みになる日を、指折りかぞえて待っている山木健と河合二郎だった。
金属人間
(1947年)
海野十三
1時間〜
  87,432 文字
こんな文章およそ世の中には、人にまだ知られていない、ふしぎなことがずいぶんたくさんあるのだ。
金属人間 海野十三
1時間〜
こんな文章およそ世の中には、人にまだ知られていない、ふしぎなことがずいぶんたくさんあるのだ。
地球発狂事件
(1945年)
海野十三
1時間〜
  96,277 文字
発端この突拍子もない名称をかぶせられた「地球発狂事件」は、実はその前にもう一つの名称で呼ばれていた。
地球発狂事件 海野十三
1時間〜
発端この突拍子もない名称をかぶせられた「地球発狂事件」は、実はその前にもう一つの名称で呼ばれていた。
超人間X号
(1948年)
海野十三
1時間〜
  99,294 文字
大雷雲ねずみ色の雲が、ついに動きだした。
超人間X号 海野十三
1時間〜
大雷雲ねずみ色の雲が、ついに動きだした。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。