【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

60分以内で読める宮本百合子の中編作品

青空文庫で公開されている宮本百合子の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編84作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全84件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
カール・マルクスとその夫人
(1947年)
宮本百合子
60分以内
  13,059 文字
カールの持った「三人の聖者」ドイツの南の小さい一つの湖から注ぎ出て、深い峡谷の間を流れ、やがて...
カール・マルクスとその夫人 宮本百合子
60分以内
カールの持った「三人の聖者」ドイツの南の小さい一つの湖から注ぎ出て、深い峡谷の間を流れ、やがて葡萄の美しく実る地方を通って、遠くオランダの海に河口を開いている大きい河がある。
マリア・バシュキルツェフの日記
(1937年)
宮本百合子
60分以内
  12,093 文字
暑い日に、愛らしく溌剌とした若い娘たちが樹かげにかたまって立って、しきりに何か飲みたがっている。
マリア・バシュキルツェフの日記 宮本百合子
60分以内
暑い日に、愛らしく溌剌とした若い娘たちが樹かげにかたまって立って、しきりに何か飲みたがっている。
一九二七年春より
(1981年)
宮本百合子
60分以内
  12,301 文字
○雲に映るかげ○茅野の正月○ゴーゴリ的会の内面○アルマ○花にむせぶ(Okarakyo の夫婦、...
一九二七年春より 宮本百合子
60分以内
○雲に映るかげ○茅野の正月○ゴーゴリ的会の内面○アルマ○花にむせぶ(Okarakyo の夫婦、犬、息子(肺病))○となり座敷(下スワの男、芸者二人。
平和への荷役
(1948年)
宮本百合子
60分以内
  12,381 文字
――船が嵐にあって沈まないためには積荷が均衡をもって整理されていることが必要である。
平和への荷役 宮本百合子
60分以内
――船が嵐にあって沈まないためには積荷が均衡をもって整理されていることが必要である。

(1924年)
宮本百合子
60分以内
  12,397 文字
顔宮本百合子ルイザは、天気にも、教父にも、または夫のハンスに対しても、ちっとも苦情を云うべきこ...
宮本百合子
60分以内
顔宮本百合子ルイザは、天気にも、教父にも、または夫のハンスに対しても、ちっとも苦情を云うべきことのないのは知っていた。
現代の主題
(1946年)
宮本百合子
60分以内
  12,432 文字
民主日本の出発ということがいわれてから一年が経過した。
現代の主題 宮本百合子
60分以内
民主日本の出発ということがいわれてから一年が経過した。
心に疼く欲求がある
(1950年)
宮本百合子
60分以内
  12,508 文字
こんにち、私たちの生活感情の底をゆすって、一つのつよい要求が動いている。
心に疼く欲求がある 宮本百合子
60分以内
こんにち、私たちの生活感情の底をゆすって、一つのつよい要求が動いている。
解説(『風知草』)
(1949年)
宮本百合子
60分以内
  12,580 文字
「乳房」について「乳房」は一九三五年(昭和十年)三月に書かれた。
解説(『風知草』) 宮本百合子
60分以内
「乳房」について「乳房」は一九三五年(昭和十年)三月に書かれた。
前進のために
(1933年)
宮本百合子
60分以内
  12,687 文字
このたび、常任中央委員会によって発表された日和見主義との闘争に関する決議は、プロレタリア文学運...
前進のために 宮本百合子
60分以内
このたび、常任中央委員会によって発表された日和見主義との闘争に関する決議は、プロレタリア文学運動が今日到達したレーニン的立場に立っての分析の周密さ、きわめて率直な自己批判の態度などにおいて、非常にすぐれたものである。
一九二九年一月――二月
(1981年)
宮本百合子
60分以内
  12,700 文字
二月日曜、二十日朝のうち、婦人公論新年号、新聞の切りぬきなどをよんだ。
一九二九年一月――二月 宮本百合子
60分以内
二月日曜、二十日朝のうち、婦人公論新年号、新聞の切りぬきなどをよんだ。
今日の文学の鳥瞰図
(1937年)
宮本百合子
60分以内
  12,794 文字
本年の建国祭を期して文化勲章というものが制定された。
今日の文学の鳥瞰図 宮本百合子
60分以内
本年の建国祭を期して文化勲章というものが制定された。
ヒューマニズムへの道
(1937年)
宮本百合子
60分以内
  12,823 文字
加賀耿二氏の「希望館」という小説が三月号の『中央公論』に載っている。
ヒューマニズムへの道 宮本百合子
60分以内
加賀耿二氏の「希望館」という小説が三月号の『中央公論』に載っている。
鴎外・芥川・菊池の歴史小説
(1940年)
宮本百合子
60分以内
  12,882 文字
森鴎外の「歴史もの」は、大正元年十月の中央公論に「興津彌五右衛門の遺書」が載せられたのが第一作...
鴎外・芥川・菊池の歴史小説 宮本百合子
60分以内
森鴎外の「歴史もの」は、大正元年十月の中央公論に「興津彌五右衛門の遺書」が載せられたのが第一作であった。
戦争はわたしたちからすべてを奪う
(1950年)
宮本百合子
60分以内
  13,085 文字
この一冊の本は、わたしたちに何を告げ、何を教えているだろう。
戦争はわたしたちからすべてを奪う 宮本百合子
60分以内
この一冊の本は、わたしたちに何を告げ、何を教えているだろう。
ひな勇はん 宮本百合子
60分以内
  13,086 文字
いつでも黒い被衣を着て切下げて居た祖母と京都に行って居たのは丁度六月末池の水草に白い豆の様な花...
ひな勇はん 宮本百合子
60分以内
いつでも黒い被衣を着て切下げて居た祖母と京都に行って居たのは丁度六月末池の水草に白い豆の様な花のポツリポツリと見え始める頃から紫陽花のあせる頃までで私にはかなり長い旅であった。
小村淡彩
(1926年)
宮本百合子
60分以内
  13,140 文字
小村淡彩宮本百合子お柳はひどく酔払った。
小村淡彩 宮本百合子
60分以内
小村淡彩宮本百合子お柳はひどく酔払った。
今朝の雪
(1941年)
宮本百合子
60分以内
  13,168 文字
太陽が照り出すと、あたりに陽気な雪解けの音が響きはじめた。
今朝の雪 宮本百合子
60分以内
太陽が照り出すと、あたりに陽気な雪解けの音が響きはじめた。
日記 宮本百合子
60分以内
  13,246 文字
三月十日○晴れて、きつい西風。
日記 宮本百合子
60分以内
三月十日○晴れて、きつい西風。
夜の若葉
(1940年)
宮本百合子
60分以内
  13,341 文字
桃子の座席から二列ばかり先が、ちょうどその二階座席へ通じる入り口の階段になっていた。
夜の若葉 宮本百合子
60分以内
桃子の座席から二列ばかり先が、ちょうどその二階座席へ通じる入り口の階段になっていた。
作家の経験
(1947年)
宮本百合子
60分以内
  13,417 文字
今日、私たちの精神には、人間性の復活と芸術再興の欲求がつよくおこっている。
作家の経験 宮本百合子
60分以内
今日、私たちの精神には、人間性の復活と芸術再興の欲求がつよくおこっている。

(1927年)
宮本百合子
60分以内
  13,780 文字
藍子のところへ尾世川が来て月謝の前借りをして行った。
宮本百合子
60分以内
藍子のところへ尾世川が来て月謝の前借りをして行った。
新しきシベリアを横切る
(1931年)
宮本百合子
60分以内
  13,942 文字
十月二十五日。
新しきシベリアを横切る 宮本百合子
60分以内
十月二十五日。
お女郎蜘蛛 宮本百合子
60分以内
  13,961 文字
若い娘の命をとる事もまっしろな張のある体をめちゃめちゃにする事でも平気なかおでやってのける力を...
お女郎蜘蛛 宮本百合子
60分以内
若い娘の命をとる事もまっしろな張のある体をめちゃめちゃにする事でも平気なかおでやってのける力をもった刀でさえ錦の袋に入った大店の御娘子と云うなよやかな袋に包まれて末喜の様な心もその厚い地布のかげにはひそんで何十年の昔から死に変り生きかわりした美くしい男女の夢から生れた様なあでやかさばかりを輝かせて育った娘の名はお龍と云う。
蛋白石 宮本百合子
60分以内
  14,124 文字
劇場の廊下で知り合いになってからどう気が向いたものか肇はその時紹介して呉れた篤と一緒に度々千世...
蛋白石 宮本百合子
60分以内
劇場の廊下で知り合いになってからどう気が向いたものか肇はその時紹介して呉れた篤と一緒に度々千世子の処へ出掛けた。
牡丹
(1927年)
宮本百合子
60分以内
  14,508 文字
人間の哀れさが、漠然とした感慨となって石川の胸に浮ぶようになった。
牡丹 宮本百合子
60分以内
人間の哀れさが、漠然とした感慨となって石川の胸に浮ぶようになった。
若き世代への恋愛論
(1937年)
宮本百合子
60分以内
  14,951 文字
昨年の後半期から、非常に恋愛論がとりあげられ、いろいろの雑誌・新聞の紙面がにぎわった。
若き世代への恋愛論 宮本百合子
60分以内
昨年の後半期から、非常に恋愛論がとりあげられ、いろいろの雑誌・新聞の紙面がにぎわった。
人間の結婚
(1947年)
宮本百合子
60分以内
  14,969 文字
きょう私たちが、結婚や家庭というものについて持っている大変複雑な感情や問題の本質はどういうとこ...
人間の結婚 宮本百合子
60分以内
きょう私たちが、結婚や家庭というものについて持っている大変複雑な感情や問題の本質はどういうところにあるだろうか。
長崎の印象
(1926年)
宮本百合子
60分以内
  15,124 文字
不図眼がさめると、いつの間にか雨が降り出している。
長崎の印象 宮本百合子
60分以内
不図眼がさめると、いつの間にか雨が降り出している。
その柵は必要か
(1949年)
宮本百合子
60分以内
  15,373 文字
こんにち、「勤労者文学」の問題が、とくべつの関心のもとにとりあげられるということは、全体として...
その柵は必要か 宮本百合子
60分以内
こんにち、「勤労者文学」の問題が、とくべつの関心のもとにとりあげられるということは、全体として民主主義文学運動が、一つの新しい発展の段階にふみだして来ていることを語ると思う。
日記 宮本百合子
60分以内
  15,424 文字
七月二十一日晴木の葉のしげみや花ずいの奥にまだ夜の香りがうせない頃に目が覚めた。
日記 宮本百合子
60分以内
七月二十一日晴木の葉のしげみや花ずいの奥にまだ夜の香りがうせない頃に目が覚めた。
その年
(1948年)
宮本百合子
60分以内
  15,482 文字
雨天体操場の前へ引き出された台の上から痩せぎすな連隊長の訓辞が終り、隊列が解けはじめると、四辺...
その年 宮本百合子
60分以内
雨天体操場の前へ引き出された台の上から痩せぎすな連隊長の訓辞が終り、隊列が解けはじめると、四辺のざわめきと一緒にお茂登もほっと気のゆるんだ面持で、小学生が体操のとき使う低い腰かけから立ち上った。
討論に即しての感想
(1949年)
宮本百合子
60分以内
  15,510 文字
私自身体が悪かったり病人があったりで、大会の準備に出席できませんでした。
討論に即しての感想 宮本百合子
60分以内
私自身体が悪かったり病人があったりで、大会の準備に出席できませんでした。
二十三番地
(1981年)
宮本百合子
60分以内
  15,519 文字
暫く明いて居た裏の家へ到々人が来て仕舞った。
二十三番地 宮本百合子
60分以内
暫く明いて居た裏の家へ到々人が来て仕舞った。
平和運動と文学者
(1949年)
宮本百合子
60分以内
  15,580 文字
私は体を悪くして、去年の夏から、いろいろな講演をお断りしてまいりました。
平和運動と文学者 宮本百合子
60分以内
私は体を悪くして、去年の夏から、いろいろな講演をお断りしてまいりました。
日記 宮本百合子
60分以内
  15,604 文字
一月一日木曜日なかなか寒いと思ったらチラチラ雪がふって来た。
日記 宮本百合子
60分以内
一月一日木曜日なかなか寒いと思ったらチラチラ雪がふって来た。
一連の非プロレタリア的作品
(1933年)
宮本百合子
60分以内
  15,789 文字
十月下旬行われた作家同盟主催の文学講習会のある夜、席上でたまたま「亀のチャーリー」が討論の中心...
一連の非プロレタリア的作品 宮本百合子
60分以内
十月下旬行われた作家同盟主催の文学講習会のある夜、席上でたまたま「亀のチャーリー」が討論の中心となった。
幸福の建設
(1946年)
宮本百合子
60分以内
  15,901 文字
今日のこの場所は割合にせもうございますけれども、この前の第一回の時においで下さいました方は、よ...
幸福の建設 宮本百合子
60分以内
今日のこの場所は割合にせもうございますけれども、この前の第一回の時においで下さいました方は、よくくらべればおわかりになるでしょうが、この場所は何かクラブの集まりの場所には気持がよいと思います。
「インガ」
(1931年)
宮本百合子
60分以内
  15,918 文字
インガ・リーゼルは三十歳である。
「インガ」 宮本百合子
60分以内
インガ・リーゼルは三十歳である。
マクシム・ゴーリキイの人及び芸術
(1933年)
宮本百合子
60分以内
  15,976 文字
現代は、一つの深刻で巨大な時期である。
マクシム・ゴーリキイの人及び芸術 宮本百合子
60分以内
現代は、一つの深刻で巨大な時期である。
獄中への手紙 宮本百合子
60分以内
  16,038 文字
十二月八日〔牛込区富久町一一二市ヶ谷刑務所の宮本顕治宛淀橋区上落合二ノ七四〇より(封書)〕第一信。
獄中への手紙 宮本百合子
60分以内
十二月八日〔牛込区富久町一一二市ヶ谷刑務所の宮本顕治宛淀橋区上落合二ノ七四〇より(封書)〕第一信。
一つの芽生
(1918年)
宮本百合子
60分以内
  16,088 文字
一つの芽生宮本百合子この一篇を我が亡弟に捧ぐもう四五日経つと、父のおともをして私も珍らしく札幌...
一つの芽生 宮本百合子
60分以内
一つの芽生宮本百合子この一篇を我が亡弟に捧ぐもう四五日経つと、父のおともをして私も珍らしく札幌へ行くことになっていたので、九月が末になると、家中の者が寄り集って夕飯後を、賑(にぎ)やかに喋り合うのが毎晩のおきまりになっていた。
黄昏
(1922年)
宮本百合子
60分以内
  16,109 文字
黄昏宮本百合子水口の硝子戸が、がらりと開いた。
黄昏 宮本百合子
60分以内
黄昏宮本百合子水口の硝子戸が、がらりと開いた。
新しい抵抗について
(1949年)
宮本百合子
60分以内
  16,153 文字
今日のファシズムのありかたこの八月十五日には、四回目のポツダム宣言受諾の記念日がめぐってくるわ...
新しい抵抗について 宮本百合子
60分以内
今日のファシズムのありかたこの八月十五日には、四回目のポツダム宣言受諾の記念日がめぐってくるわけです。
婦人の創造力
(1952年)
宮本百合子
60分以内
  16,260 文字
題は「婦人の創造力」という、何となし難かしそうな題目ですけれども、話の内容はそうぎごちないもの...
婦人の創造力 宮本百合子
60分以内
題は「婦人の創造力」という、何となし難かしそうな題目ですけれども、話の内容はそうぎごちないものでなく、昔から女の人で小説を書いた人があります、そういう人の文学が日本の社会の歴史の中でどんな風に扱われて来たか、また婦人はどんな風に小説を書いて来たか、今日私どもはどんな小説を書きたいと思っているか、或は将来女の人がどんな小説を書けるような世の中になって行くだろうかという風なことを、お話してみたいと存じます。
杉垣
(1939年)
宮本百合子
60分以内
  16,510 文字
電気時計が三十分ちかくもおくれていたのを知らなかったものだから、二人が省線の駅で降りた時分は、...
杉垣 宮本百合子
60分以内
電気時計が三十分ちかくもおくれていたのを知らなかったものだから、二人が省線の駅で降りた時分は、とうにバスがなくなっていた。
五ヵ年計画とソヴェト同盟の文化的飛躍
(1931年)
宮本百合子
60分以内
  16,608 文字
一九三〇年の夏のことだ。
五ヵ年計画とソヴェト同盟の文化的飛躍 宮本百合子
60分以内
一九三〇年の夏のことだ。
小祝の一家
(1934年)
宮本百合子
60分以内
  16,843 文字
二月の夜、部屋に火の気というものがない。
小祝の一家 宮本百合子
60分以内
二月の夜、部屋に火の気というものがない。
朝の風
(1940年)
宮本百合子
60分以内
  16,906 文字
そのあたりには、明治時代から赤煉瓦の高塀がとりまわされていて、独特な東京の町の一隅の空気をかた...
朝の風 宮本百合子
60分以内
そのあたりには、明治時代から赤煉瓦の高塀がとりまわされていて、独特な東京の町の一隅の空気をかたちづくっていた。
山本有三氏の境地
(1937年)
宮本百合子
60分以内
  16,947 文字
今日、山本有三氏の読者というものは、随分ひろい社会の各層に存在していることであろうと思う。
山本有三氏の境地 宮本百合子
60分以内
今日、山本有三氏の読者というものは、随分ひろい社会の各層に存在していることであろうと思う。
広場
(1940年)
宮本百合子
60分以内
  17,064 文字
大階段を降り切った右手のちょっと凹んだようなところで預けてあった書附をかえして貰うと、更に六つ...
広場 宮本百合子
60分以内
大階段を降り切った右手のちょっと凹んだようなところで預けてあった書附をかえして貰うと、更に六つ七つの段々からウラル大理石を張った広間へぬけ、大きい重いガラス扉を体で押して外へ出た。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。