🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

10分以内で読める小熊秀雄の短編作品

青空文庫で公開されている小熊秀雄の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編4作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜4件 / 全4件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
雨中記
(1928年)
小熊秀雄
10分以内
  2,252 文字
電車を降りて××橋から、雨の中を私と彼とは銀座の方面に向つて歩るきだした、私と彼とは一本の洋傘...
雨中記 小熊秀雄
電車を降りて××橋から、雨の中を私と彼とは銀座の方面に向つて歩るきだした、私と彼とは一本の洋傘の中にぴつたりと身を寄せて、黒い太い洋傘の柄を二つの掌で握り合つてゐる。
小熊秀雄全集-11 小熊秀雄
10分以内
  2,779 文字
小熊秀雄全集-1詩集(10 )風物詩篇小熊秀雄●目次東京風物伝|旭川風物詩|東京短信東京風物伝...
小熊秀雄全集-11 小熊秀雄
小熊秀雄全集-1詩集(10 )風物詩篇小熊秀雄●目次東京風物伝|旭川風物詩|東京短信東京風物伝東京駅東京駅はウハバミの燃える舌で市民の生活を呑吐する玄関口、朝は遅刻を怖れて階段を一足とび夕は疲れて生気なく沈黙の省電に乗る所詮、悪蛇の毒気に触れて人々の痲痺は不感症なり。
土の中の馬賊の歌
(1925年)
小熊秀雄
10分以内
  3,555 文字
私はこゝにひとつの思想を盛つた食餌を捧げるそれは悪いことかもしらないまた善いことかもしらない、...
土の中の馬賊の歌 小熊秀雄
私はこゝにひとつの思想を盛つた食餌を捧げるそれは悪いことかもしらないまた善いことかもしらない、たゞ私が信じてゐるだけのことである。
塩を撒く
(1927年)
小熊秀雄
10分以内
  3,677 文字
彼は木製玩具の様に、何事も考へずに帰途に着いた。
塩を撒く 小熊秀雄
彼は木製玩具の様に、何事も考へずに帰途に着いた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。