🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める田中貢太郎の短編作品

青空文庫で公開されている田中貢太郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編89作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全89件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
種梨 田中貢太郎
5分以内
  1,448 文字
村に一人の男があって梨を市に売りに往ったが、すこぶる甘いうえに芳もいいので貴い値で売れた。
種梨 田中貢太郎
村に一人の男があって梨を市に売りに往ったが、すこぶる甘いうえに芳もいいので貴い値で売れた。
狐と狸 田中貢太郎
5分以内
  1,147 文字
燕(えん)の恵王の墓の上に、一疋の狐と一疋の狸が棲んでいた。
狐と狸 田中貢太郎
燕(えん)の恵王の墓の上に、一疋の狐と一疋の狸が棲んでいた。
終電車に乗る妖婆 田中貢太郎
5分以内
  454 文字
怪談も生活様式の変化によって変化する。
終電車に乗る妖婆 田中貢太郎
怪談も生活様式の変化によって変化する。
怪談覚帳 田中貢太郎
5分以内
  1,338 文字
四手網俳優の木下がまだ田舎まわりの馬の脚であった時、夜、利根川の土手を歩いていると、むこうの方...
怪談覚帳 田中貢太郎
四手網俳優の木下がまだ田舎まわりの馬の脚であった時、夜、利根川の土手を歩いていると、むこうの方の川縁に時とすると黒い大きな物があがって、それが星あかりに怪しく見える。
怪談会の怪異 田中貢太郎
5分以内
  473 文字
震災の前であった。
怪談会の怪異 田中貢太郎
震災の前であった。
飛行機に乗る怪しい紳士 田中貢太郎
5分以内
  1,623 文字
A操縦士とT機関士はその日も旅客機を操って朝鮮海峡の空を飛んでいた。
飛行機に乗る怪しい紳士 田中貢太郎
A操縦士とT機関士はその日も旅客機を操って朝鮮海峡の空を飛んでいた。
戦死者の凱旋 田中貢太郎
5分以内
  751 文字
この話は長谷川伸君から聞いた話であるが、長谷川君は日露役の際、即ち明治三十七年の暮に、補充兵と...
戦死者の凱旋 田中貢太郎
この話は長谷川伸君から聞いた話であるが、長谷川君は日露役の際、即ち明治三十七年の暮に、補充兵として国府台の野砲連隊へ入営した。
女の出る蚊帳 田中貢太郎
5分以内
  316 文字
明治二年七月八日発行の明治新聞と云うのに、浜田藩の淀藤十郎と云うのが、古著屋からであろう、蚊帳...
女の出る蚊帳 田中貢太郎
明治二年七月八日発行の明治新聞と云うのに、浜田藩の淀藤十郎と云うのが、古著屋からであろう、蚊帳を買って来て、それを釣って寝たところで、その夜の半夜頃、枕頭へ女の姿があらわれた。
商売の繁昌する家 田中貢太郎
5分以内
  443 文字
芝公園大門脇に『わかもと』の本舗がある。
商売の繁昌する家 田中貢太郎
芝公園大門脇に『わかもと』の本舗がある。
天井からぶらさがる足 田中貢太郎
5分以内
  295 文字
小説家の山中峯太郎君が、広島市の幟町にいた比のことであった。
天井からぶらさがる足 田中貢太郎
小説家の山中峯太郎君が、広島市の幟町にいた比のことであった。
白い小犬を抱いた女 田中貢太郎
5分以内
  482 文字
某夜、某運転手が護国寺の墓地を通っていると、白い小犬を抱いた女が来て車を停めた。
白い小犬を抱いた女 田中貢太郎
某夜、某運転手が護国寺の墓地を通っていると、白い小犬を抱いた女が来て車を停めた。
狐狗狸の話 田中貢太郎
5分以内
  809 文字
コクリと云う遊戯は、海外から渡来したものであって、渡来期は正確には判らないが、明治十六年比、米...
狐狗狸の話 田中貢太郎
コクリと云う遊戯は、海外から渡来したものであって、渡来期は正確には判らないが、明治十六年比、米国船が伊豆の下田へ寄港した時、水夫の一人がそれを伝えたと云われている。
娘の生霊 田中貢太郎
5分以内
  643 文字
某相場師の娘が、父親にねだって買ってもらった衣服を、知りあいの裁縫師の処へ縫わしにやった。
娘の生霊 田中貢太郎
某相場師の娘が、父親にねだって買ってもらった衣服を、知りあいの裁縫師の処へ縫わしにやった。
炭取り 田中貢太郎
5分以内
  270 文字
母親を無くした小供が、ある夜、ふと眼を覚ました。
炭取り 田中貢太郎
母親を無くした小供が、ある夜、ふと眼を覚ました。
屋根の上の黒猫 田中貢太郎
5分以内
  671 文字
昭和九年の夏、横井春野君が三田稲門戦の試合を見て帰って来たところで、その時千葉の市川にいた令弟...
屋根の上の黒猫 田中貢太郎
昭和九年の夏、横井春野君が三田稲門戦の試合を見て帰って来たところで、その時千葉の市川にいた令弟の夫人から、「病気危篤、すぐ来い」と云う電報が来た。
妖女の舞踏する踏切 田中貢太郎
5分以内
  342 文字
品川駅の近くに魔の踏切と云われている踏切がある。
妖女の舞踏する踏切 田中貢太郎
品川駅の近くに魔の踏切と云われている踏切がある。
通魔 田中貢太郎
5分以内
  361 文字
旧幕の比であった。
通魔 田中貢太郎
旧幕の比であった。
朝倉一五〇 田中貢太郎
5分以内
  866 文字
洋画家の橋田庫次君の話であるが、橋田君は少年の頃、吾川郡の弘岡村へ使いに往って、日が暮れてから...
朝倉一五〇 田中貢太郎
洋画家の橋田庫次君の話であるが、橋田君は少年の頃、吾川郡の弘岡村へ使いに往って、日が暮れてから帰って来たが、途中に荒倉と云う山坂があって、そこには鬼火が出るとか狸がいるとかと云うので、少年の橋田君は鬼魅がわるかった。
魔の電柱 田中貢太郎
5分以内
  324 文字
昭和十年九月二十八日の夜の八時比、駒込神明町行の市電が、下谷池の端の弁天前を進行中、女の乗客の...
魔の電柱 田中貢太郎
昭和十年九月二十八日の夜の八時比、駒込神明町行の市電が、下谷池の端の弁天前を進行中、女の乗客の一人が、何かに驚いたように不意に悲鳴をあげて、逃げ出そうとでもするようにして上半身を窓の外へ出したところで、そこにあったセンターポールで顔を打って昏倒した。
疫病神 田中貢太郎
5分以内
  566 文字
長谷川時雨女史の実験談であるが、女史が佃島にいた比、令妹の春子さんが腸チブスに罹(かか)って離...
疫病神 田中貢太郎
長谷川時雨女史の実験談であるが、女史が佃島にいた比、令妹の春子さんが腸チブスに罹(かか)って離屋の二階に寝ていたので、その枕頭につきっきりで看護していた。
老犬の怪 田中貢太郎
5分以内
  207 文字
漢の時、東華郡の陳司空が死んで葬っておくと、一年ばかりして不意に家へ帰ってきた。
老犬の怪 田中貢太郎
漢の時、東華郡の陳司空が死んで葬っておくと、一年ばかりして不意に家へ帰ってきた。
男の顔 田中貢太郎
5分以内
  244 文字
季節は何時であったか聞きもらしたが、市ヶ谷八幡の境内で、壮い男と女が話していた。
男の顔 田中貢太郎
季節は何時であったか聞きもらしたが、市ヶ谷八幡の境内で、壮い男と女が話していた。
隧道内の怪火 田中貢太郎
5分以内
  336 文字
兵庫県と岡山県の境になった上郡と三石間の隧道の開鑿工事は、多くの犠牲者を出してようやく竣工した...
隧道内の怪火 田中貢太郎
兵庫県と岡山県の境になった上郡と三石間の隧道の開鑿工事は、多くの犠牲者を出してようやく竣工しただけに、ここを通る汽車は、その車輪の音までが、「骨がたりない、トコトコトン」と聞えると云って、車掌たちから恐れられていた。
葬式の行列 田中貢太郎
5分以内
  374 文字
鶴岡の城下に大場宇兵衛という武士があった。
葬式の行列 田中貢太郎
鶴岡の城下に大場宇兵衛という武士があった。
遁げて往く人魂 田中貢太郎
5分以内
  379 文字
二人の仕事師が某夜夜廻りに往っていると、すぐ眼の前でふうわりと青い火が燃えた。
遁げて往く人魂 田中貢太郎
二人の仕事師が某夜夜廻りに往っていると、すぐ眼の前でふうわりと青い火が燃えた。
机の抽斗 田中貢太郎
5分以内
  435 文字
ハワイのヒロはホノルルに次ぐ都会であるが、そのヒロに某と云う商店があって、賃銀の関係から支那人...
机の抽斗 田中貢太郎
ハワイのヒロはホノルルに次ぐ都会であるが、そのヒロに某と云う商店があって、賃銀の関係から支那人や日本人を事務員に使っていた。
帽子のない水兵 田中貢太郎
5分以内
  452 文字
まだ横須賀行の汽車が電化しない時のことであった。
帽子のない水兵 田中貢太郎
まだ横須賀行の汽車が電化しない時のことであった。
『黒影集』の序詞
(1921年)
田中貢太郎
5分以内
  475 文字
伝奇物語に興味を有する私は、折にふれて支那の随筆小説を読んだ。
『黒影集』の序詞 田中貢太郎
伝奇物語に興味を有する私は、折にふれて支那の随筆小説を読んだ。
沼田の蚊帳 田中貢太郎
5分以内
  496 文字
安政年間の事であった。
沼田の蚊帳 田中貢太郎
安政年間の事であった。
這って来る紐 田中貢太郎
5分以内
  512 文字
某禅寺に壮い美男の僧があって附近の女と関係しているうちに、僧は己の非行を悟るとともに大に後悔し...
這って来る紐 田中貢太郎
某禅寺に壮い美男の僧があって附近の女と関係しているうちに、僧は己の非行を悟るとともに大に後悔して、田舎へ往って修行をすることにした。
鬼火を追う武士 田中貢太郎
5分以内
  517 文字
鶴岡城下の話であるが、某深更に一人の武士が田圃路を通っていると、焔のない火玉がふうわりと眼の前...
鬼火を追う武士 田中貢太郎
鶴岡城下の話であるが、某深更に一人の武士が田圃路を通っていると、焔のない火玉がふうわりと眼の前を通った。
簪につけた短冊 田中貢太郎
5分以内
  518 文字
日本橋区本町三丁目一番地嚢物商鈴木米次郎方の婢(じょちゅう)おきんと云うのが、某夜九時すぎ裏手...
簪につけた短冊 田中貢太郎
日本橋区本町三丁目一番地嚢物商鈴木米次郎方の婢(じょちゅう)おきんと云うのが、某夜九時すぎ裏手にある便所へ入ろうとして扉をあけると、急に全身に水を浴びせられたようにぞっとして、忽(たちま)ち頭の毛がばらばらと顔の上へ落ちて来てまるで散髪頭のようになった。
「日本怪談全集」序 田中貢太郎
5分以内
  550 文字
私が最初に怪談に筆をつけたのは、大正七年であつた。
「日本怪談全集」序 田中貢太郎
私が最初に怪談に筆をつけたのは、大正七年であつた。
位牌と鼠 田中貢太郎
5分以内
  565 文字
大正十二年の震災の時であった。
位牌と鼠 田中貢太郎
大正十二年の震災の時であった。
レンズに現われた女の姿 田中貢太郎
5分以内
  580 文字
保土ヶ谷の某寺の僧侶が写真を撮る必要があって、横浜へ往って写真屋へ入り、レンズの前へ立っている...
レンズに現われた女の姿 田中貢太郎
保土ヶ谷の某寺の僧侶が写真を撮る必要があって、横浜へ往って写真屋へ入り、レンズの前へ立っていると、写真師は機械に故障が出来たからと云って撮影を中止した。
千匹猿の鍔 田中貢太郎
5分以内
  646 文字
大正十二年九月一日、高橋秀臣君は埼玉県下へ遊説に往っていたが、突如として起った大震災の騒ぎに、...
千匹猿の鍔 田中貢太郎
大正十二年九月一日、高橋秀臣君は埼玉県下へ遊説に往っていたが、突如として起った大震災の騒ぎに、翌二日倉皇として神田錦町の自宅へ帰ったが、四辺は一面の焼野原。
幻術 田中貢太郎
5分以内
  663 文字
寛文十年と云えば切支丹で世間が騒いでいる時である。
幻術 田中貢太郎
寛文十年と云えば切支丹で世間が騒いでいる時である。
真紅な帆の帆前船 田中貢太郎
5分以内
  672 文字
遠江の御前崎へ往ったのは大正十四年の二月二日であった。
真紅な帆の帆前船 田中貢太郎
遠江の御前崎へ往ったのは大正十四年の二月二日であった。
再生 田中貢太郎
5分以内
  723 文字
秦の始皇の時、王道平という男があった。
再生 田中貢太郎
秦の始皇の時、王道平という男があった。
棄轎 田中貢太郎
5分以内
  727 文字
上州の田舎の話である。
棄轎 田中貢太郎
上州の田舎の話である。
追っかけて来る飛行機 田中貢太郎
5分以内
  757 文字
昭和六年の夏の夜のことであった。
追っかけて来る飛行機 田中貢太郎
昭和六年の夏の夜のことであった。
赤い牛 田中貢太郎
5分以内
  790 文字
長野県の上田市にある上田城は、名将真田幸村の居城として知られているが、その上田城の濠の水を明治...
赤い牛 田中貢太郎
長野県の上田市にある上田城は、名将真田幸村の居城として知られているが、その上田城の濠の水を明治初年になって、替え乾そうと云う事になった。
天井裏の妖婆 田中貢太郎
5分以内
  790 文字
鏑木清方画伯の夫人が産褥熱で入院した時の話である。
天井裏の妖婆 田中貢太郎
鏑木清方画伯の夫人が産褥熱で入院した時の話である。
人のいない飛行機 田中貢太郎
5分以内
  792 文字
航空兵少佐の某君が遭遇した実話である。
人のいない飛行機 田中貢太郎
航空兵少佐の某君が遭遇した実話である。
首のない騎馬武者 田中貢太郎
5分以内
  815 文字
越前の福井は元北の庄(しょう)と云っていたが、越前宰相結城秀康が封ぜられて福井と改めたもので、...
首のない騎馬武者 田中貢太郎
越前の福井は元北の庄(しょう)と云っていたが、越前宰相結城秀康が封ぜられて福井と改めたもので、其の城址は市の中央になって、其処には松平侯爵邸、県庁、裁判所、県会議事堂などが建っている。
狸と同棲する人妻 田中貢太郎
5分以内
  845 文字
山形県最上郡豊田村に沓澤仁蔵と云う行商人があった。
狸と同棲する人妻 田中貢太郎
山形県最上郡豊田村に沓澤仁蔵と云う行商人があった。
義猴記 田中貢太郎
5分以内
  850 文字
支那の万暦年中、毘陵に猿曳の乞児があって、日々一疋(ぴき)の猴(さる)を伴れて、街坊に往き、そ...
義猴記 田中貢太郎
支那の万暦年中、毘陵に猿曳の乞児があって、日々一疋(ぴき)の猴(さる)を伴れて、街坊に往き、それに技をさして銭を貰っていたが、数年の後にその金が集まって五六両になった。
亀の子を握ったまま 田中貢太郎
5分以内
  857 文字
岩手県の北上川の流域に亀ヶ淵と云う淵があったが、そこには昔から大きな亀が住んでいて、いろいろの...
亀の子を握ったまま 田中貢太郎
岩手県の北上川の流域に亀ヶ淵と云う淵があったが、そこには昔から大きな亀が住んでいて、いろいろの怪異を見せると云うので夜など往くものはなかった。
天長節の式場 田中貢太郎
5分以内
  869 文字
大正十一年十月三十日、横浜市横浜尋常高等石川小学校では、例年の如く天長節の勅語奉読式を挙行した。
天長節の式場 田中貢太郎
大正十一年十月三十日、横浜市横浜尋常高等石川小学校では、例年の如く天長節の勅語奉読式を挙行した。
築地の川獺 田中貢太郎
5分以内
  877 文字
小泉八雲の書いた怪談の中には、赤坂に出る目も鼻もないのっぺらぼうの川獺のことがあるが、築地の周...
築地の川獺 田中貢太郎
小泉八雲の書いた怪談の中には、赤坂に出る目も鼻もないのっぺらぼうの川獺のことがあるが、築地の周囲の運河の水にも数多の川獺がいて、そこにも川獺の怪異が伝わっていた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。