【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

60分以内で読める野村胡堂の中編作品

青空文庫で公開されている野村胡堂の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編384作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全384件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
銭形平次捕物控
(1931年)
野村胡堂
60分以内
  13,958 文字
これは錢形平次の最初の手柄話で、この事件が平次を有名にしたのです。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
これは錢形平次の最初の手柄話で、この事件が平次を有名にしたのです。
奇談クラブ〔戦後版〕
(1947年)
野村胡堂
60分以内
  12,249 文字
プロローグ奇談クラブの席上、その晩の話し手天野久左衛門は、こんな調子で始めました。
奇談クラブ〔戦後版〕 野村胡堂
60分以内
プロローグ奇談クラブの席上、その晩の話し手天野久左衛門は、こんな調子で始めました。
銭形平次捕物控
(1931年)
野村胡堂
60分以内
  15,462 文字
本篇はわれらの愛する「錢形平次」がまだ獨身で活躍してゐる頃の話です。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
本篇はわれらの愛する「錢形平次」がまだ獨身で活躍してゐる頃の話です。
江戸の火術 野村胡堂
60分以内
  20,152 文字
二人の昼鳶「あッ、泥棒ッ」井上半十郎正景は、押っ取刀で飛出しました。
江戸の火術 野村胡堂
60分以内
二人の昼鳶「あッ、泥棒ッ」井上半十郎正景は、押っ取刀で飛出しました。
奇談クラブ〔戦後版〕
(1947年)
野村胡堂
60分以内
  15,222 文字
プロローグ「この物語の不思議さは、常人の想像を絶しますが、決して出たらめな作り話ではありません。
奇談クラブ〔戦後版〕 野村胡堂
60分以内
プロローグ「この物語の不思議さは、常人の想像を絶しますが、決して出たらめな作り話ではありません。
裸身の女仙
(1932年)
野村胡堂
60分以内
  16,208 文字
綱渡りの源吉が不思議な使い「姐御」「シッ、そんな乱暴な口を利いてはいけない」「成程、今じゃ三千...
裸身の女仙 野村胡堂
60分以内
綱渡りの源吉が不思議な使い「姐御」「シッ、そんな乱暴な口を利いてはいけない」「成程、今じゃ三千石取のお旗本のお部屋様だっけ、昔の積りじゃ罰が当らア」芸人風の若い男は、ツイと庭木戸を押し開けて植込の闇の中へ中腰に潜り込みました。
銭形平次捕物控
(1953年)
野村胡堂
60分以内
  16,871 文字
「世の中には變つた野郎があるものですね、親分」ガラツ八の八五郎は、又何やら變つた噂を持つて來た...
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「世の中には變つた野郎があるものですね、親分」ガラツ八の八五郎は、又何やら變つた噂を持つて來た樣子です。
新奇談クラブ
(1931年)
野村胡堂
60分以内
  13,770 文字
巨万の懸賞付で奇談の競技「久し振りで此の会を開きました。
新奇談クラブ 野村胡堂
60分以内
巨万の懸賞付で奇談の競技「久し振りで此の会を開きました。
銭形平次捕物控
(1931年)
野村胡堂
60分以内
  14,233 文字
これは銭形平次の最初の手柄話で、この事件が平次を有名にしたのです。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
これは銭形平次の最初の手柄話で、この事件が平次を有名にしたのです。
銭形平次捕物控
(1932年)
野村胡堂
60分以内
  16,092 文字
本篇もまた、平次の独身もの。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
本篇もまた、平次の独身もの。
奇談クラブ〔戦後版〕
(1947年)
野村胡堂
60分以内
  12,027 文字
プロローグ「皆さんのお話には、譬喩と諷刺が紛々として匂う癖に、どなたも口を揃えて、――私の話に...
奇談クラブ〔戦後版〕 野村胡堂
60分以内
プロローグ「皆さんのお話には、譬喩と諷刺が紛々として匂う癖に、どなたも口を揃えて、――私の話には譬喩も諷刺も無いと仰しゃる――それは一応賢いお言葉のようではありますが、甚だ卑怯なように思われてなりません。
芳年写生帖
(1938年)
野村胡堂
60分以内
  14,397 文字
絵師の誇り霖雨と硝煙のうちに、上野の森は暮急ぐ風情でした。
芳年写生帖 野村胡堂
60分以内
絵師の誇り霖雨と硝煙のうちに、上野の森は暮急ぐ風情でした。
悪魔の顔
(1930年)
野村胡堂
60分以内
  16,403 文字
物騒な話題「そんな気味の悪いお話はお止しなさいませ、それより東京座のレヴィユーが大変面白いそう...
悪魔の顔 野村胡堂
60分以内
物騒な話題「そんな気味の悪いお話はお止しなさいませ、それより東京座のレヴィユーが大変面白いそうじゃ御座いませんか」と話題の転換に骨を折って居るのは、主人石井馨之助氏の夫人濤子、若くて美しくて、客が好きで物惜みをしないというので、苟(いやしく)も此邸に出入する程の人達から、素晴らしい人気のある夫人でした。
悪人の娘 野村胡堂
60分以内
  14,720 文字
「お願いで御座いますが…………」振り返って見ると、同じ欄干にもたれた、乞食体の中年の男、鳴海司...
悪人の娘 野村胡堂
60分以内
「お願いで御座いますが…………」振り返って見ると、同じ欄干にもたれた、乞食体の中年の男、鳴海司郎の顔を下から見上げて、こう丁寧に申します。
奇談クラブ〔戦後版〕
(1947年)
野村胡堂
60分以内
  12,872 文字
プロローグそれは四回目の奇談クラブの席上でした。
奇談クラブ〔戦後版〕 野村胡堂
60分以内
プロローグそれは四回目の奇談クラブの席上でした。
古銭の謎 野村胡堂
60分以内
  14,221 文字
「別ぴんさん勘定だよ、……こんなに多勢居る娘さんが、一人も寄り付かないのは驚いたネ、せめて、勘...
古銭の謎 野村胡堂
60分以内
「別ぴんさん勘定だよ、……こんなに多勢居る娘さんが、一人も寄り付かないのは驚いたネ、せめて、勘定だけは取ってくれよ」とてもいい心持そう。
青い眼鏡
(1929年)
野村胡堂
60分以内
  13,484 文字
「アラ、皆さんお揃い、よかったわねエ」素晴らしい年増、孔雀のように悠揚としてクラブの食堂に現わ...
青い眼鏡 野村胡堂
60分以内
「アラ、皆さんお揃い、よかったわねエ」素晴らしい年増、孔雀のように悠揚としてクラブの食堂に現われました。
奇談クラブ〔戦後版〕
(1947年)
野村胡堂
60分以内
  12,484 文字
プロローグ「痴人夢を説くという言葉がありますが、人生に夢が無かったら、我々の生活は何と果敢なく...
奇談クラブ〔戦後版〕 野村胡堂
60分以内
プロローグ「痴人夢を説くという言葉がありますが、人生に夢が無かったら、我々の生活は何と果敢なく侘しく、荒まじきものでしょう。
銭形平次捕物控
(1932年)
野村胡堂
60分以内
  14,779 文字
芝三島町の學寮の角で、土地の遊び人疾風の綱吉といふのが殺されました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
芝三島町の學寮の角で、土地の遊び人疾風の綱吉といふのが殺されました。
銭形平次捕物控
(1931年)
野村胡堂
60分以内
  13,961 文字
「親分、聞きなすったか」「何だ、騒々しい」銭形平次の家へ飛込んで来た子分のガラッ八は、芥子玉絞...
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「親分、聞きなすったか」「何だ、騒々しい」銭形平次の家へ飛込んで来た子分のガラッ八は、芥子玉絞りの手拭を鷲掴(わしづか)みに月代から鼻の頭へかけて滴る汗を拭いております。
銭形平次捕物控
(1931年)
野村胡堂
60分以内
  13,999 文字
「永い間斯んな稼業をして居るが、變死人を見るのはつく/″\厭だな」捕物の名人錢形の平次は、口癖...
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「永い間斯んな稼業をして居るが、變死人を見るのはつく/″\厭だな」捕物の名人錢形の平次は、口癖のやうにかう言つて居りました。
銭形平次捕物控
(1952年)
野村胡堂
60分以内
  15,939 文字
二月のある日、歩いてゐると斯(か)う、額口の汗ばむやうな晝下がり、巣鴨からの野暮用の歸り、白山...
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
二月のある日、歩いてゐると斯(か)う、額口の汗ばむやうな晝下がり、巣鴨からの野暮用の歸り、白山あたりへ辿りついた頃は、連の八五郎はもう、何んとなく御機嫌が斜めになつて居りました。
新奇談クラブ
(1931年)
野村胡堂
60分以内
  13,832 文字
蔵園宗三郎の話「途方もない話をすると思う人があるかも知れませんが、これは総て私の経験した事実で...
新奇談クラブ 野村胡堂
60分以内
蔵園宗三郎の話「途方もない話をすると思う人があるかも知れませんが、これは総て私の経験した事実で、寸毫のおまけも無い、癪にさわるほど露骨な物語であります」第二話を引き受けた若い富豪蔵園宗三郎は、その秀麗な面を挙げて、少し極り悪そうに斯う話し始めました。
銭形平次捕物控
(1934年)
野村胡堂
60分以内
  14,682 文字
「親分、梅はお嫌ひかな」「へえ?」錢形平次も驚きました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「親分、梅はお嫌ひかな」「へえ?」錢形平次も驚きました。
銭形平次捕物控
(1954年)
野村胡堂
60分以内
  16,251 文字
八五郎は斯う言つた具合に、江戸の町々から、あらゆる噂話を掻き集めるのでした。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
八五郎は斯う言つた具合に、江戸の町々から、あらゆる噂話を掻き集めるのでした。
銭形平次捕物控
(1939年)
野村胡堂
60分以内
  15,602 文字
伽羅大盡磯屋貫兵衞の凉み船は、隅田川を漕(こ)ぎ上つて、白鬚の少し上、川幅の廣いところを選つて...
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
伽羅大盡磯屋貫兵衞の凉み船は、隅田川を漕(こ)ぎ上つて、白鬚の少し上、川幅の廣いところを選つて、中流に碇(いかり)をおろしました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
  14,511 文字
「御免」少し職業的に落着き拂つた聲、錢形平次はそれを聞くと、脱いでゐた肌を入れて、八五郎のガラ...
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「御免」少し職業的に落着き拂つた聲、錢形平次はそれを聞くと、脱いでゐた肌を入れて、八五郎のガラツ八に目くばせしました。
銭形平次捕物控
(1938年)
野村胡堂
60分以内
  16,800 文字
荒物屋のお今――今年十七になる滅法可愛らしいのが、祭り衣裳の晴れやかな姿で、湯島一丁目の路地の...
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
荒物屋のお今――今年十七になる滅法可愛らしいのが、祭り衣裳の晴れやかな姿で、湯島一丁目の路地の奧に殺されて居りました。
銭形平次捕物控
(1934年)
野村胡堂
60分以内
  18,641 文字
錢形平次もこんな突拍子もない事件に出つくはしたことはありません。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
錢形平次もこんな突拍子もない事件に出つくはしたことはありません。
銭形平次捕物控
(1941年)
野村胡堂
60分以内
  13,854 文字
「親分、良い陽氣ぢやありませんか。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「親分、良い陽氣ぢやありませんか。
銭形平次捕物控
(1951年)
野村胡堂
60分以内
  13,707 文字
本郷妻戀町の娘横丁、――この邊に良い娘が多いから土地の若い衆が斯んな名で呼びましたが、何時の間...
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
本郷妻戀町の娘横丁、――この邊に良い娘が多いから土地の若い衆が斯んな名で呼びましたが、何時の間にやら痴漢が横行して、若い娘の御難が多く、娘受難横丁と言ふべきを省略して娘横丁と、其儘の名で呼び慣はしました。
銭形平次捕物控
(1954年)
野村胡堂
60分以内
  15,820 文字
江戸の閑人の好奇心は、途方もないところまで發展しました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
江戸の閑人の好奇心は、途方もないところまで發展しました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
  12,743 文字
ガラツ八の八五郎が、その晩聟入をすることになりました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
ガラツ八の八五郎が、その晩聟入をすることになりました。
銭形平次捕物控
(1932年)
野村胡堂
60分以内
  13,203 文字
「平次、少し骨の折れる仕事だが、引受けてはくれまいか」若い与力の笹野新三郎は、岡っ引風情の銭形...
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「平次、少し骨の折れる仕事だが、引受けてはくれまいか」若い与力の笹野新三郎は、岡っ引風情の銭形平次に、こんな調子で話しかけました。
銭形平次捕物控
(1949年)
野村胡堂
60分以内
  13,562 文字
「親分、良い天氣ですぜ。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「親分、良い天氣ですぜ。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
  13,355 文字
「親分、小柳町の伊丹屋の若旦那が來ましたぜ。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「親分、小柳町の伊丹屋の若旦那が來ましたぜ。
銭形平次捕物控
(1937年)
野村胡堂
60分以内
  17,180 文字
「親分」「何だ、八」「腕が鳴るね」ガラツ八の八五郎は、小鼻をふくらませて、親分の錢形平次を仰ぎ...
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「親分」「何だ、八」「腕が鳴るね」ガラツ八の八五郎は、小鼻をふくらませて、親分の錢形平次を仰ぎました。
奇談クラブ〔戦後版〕
(1948年)
野村胡堂
60分以内
  12,711 文字
プロローグ吉井明子夫人を会長とする奇談クラブの席上で、話の選手に指名された近江愛之助は、斯(こ...
奇談クラブ〔戦後版〕 野村胡堂
60分以内
プロローグ吉井明子夫人を会長とする奇談クラブの席上で、話の選手に指名された近江愛之助は、斯(こ)んな調子で語り始めるのでした。
銭形平次捕物控
(1934年)
野村胡堂
60分以内
  18,568 文字
「親分、手紙が參(めえ)りました」「どれ/\、これは良い手だ。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「親分、手紙が參(めえ)りました」「どれ/\、これは良い手だ。
銭形平次捕物控
(1932年)
野村胡堂
60分以内
  12,806 文字
「親分、あつしは、氣になつてならねえことがあるんだが」「何だい、八、先刻から見て居りや、すつか...
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「親分、あつしは、氣になつてならねえことがあるんだが」「何だい、八、先刻から見て居りや、すつかり考へ込んで火鉢へ雲脂をくべて居るやうだが、俺はその方が餘つ程氣になるぜ」捕物の名人錢形の平次は、その子分で、少々クサビは足りないが、岡ツ引には勿體ないほど人のいゝ八五郎の話を、かうからかひ氣味に聞いてやつて居りました。
銭形平次捕物控
(1934年)
野村胡堂
60分以内
  17,272 文字
江戸開府以来の捕物の名人と言われた銭形平次も、この時ほど腹を立てたことはないと言っております。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
江戸開府以来の捕物の名人と言われた銭形平次も、この時ほど腹を立てたことはないと言っております。
銭形平次捕物控
(1935年)
野村胡堂
60分以内
  15,708 文字
「親分、子さらひが流行るんだつてネ」「聞いたよ、憎いぢやないか」錢形平次は苦い顏をしました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「親分、子さらひが流行るんだつてネ」「聞いたよ、憎いぢやないか」錢形平次は苦い顏をしました。
銭形平次捕物控
(1931年)
野村胡堂
60分以内
  15,426 文字
本篇は、銭形平次がまだ独身で活躍している頃の話です。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
本篇は、銭形平次がまだ独身で活躍している頃の話です。
銭形平次捕物控
(1935年)
野村胡堂
60分以内
  19,044 文字
「親分、――ちよいと、八五郎親分」ガラツ八は脊筋を擽(くす)ぐられるやうな心持で振り返りました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「親分、――ちよいと、八五郎親分」ガラツ八は脊筋を擽(くす)ぐられるやうな心持で振り返りました。
銭形平次捕物控
(1941年)
野村胡堂
60分以内
  14,784 文字
「親分ちよいと――」ガラツ八の八五郎は、膝つ小僧で歩くやうに、平次のとぐろを卷いてゐる六疊へ入...
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「親分ちよいと――」ガラツ八の八五郎は、膝つ小僧で歩くやうに、平次のとぐろを卷いてゐる六疊へ入つて來ました。
銭形平次捕物控
(1948年)
野村胡堂
60分以内
  22,368 文字
「親分、聽いたでせう?」ガラツ八の八五郎は、鐵砲玉のやうに飛び込んで來ると、格子戸と鉢合せをし...
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「親分、聽いたでせう?」ガラツ八の八五郎は、鐵砲玉のやうに飛び込んで來ると、格子戸と鉢合せをして、二つ三つキリキリ舞ひをして、バアと狹い土間へ長んがい顎を突き出すのです。
銭形平次捕物控
(1953年)
野村胡堂
60分以内
  17,430 文字
「親分、ちよいと江戸をあけますがね」八五郎はいきなりこんなことを言つて來たのです。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「親分、ちよいと江戸をあけますがね」八五郎はいきなりこんなことを言つて來たのです。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
60分以内
  15,256 文字
「八、どこの帰りだ。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「八、どこの帰りだ。
銭形平次捕物控
(1940年)
野村胡堂
60分以内
  16,107 文字
「親分、お願ひだ。
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
「親分、お願ひだ。
銭形平次捕物控
(1946年)
野村胡堂
60分以内
  22,902 文字
江戸開府以來の捕物の名人と言はれた錢形の平次が、幽靈から手紙を貰つたといふ不思議な事件は、子分...
銭形平次捕物控 野村胡堂
60分以内
江戸開府以來の捕物の名人と言はれた錢形の平次が、幽靈から手紙を貰つたといふ不思議な事件は、子分のガラツ八こと、八五郎の思ひも寄らぬ縮尻から始まりました。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。