🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

10分以内で読める折口信夫の短編作品

青空文庫で公開されている折口信夫の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編33作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜33件 / 全33件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
橘曙覧
(1943年)
折口信夫
10分以内
  2,627 文字
曙覧は文化九年、福井市内屈指の紙商、井手正玄の長男として生れたが、父祖の余沢に浴することをせず...
橘曙覧 折口信夫
曙覧は文化九年、福井市内屈指の紙商、井手正玄の長男として生れたが、父祖の余沢に浴することをせず、豊かな家産と名跡、家業を悉く異母弟に譲つて、郷里を離れた山里や町はづれに、さゝやかな藁家を構へ、学究歌道に専念した。
菊五郎の科学性
(1949年)
折口信夫
10分以内
  3,696 文字
ことしの盂蘭盆には、思ひがけなく、ぎり/\と言ふところで、菊五郎が新仏となつた。
菊五郎の科学性 折口信夫
ことしの盂蘭盆には、思ひがけなく、ぎり/\と言ふところで、菊五郎が新仏となつた。
古語復活論
(1917年)
折口信夫
10分以内
  2,887 文字
記紀の死語・万葉の古語を復活させて、其に新なる生命を託しようとする、我々の努力を目して、骨董趣...
古語復活論 折口信夫
記紀の死語・万葉の古語を復活させて、其に新なる生命を託しようとする、我々の努力を目して、骨董趣味・憬古癖とよりほかに考へることの出来ない人が、まだ/\随分とあるやうである。
文芸の力 時代の力
(1944年)
折口信夫
10分以内
  2,280 文字
あゝ言ふ時代別けは、実はおもしろく思はぬのだが、一往は、世間に従うておいてよい。
文芸の力 時代の力 折口信夫
あゝ言ふ時代別けは、実はおもしろく思はぬのだが、一往は、世間に従うておいてよい。
民族の感歎
(1952年)
折口信夫
10分以内
  2,020 文字
斎藤さんの文学や、学問に理会のおそかったことが、私一代の後悔でもあり、遺憾でもある。
民族の感歎 折口信夫
斎藤さんの文学や、学問に理会のおそかったことが、私一代の後悔でもあり、遺憾でもある。
お伽草子の一考察 折口信夫
10分以内
  2,190 文字
室町時代の末に出来たと思はれる職人歌合せの中、勧進聖訓職人歌合せといふのがあつて「絵解き」の姿...
お伽草子の一考察 折口信夫
室町時代の末に出来たと思はれる職人歌合せの中、勧進聖訓職人歌合せといふのがあつて「絵解き」の姿が画かれてゐる。
漂著石神論計画
(1929年)
折口信夫
10分以内
  2,273 文字
柳田先生の民俗学的研究上、一大体系をなす石信仰。
漂著石神論計画 折口信夫
柳田先生の民俗学的研究上、一大体系をなす石信仰。
筬の音 折口信夫
10分以内
  2,372 文字
わが車は、とある村に入りぬ。
筬の音 折口信夫
わが車は、とある村に入りぬ。
鸚鵡小町
(1918年)
折口信夫
10分以内
  2,456 文字
謡曲小町物の一で、卒都婆小町などゝ共に、小町の末路を伝へたものである。
鸚鵡小町 折口信夫
謡曲小町物の一で、卒都婆小町などゝ共に、小町の末路を伝へたものである。
日本品詞論 折口信夫
10分以内
  2,502 文字
(一)語根日本品詞組織の考察は動詞の解体からのを便利とする。
日本品詞論 折口信夫
(一)語根日本品詞組織の考察は動詞の解体からのを便利とする。
人間悪の創造
(1952年)
折口信夫
10分以内
  2,503 文字
若い頃、よく衆生の恩など言ふ語を教はつたものだが、その用語例に包含させては、ちよつと冷淡過ぎる...
人間悪の創造 折口信夫
若い頃、よく衆生の恩など言ふ語を教はつたものだが、その用語例に包含させては、ちよつと冷淡過ぎる氣もする。
「なよたけ」の解釈
(1951年)
折口信夫
10分以内
  2,848 文字
その頃、目に故障を持つてゐた戸板君が、戦争に出ることになつた。
「なよたけ」の解釈 折口信夫
その頃、目に故障を持つてゐた戸板君が、戦争に出ることになつた。
短歌の口語的発想
(1917年)
折口信夫
10分以内
  2,884 文字
短歌に口語をとり入れることは、随分久しい問題である。
短歌の口語的発想 折口信夫
短歌に口語をとり入れることは、随分久しい問題である。
組踊りの話
(1936年)
折口信夫
10分以内
  2,891 文字
組踊りは、また冠船踊りとも言うた。
組踊りの話 折口信夫
組踊りは、また冠船踊りとも言うた。
民俗芸能の春
(1947年)
折口信夫
10分以内
  2,916 文字
日本青年館の長い履歴の間に、人は、その多くのよい成績をあげるであらう。
民俗芸能の春 折口信夫
日本青年館の長い履歴の間に、人は、その多くのよい成績をあげるであらう。
高御座
(1928年)
折口信夫
10分以内
  3,169 文字
〔一〕明神御宇日本天皇詔書……云々咸聞。
高御座 折口信夫
〔一〕明神御宇日本天皇詔書……云々咸聞。
自然女人とかぶき女
(1951年)
折口信夫
10分以内
  3,170 文字
いよ/\芝翫が歌右衛門を襲ぐさうである。
自然女人とかぶき女 折口信夫
いよ/\芝翫が歌右衛門を襲ぐさうである。
文学を愛づる心
(1946年)
折口信夫
10分以内
  3,258 文字
文學を愛でゝめで痴れて、やがて一生を終へようとして居る一人の、追憶談に過ぎぬかも知れない。
文学を愛づる心 折口信夫
文學を愛でゝめで痴れて、やがて一生を終へようとして居る一人の、追憶談に過ぎぬかも知れない。
鏡花との一夕 折口信夫
10分以内
  3,380 文字
他人にはないことか知らん。
鏡花との一夕 折口信夫
他人にはないことか知らん。
好悪の論
(1927年)
折口信夫
10分以内
  3,398 文字
鴎外と逍遙と、どちらが嗜きで、どちらが嫌ひだ。
好悪の論 折口信夫
鴎外と逍遙と、どちらが嗜きで、どちらが嫌ひだ。
語部と叙事詩と 折口信夫
10分以内
  3,407 文字
私は、語部の職掌及び、其伝承した叙事詩の存在した事を、十数年以来主張して来た。
語部と叙事詩と 折口信夫
私は、語部の職掌及び、其伝承した叙事詩の存在した事を、十数年以来主張して来た。
春永話 折口信夫
10分以内
  3,432 文字
むら/\と見えてたなびく顔見世の幟のほどを過ぎて来にけり昭和十年三月、私の作る所である。
春永話 折口信夫
むら/\と見えてたなびく顔見世の幟のほどを過ぎて来にけり昭和十年三月、私の作る所である。
鷹狩りと操り芝居と
(1932年)
折口信夫
10分以内
  3,610 文字
今度計画せられた此書物は、類変りの随筆集といふだけに、識り合ひの方がたが、どんな計画で、思ひも...
鷹狩りと操り芝居と 折口信夫
今度計画せられた此書物は、類変りの随筆集といふだけに、識り合ひの方がたが、どんな計画で、思ひもかけぬ事を書かうとして居られるかといふ事が、かうして居る今でもまざ/\と胸に泛んで来る。
詩と散文との間を行く発想法
(1930年)
折口信夫
10分以内
  3,640 文字
かう言ふ憎々しい物言ひをして、大變な勞作を積んで入らつしやる作家諸氏に失禮に當つたら、御免下さい。
詩と散文との間を行く発想法 折口信夫
かう言ふ憎々しい物言ひをして、大變な勞作を積んで入らつしやる作家諸氏に失禮に當つたら、御免下さい。
信州新野の雪祭り
(1930年)
折口信夫
10分以内
  3,767 文字
前代文明の残溜地東海道の奥から、信州伊那谷へ通じてゐる道が、大体三通りあります。
信州新野の雪祭り 折口信夫
前代文明の残溜地東海道の奥から、信州伊那谷へ通じてゐる道が、大体三通りあります。
鶴が音
(1935年)
折口信夫
10分以内
  3,775 文字
いかに、奏聞まをすべき事の候。
鶴が音 折口信夫
いかに、奏聞まをすべき事の候。
山の音を聴きながら 折口信夫
10分以内
  3,775 文字
ようべは初めて、澄んだ空を見た。
山の音を聴きながら 折口信夫
ようべは初めて、澄んだ空を見た。
沖縄を憶ふ
(1946年)
折口信夫
10分以内
  3,882 文字
秋の日は、沖縄島を憶ふ。
沖縄を憶ふ 折口信夫
秋の日は、沖縄島を憶ふ。
雛祭りの話
(1922年)
折口信夫
10分以内
  3,944 文字
淡島様黙阿弥の脚本の「松竹梅湯島掛額」は八百屋お七をしくんだものであるが、其お七の言葉に、内裏...
雛祭りの話 折口信夫
淡島様黙阿弥の脚本の「松竹梅湯島掛額」は八百屋お七をしくんだものであるが、其お七の言葉に、内裏びなを羨んで、男を住吉様女を淡島様といふ条りが出てくる。
稲むらの蔭にて
(1916年)
折口信夫
10分以内
  3,955 文字
河内瓢箪山へ辻占問ひに往く人は、堤の下や稲むらの蔭に潜んで、道行く人の言ひ棄てる言草に籠る、百...
稲むらの蔭にて 折口信夫
河内瓢箪山へ辻占問ひに往く人は、堤の下や稲むらの蔭に潜んで、道行く人の言ひ棄てる言草に籠る、百千の言霊を読まうとする。
水中の友
(1950年)
折口信夫
10分以内
  3,965 文字
いつまでもものを言はなくなつた友人――。
水中の友 折口信夫
いつまでもものを言はなくなつた友人――。
だいがくの研究
(1918年)
折口信夫
10分以内
  3,972 文字
夏祭浪花鑑の長町裏の場で、院本には「折から聞える太鼓鉦」とあるばかりなのを、芝居では、酸鼻な舅...
だいがくの研究 折口信夫
夏祭浪花鑑の長町裏の場で、院本には「折から聞える太鼓鉦」とあるばかりなのを、芝居では、酸鼻な舅殺しの最中に、背景の町屋の屋根の上を、幾つかの祭礼の立て物の末が列つて通る。
桃の伝説
(1923年)
折口信夫
10分以内
  3,988 文字
「桃・栗三年、柿八年、柚は九年の花盛り」といふ諺唄がある。
桃の伝説 折口信夫
「桃・栗三年、柿八年、柚は九年の花盛り」といふ諺唄がある。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。