60分以内で読める青空文庫の中編作品(45ページ目)

青空文庫で公開されているすべての著者の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編2,221作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


2201〜2221件 / 全2,221件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間
人気
右門捕物帖 佐々木 味津三
60分以内
  23,729 文字
――ひきつづき第十七番てがらに移ります。
右門捕物帖 佐々木 味津三
60分以内
イオーヌィチ チェーホフ アントン
60分以内
  23,732 文字
県庁のあるS市へやって来た人が、どうも退屈だとか単調だ...
イオーヌィチ チェーホフ アントン
60分以内
蜘蛛の夢 岡本 綺堂
60分以内
  23,745 文字
S未亡人は語る。
蜘蛛の夢 岡本 綺堂
60分以内
甲乙 泉 鏡花
60分以内
  23,755 文字
先刻は、小さな女中の案内で、雨の晴間を宿の畑へ、家内と...
甲乙 泉 鏡花
60分以内
幻影の盾 夏目 漱石
60分以内
  23,769 文字
一心不乱と云う事を、目に見えぬ怪力をかり、縹緲たる背景...
幻影の盾 夏目 漱石
60分以内
右門捕物帖 佐々木 味津三
60分以内
  23,772 文字
今回はその第六番てがらです。
右門捕物帖 佐々木 味津三
60分以内
明治開化 安吾捕物 坂口 安吾
60分以内
  23,777 文字
「ねえ、旦那。
明治開化 安吾捕物 坂口 安吾
60分以内
右門捕物帖 佐々木 味津三
60分以内
  23,820 文字
その第二十九番てがらです……。
右門捕物帖 佐々木 味津三
60分以内
新古細句銀座通 岸田 劉生
60分以内
  23,865 文字
おもいで私は明治二十四年に銀座の二丁目十一番地、丁度今...
新古細句銀座通 岸田 劉生
60分以内
兵隊の宿 上司 小剣
60分以内
  23,877 文字
坂の上の、大きな松の樹のある村總代の家で、あるきを呼ぶ...
兵隊の宿 上司 小剣
60分以内
鸚鵡 神西 清
60分以内
  23,882 文字
その鸚鵡――百済わたりのその白鸚鵡を、大海人ノ皇子へ自...
鸚鵡 神西 清
60分以内
温室の前 岸田 国士
60分以内
  23,896 文字
大里貢同牧子高尾より江西原敏夫東京近郊である。
温室の前 岸田 国士
60分以内
椎茸と雄弁 岸田 国士
60分以内
  23,897 文字
舞台は全体を通じ黒無地の幕を背景とし、人物の動きを規定...
椎茸と雄弁 岸田 国士
60分以内
念珠集 斎藤 茂吉
60分以内
  23,917 文字
八十吉僕は維也納の教室を引上げ、笈を負うて二たび目差す...
念珠集 斎藤 茂吉
60分以内
日本名婦伝 吉川 英治
60分以内
  23,928 文字
白い旋風を巻いて「戦」が翔けてくる。
日本名婦伝 吉川 英治
60分以内
帰つてから 与謝野 晶子
60分以内
  23,929 文字
浜松とか静岡とか、此方へ来ては山北とか、国府津とか、停...
帰つてから 与謝野 晶子
60分以内
オモチャ箱 坂口 安吾
60分以内
  23,930 文字
およそ芸ごとには、その芸に生きる以外に手のない人間とい...
オモチャ箱 坂口 安吾
60分以内
半七捕物帳 岡本 綺堂
60分以内
  23,944 文字
四月の日曜と祭日、二日つづきの休暇を利用して、わたしは...
半七捕物帳 岡本 綺堂
60分以内
オモチャ箱 坂口 安吾
60分以内
  23,946 文字
およそ芸ごとには、その芸に生きる以外に手のない人間とい...
オモチャ箱 坂口 安吾
60分以内
一九三二年の春 宮本 百合子
60分以内
  23,968 文字
三月二十九日の朝、私は塩尻駅前の古風な宿屋で目をさました。
一九三二年の春 宮本 百合子
60分以内
哲学の現代的意義 戸坂 潤
60分以内
  23,982 文字
思想の科学文学に於ける思想性云々ということがよく云われ...
哲学の現代的意義 戸坂 潤
60分以内