【お知らせ】「ゾラサーチ」は、2020年4月1日より「ブンゴウサーチ」に名称変更いたしました!

30分以内で読める青空文庫の短編作品(88ページ目)

青空文庫で公開されているすべての著者の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編4,373作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


4351〜4373件 / 全4,373件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
歴史の矛盾性
(1929年)
津田左右吉
30分以内
  11,886 文字
歴史の領域は過去にある。
歴史の矛盾性 津田左右吉
30分以内
歴史の領域は過去にある。
病む子の祭 新美南吉
30分以内
  11,887 文字
母長男長女次男三男(病気の子)岡のふもとの竹やぶにかこまれた小さい家。
病む子の祭 新美南吉
30分以内
母長男長女次男三男(病気の子)岡のふもとの竹やぶにかこまれた小さい家。
雑筆 芥川竜之介
30分以内
  11,888 文字
竹田竹田は善き人なり。
雑筆 芥川竜之介
30分以内
竹田竹田は善き人なり。
遺恨
(1948年)
坂口安吾
30分以内
  11,888 文字
梅木先生は六十円のオツリをつかんで中華料理店をとび出した。
遺恨 坂口安吾
30分以内
梅木先生は六十円のオツリをつかんで中華料理店をとび出した。
蓮の花開く音を聴く事
(1935年)
南方熊楠
30分以内
  11,895 文字
昭和九年六月の本誌(ドルメン)三〇頁に「又四五十年前三好太郎氏話に、夏の早朝、大阪の城※[#「...
蓮の花開く音を聴く事 南方熊楠
30分以内
昭和九年六月の本誌(ドルメン)三〇頁に「又四五十年前三好太郎氏話に、夏の早朝、大阪の城※[#「土へん+皇」、U+582D、1-4]え、屡ば相場師が來て、水に臨んで喫烟し乍ら蓮の花の開くをまち、其音を聽て立去たと、其を聽て何にするかを聞なんだ、子細のある事か、識者の高教をまつ」と書置たが、一向高教は出なんだ。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
30分以内
  11,903 文字
「八、久しく顔を見せなかったな」銭形の平次は縁側一パイの三文盆栽を片付けて、子分の八五郎のため...
銭形平次捕物控 野村胡堂
30分以内
「八、久しく顔を見せなかったな」銭形の平次は縁側一パイの三文盆栽を片付けて、子分の八五郎のために座を作ってやりながら、煙草盆を引寄せて、甲斐性のない粉煙草をせせるのでした。
木枯の酒倉から
(1931年)
坂口安吾
30分以内
  11,906 文字
発端木枯の荒れ狂ふ一日、僕は今度武蔵野に居を卜さうと、ただ一人村から村を歩いてゐたのです。
木枯の酒倉から 坂口安吾
30分以内
発端木枯の荒れ狂ふ一日、僕は今度武蔵野に居を卜さうと、ただ一人村から村を歩いてゐたのです。
ルウベンスの偽画
(1927年)
堀辰雄
30分以内
  11,913 文字
それは漆黒の自動車であつた。
ルウベンスの偽画 堀辰雄
30分以内
それは漆黒の自動車であつた。
安吾巷談
(1950年)
坂口安吾
30分以内
  11,929 文字
先月某新聞に競輪のことを書いたが、そのときはまだ競輪を見たことがなかった。
安吾巷談 坂口安吾
30分以内
先月某新聞に競輪のことを書いたが、そのときはまだ競輪を見たことがなかった。
船路
(1922年)
田山花袋
30分以内
  11,930 文字
大華表の下には既に舟の支度で出来て、真中の四布蒲団の上に、芝居で使ふやうな小さな角な火鉢が置か...
船路 田山花袋
30分以内
大華表の下には既に舟の支度で出来て、真中の四布蒲団の上に、芝居で使ふやうな小さな角な火鉢が置かれてあるのをかれは目にした。
土地
(1924年)
豊島与志雄
30分以内
  11,930 文字
鬱陶しい梅雨の季節が過ぎ去ると、焼くがような太陽の光が、じりじりと野や山に照りつけ初めた。
土地 豊島与志雄
30分以内
鬱陶しい梅雨の季節が過ぎ去ると、焼くがような太陽の光が、じりじりと野や山に照りつけ初めた。
夜の奇蹟
(1931年)
牧野信一
30分以内
  11,932 文字
海辺の連中は雨が降ると皆な池部の家に集まるのが慣ひだつた。
夜の奇蹟 牧野信一
30分以内
海辺の連中は雨が降ると皆な池部の家に集まるのが慣ひだつた。
一つの出来事
(1919年)
宮本百合子
30分以内
  11,932 文字
一つの出来事宮本百合子二階の夫婦が、貸間ありという札を出した。
一つの出来事 宮本百合子
30分以内
一つの出来事宮本百合子二階の夫婦が、貸間ありという札を出した。
鏡心灯語 抄 与謝野晶子
30分以内
  11,945 文字
*私は平生他人の議論を読むことの好きな代りに自ら議論することを好まない。
鏡心灯語 抄 与謝野晶子
30分以内
*私は平生他人の議論を読むことの好きな代りに自ら議論することを好まない。
ノンシャラン道中記
(1934年)
久生十蘭
30分以内
  11,947 文字
一、虎は人を恐れ人は虎を恐る。
ノンシャラン道中記 久生十蘭
30分以内
一、虎は人を恐れ人は虎を恐る。
一太と母
(1927年)
宮本百合子
30分以内
  11,947 文字
一太は納豆を売って歩いた。
一太と母 宮本百合子
30分以内
一太は納豆を売って歩いた。
予審調書
(1926年)
平林初之輔
30分以内
  11,951 文字
「あなたの御心配もよくお察ししますが、わたしの立場も少しは考えて頂かないと困ります。
予審調書 平林初之輔
30分以内
「あなたの御心配もよくお察ししますが、わたしの立場も少しは考えて頂かないと困ります。
郷介法師
(1925年)
国枝史郎
30分以内
  11,964 文字
初夏の夜は静かに明け放れた。
郷介法師 国枝史郎
30分以内
初夏の夜は静かに明け放れた。
濡れた葦 林芙美子
30分以内
  11,965 文字
女中にきいてみると、こゝでは朝御飯しか出せないと云ふことで、ふじ子はがつかりしてしまつた。
濡れた葦 林芙美子
30分以内
女中にきいてみると、こゝでは朝御飯しか出せないと云ふことで、ふじ子はがつかりしてしまつた。
乳色の靄
(1926年)
葉山嘉樹
30分以内
  11,965 文字
四十年来の暑さだ、と、中央気象台では発表した。
乳色の靄 葉山嘉樹
30分以内
四十年来の暑さだ、と、中央気象台では発表した。
鉄面皮 太宰治
30分以内
  11,996 文字
安心し給え、君の事を書くのではない。
鉄面皮 太宰治
30分以内
安心し給え、君の事を書くのではない。
画舫
(1941年)
豊島与志雄
30分以内
  11,996 文字
杭州西湖のなかほどに、一隻の画舫が浮んでいました。
画舫 豊島与志雄
30分以内
杭州西湖のなかほどに、一隻の画舫が浮んでいました。
奇談クラブ〔戦後版〕
(1947年)
野村胡堂
30分以内
  11,998 文字
プロローグ「これは低俗な義理人情や、歪められた忠義を鼓吹した時代には発表の出来なかった話で、長...
奇談クラブ〔戦後版〕 野村胡堂
30分以内
プロローグ「これは低俗な義理人情や、歪められた忠義を鼓吹した時代には発表の出来なかった話で、長い間私の材料袋に秘められて居りましたが、今となっては最早憚(はばか)り恐るる節もなく、この物語を発表したからと言って、私を不忠者不義者扱いにする、頭の固い便乗者も無くなってしまったことでしょう。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。